酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「永遠の1/2」佐藤正午

  「月の満ち欠け」で平成29年度上半期の直木賞を受賞した佐藤正午のデビュー作。
 第7回すばる文学賞受賞作です。
 「月の満ち欠け」が一風変わっていたので、他のも読んでみる気になってのですが、ちょっと遡りすぎました。
 1984年に刊行された作品で、物語の時代設定も1980年頃(昭和55年)なのですが、ちょっとその雰囲気についていけませんでした。なんかこう、カッコつけてるといいますか、酒の飲み方とか女性への接し方にまったく共感ができなかった。
 ジェネレーションギャップと言っていいかも。
 そういや、バブル期前の高度成長期だったか。
 ハードボイルドなんて言葉もあったなあ。もう、今の小説だと部屋でウイスキー飲む男なんてあまり見かけないからね。
 確か直木賞の選評で北方謙三が作者と同じ年のデビューであると言っていましたが、「友よ静かに眠れ」も今読めばこんな感じのとんちんかんなんでしょうか。
 これ真面目に書いてるんだよね、笑わそうとしてるんじゃないよねとか真剣に思ったりしてね。
 正直、読み進めるのが苦痛でしたね。
 何が起きるんだろうとドキドキしていたのは中盤までで、結局何も起きないのかよと諦めてからは、酒の肴にもなりませんでした。やたら文字が詰まっていて長ったらしいしよお、つまらねえくせに。
 もっとも、ブレイザーは岡田にどこを守らせるのかとか、長嶋は原を待っているとか、主人公はプロ野球が好きなのでこれら巨人軍前監督原辰徳がまだ入団前という、これほど隔世の感が味わえる小説も少ないかもしれません。その意味では読む価値もあるかもしれない。主人公は競輪狂でもあって、まだ中野浩一が走ってるしね。
 時代背景だけではなく、青春小説の範疇にはいるであろうこの物語の展開にも、いい意味で世代差を痛感します。
 気になる女性に連絡するのに、家に電話をかけて家族を通さなければならないというもどかしさ。
 これは小説的には携帯電話などよりよほどいいのですね、雰囲気的にも、展開に含みを持たす意味でも。
 すぐに連絡を取れないということは、今ならば事故や関係断裂を疑いますが、この頃ならば何かしらの偶然の可能性も濃厚に漂いますから、「連絡がつかない」これだけでひとつのプロットになりますから。
 そういう意味では、本作を読むことによって違う価値観の発見があったかもしません。
 
 あらすじ。
 主人公は田村宏、27歳。高校を卒業して市役所に3年間勤めた後、仕事を転々としています。
 昭和54年の年末、またしても彼は仕事を辞め、結婚を考えていた彼女にフラれました。
 しかしこの瞬間から、彼はツキ始めていたのです。
 年が変わって、趣味を通り超えて習慣である競輪で爆勝。
 おまけに競輪場の売店にヘルプでバイトにきていた足の長い美人とのデートに成功。
 彼女、小島良子は田村の2つ上で29歳、3ヶ月前に離婚し、祖母とふたりで暮らしていました。
 当初、彼女が最近まで人妻であったことすら知らなかった田村ですが、ふたりはアパートで逢瀬を重ねるようになります。
 競輪のほうも相変わらず調子がよく、新しく仕事を探す必要が感じられませんでした。
 すべて順調。ツキは続いている。はずでしたが・・・
 自分にそっくりな人間が、この街いる。
 競輪場で何度も人間違いをされることに、その頻度が尋常ではないことに、田村は気づきました。
 そしてその“そっくりさん”と間違われて暴力をふるわれたことをきっかけとして、彼は自分と瓜二つの人間のことを調べ始めるのです。その結果、そのそっくりさんは野口修治というのが本名で、博多に妻と子供をおいて蒸発、この街にやってきてバーに勤めましたが、店の売上を持ち逃げしたあげくホステスと一緒に雲隠れしていることが明らかになったのです。
 野口修治は、とんでもない女たらしの、破天荒きわまる男でした。
 そして野口の起こすトラブルによって、外見がそっくりである田村もまた巻き込まれていくのですが・・・

 主人公に共感できたことは、一年の締めくくりにその年書いた日記を読み返すこと。
 これだけ。もちろん、私は日記なんて書いたことないけけどね、おもしろそうと思ったから。
 結局、この小説は何だったのかというところを考えているのですが、その時の時代性が色濃く反映された青春小説という表面上の顔の下には実はそれほど深みといいますか裏の顔はないと思います。先に「月の満ち欠け」を読んでいましたから色々期待しすぎただけであって、このときは作者も若者ですからね、30年後と比べちゃ酷でしたわ。
 今気づいたのですが、月とツキは掛かっていたなと思いましたね、偶然ですけど。面白い。

 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment