酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「おれたちを跨ぐな! わしらは怪しい雑魚釣り隊」椎名誠

 週刊ポストに月一連載中の「怪しい雑魚釣り隊シリーズ」6作目(2015・3月~16・12月掲載分)。
 椎名隊長を中心とした怪しいメンバーたちが各地で魚を釣りながらバカキャンプを繰り広げるという紀行モノ。
 2005年に雑魚釣り隊が結成されたときはメンバーは10名だったそうですが、10年経った今は30名超。
 元は沖釣り専門誌「つり丸」に掲載されており、その頃は関東近県の名もない海岸に行ってテントを設営し、流木を探してきて焚き火を作り、そこらにいっぱいある漁港の堤防から小魚を釣って雑魚鍋を作り、それを肴に酒を飲んで喜んでいるというものだったそうですが、連載まるごと週刊ポストの移籍した今は、北海道から沖縄までの日本中に舞台は広がり、時には海外へも遠征するようになっているそうです。本書には、三浦半島や房総半島など関東をベースに、富山湾、鳥取米子、長崎平戸、伊豆諸島青ヶ島、そして台湾の緑島などが彼らの怪しい活躍の場として載っています。

 私、椎名誠の影響で「酒さえ飲んでいれば人生はなんとかなる」と騙されたクチなんですが、このシリーズは知りません。
 というか、最近はすっかり目にしなくなりましたから。
 本書にも載せられてましたが、「哀愁の街に霧が降るのだ」の頃がやはり全盛期だったですかねえ。
 怪しい探検隊シリーズも好きでした。あのときの料理人はリンさんだったかなあ。
 なんせ、椎名隊長も70代半ばですから、もうほんとに、びっくりですよ。孫さんが中学に入るというのだから。
 所々写真もあって、まあ、ガタイもいいし見た目は若いんですが、自分のことを「まったく困ったじいさん」と書いてあるのを見ると、しみじみと時の経ったことを感じましたねえ。
 同級生の木村弁護士だって、頭真っ白でしたな。
 あの人はどうなったんだろ、ワニ目の、沢なんとかいうもうひとりの同級生は。
 ひょっとしたら、もういないかもしれないねえ。
 さっきは騙されたクチなんて書いてしまいましたが、とんでもなく感謝しています。
 本当に面白かったですから。

 で、久しぶりのバカ紀行はどうかというと、正直、あんまり。
 なんつかこう、内容が薄いように感じました。
 まあ、枚数制限のこともあるのかもしれないけど、連載ものだから。
 メンバーの人数も多すぎるので、ひとりひとりの特徴が飲み込めませんでしたから、これが薄さの原因でもあるでしょう。
 無目的バカキャンプといいながら、それほどバカ騒ぎでもありませんし。
 そりゃ似たようなことを何年もやっていれば、飽きるわなあ。
 でも、長年の経験からかテントの張り方の工夫は見るべきものがありました。
 ひょっとしたら、災害時に何かの役に立つかもしれません、ゲル式多人数簡易テントね。
 園芸用のプラスチック棒と、ブルーシート、強粘着性のダクトテープが必要。

 あと、遊び先で一番印象に残ったのが、伊豆諸島の絶海の孤島・青ヶ島。
 いったん上陸しても、波の都合で迎えの船が何週間も来ないこともあるらしいです。
 島の方いわく、帰りの船に乗り込めたときに初めてああよかった言えるんだとか。
 火山島(江戸時代に大噴火)で、島全体がフライパンみたいな形をしており、海に囲まれているのに海が見えない。
 人口が170人。おそらく日本最強の秘境かもしれません。
 雑魚釣り隊ももれなく閉じ込めれてしまったわけです。
 あとは・・・砂浜に打ち上げられる富山のホタルイカが初見聞でした。
 機会こそあれば、私も陸でイカを拾ってみたいです。
 椎名さん、どうかお元気で。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment