酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「生と死のミニャ・コンガ」阿部幹雄

 「なぜ、阿部さんだけが死ななかったのですか」
 ある遺族が質問した。
 質問をされるまで、「なぜ死ななかったのか」などと考えたこともなかったぼくは、質問に答えることができなかった。
 なぜ死ななかったのだろう。
 なぜ、ぼく一人生き残ったのだろう。
 それが、ぼくの運命というものなのか。答えを見いだすことができないぼくは、「運命だと思います」とだけ、答えるのが精一杯だった。


 8人が滑落死亡した北海道山岳連盟ミニャコンガ登山隊の生還者による衝撃の手記。
 ただただ、恐ろしかった。
 著者の目の前を、仲間がザイルで繋がれたまま2千数百メートルも落ちていったのです。
 恐怖に驚愕した彼らの顔、恐怖の目、見たことのない形相。しかも誰も声を上げないまま・・・
 
 ミニャコンガは中国四川省の成都から西へ約400キロ、チベット高原の東端に位置する大雪山脈の主峰。
 標高は7556メートルで、ヒマラヤのジャイアンツたちと比べると低いですが、魔の山として知られています。
 初登頂は1932年のアメリカ隊、第2登は1959年に中国隊(3名死亡)がいずれも北西稜から成功しています。
 しかしその後中国の政治情勢により閉ざされており、ようやく1980年代になって“開放”されました。
 そのタイミングで真っ先に手を上げたのが、日本の北海道山岳連盟の登山隊(23名)でした。
 日中友好のタイミングと政治力もあって、外国勢で初めて彼らに入域登山の許可が下りたのです。
 しかも、目指すのは未だ未踏の北東稜です。応募した隊員たちの胸は湧いたことでしょう。
 後にフォーカスの探検記で名を上げる著者ですが、このときは北海道大学を卒業したばかりで山岳写真家を目指す駆け出しの27歳の貧乏青年でした。著者は1981年の本隊の前に、1980年の偵察隊にも加わっています。
 日本登山史上最悪ともいえる滑落事故が起きたのは、1981年5月10日の頂上アタック当日でした。
 山頂を目指したのは第1次登頂隊の12名。出発時は快晴でしたが後に天気は急変。
 頂上までわずか100メートル少しというところで、先頭を行っていたひとりがいきなり滑落しました。
 山頂に迫っていたグループは登頂を諦め、滑落した隊員を捜索しますが見つかりません。
 仕方なく下山を開始しましたが、誰かが滑って落ちたのに巻き込まれて、ザイルで繋がっていた7人がもろとも滑落していきました。この事故は、体調が悪くて皆に遅れてようやく登っていた著者の目の前で起こりました。確保していた隊員は皆が落ちてザイルが伸び切ったときに吹っ飛んでいきました。その瞬間、彼と目が合ったそうです。
 助かったのは、幸か不幸か体調が悪くて遅れていた著者を含む3人と、それに付き添っていた副隊長の4人。
 しかし、天候が急変したのと積雪で帰りのルートを見失ったために、4人の下山もまさに危機一髪の決死行となり、実際に著者はクレパスに落ちて九分九厘死にかけています。
 ようやく第2次登頂隊のメンバーに救出されたときには、凍傷で足の指が真っ黒になっていたそうです。

 事故の原因はなんだったのか。
 事故報告書では、無理な全員登頂計画を立てた川越昭夫隊長の責任を厳しく問うていたそうですが・・・
 実質的な計画立案者だった氏家英紀副隊長が肺炎のために参加できなくなったときから、何かが芽生えていたのでしょう。
 隊員のなかでただひとり8千メートル級の登山経験者である森美枝子は第2次登頂隊でしたが、現地で登山を拒絶したそうです。第六感みたいなものでものすごい不安感を覚えたからだそうです。
 隊員たちの高所登山への知識不足、登山計画の緻密さの欠如。そして、何よりも失点だったのはミニャコンガを甘く見ていたことです。あの山なら全員でいける、やさしいとみんなが油断していました。だからバラバラに近い形で登り、ザイルの準備も1本しかありませんでした。ことごとく誤った判断を登山隊は下していました。その結果の事故なのです。
 ミニャコンガが魔の山と呼ばれる由縁です。やさしいと思わせておいて、最後の最後で牙をむくのです。
 なんせ、日本人だけで10名を超える方が亡くなっているのですからね・・・

 本書はこの後、著者の知人も亡くなった1994年の日本ヒマラヤ協会ミニャコンガ登山隊の不審な行動、そして彼らが発見した北海道山岳連盟の隊員の遺体の捜索の模様が語られています。
 遺体捜索隊は、著者も副隊長となって参加しました。1995年のことです。
 すでに家庭を持っていた著者にとって、ミニャコンガは地球上で一番行きたくない場所でした。
 ただひとり現場で生き残った自分が死んだ仲間に呼ばれるのではないかという不安があったそうです。
 うん、わかる。よく頑張って行ったと思いますよ。鎮魂ができたね。
 結局このとき遺体は見つかりませんでしたが、氷河で眠る息子たちへ故郷北海道の香りを届けたいと遺族がラベンダーのポプリを撒いたとの記述には、思わず涙が出て止まりませんでした。

 本書の著者である阿部幹雄さんが巻末のあとがきを書いておられたこともあって、私はこの本を「ミニヤコンカ奇跡の生還」で知ったのですが、というか、1981年の事故はそれを読むまで知らなかったのですが、改めて本書で事故の詳しいところを読んでみると感じが全然違いましたね。温度差というか。本読で阿部さんは川越隊長を手厳しく非難しており、生存した隊員や遺族と隊長の縁は事故以来切れているかのように書かれていますが、「ミニヤコンカ奇跡の生還」で著者の松田さんは登攀中に発見した北海道山岳連盟隊のピッケルを、登山の参考に話を聞きに行った川越隊長のお土産にしようと思ったと書いていました。なぜなんでしょうかね。この空気読めていない感はどこからきたのでしょうかね。
 ひょっとしたら松田さんらの挑戦は事故の翌年のことだったし、報告書とかがまだで、事故の本当のところの原因を松田さんは知らないまま、逆にもっとも責任があったと言われている川越隊長に話を聞いただけで行ったんじゃないですかね。
 隊長と他の隊員や遺族との関係が険悪になっていることを何も知らなかったんじゃないでしょうか。
 奈良副隊長か阿部さんに話を聞いていれば、違った結果があり得たかもしれないと思いました。





 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment