酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「中攻 その技術発達と壮烈な戦歴」巖谷二三男

 海軍航空の柱石・中攻隊の栄光と衰退

 img001_convert_20170916151508.jpg

 昭和31年に発刊された原書の再販版(昭和51年)。
 噂にたがわぬ“名著”であり、中攻隊の詳しい戦歴はもとより、海軍航空ひいては太平洋戦争における海軍の隆盛衰退に至るまでの系譜がこれほどずっしりと詰め込まれた本はありません。
 付録として九六式陸攻、一式陸攻の設計に携わった本庄季郎技師(戦後三菱重工技術部次長)の思い出回顧録や、三菱重工業製作飛行機歴史録もついており、11式大型練習機(一式陸攻の初期生産タイプ。編隊で一番被害が出やすい端の小隊の専用機=翼端援護機として重武装が施されたが使い物にならず、生産30機はすべて練習機に回された)などの興味深いデータも載せられています。編隊の端っこはカモ番機といってよく狙われたから、こんな発想をしたんだね。知りませんでした。
 知らなかったことといえば、山本五十六の肝いりで昭和11年3月に九六式陸攻が制式採用されて、昭和12年8月14日に世界史に類のない東シナ海を超えて往復2千キロにおよぶ遠距離渡洋爆撃をが挙行されたわけですが、それからわずか1か月で使用40機の30パーセントにあたる12機を喪失していたという事実も初めて聞きました。惨憺たる被害ですね。にもかかわらず世界の戦争方式を変えた快挙ということで、マスコミが騒ぎ立て、渡洋爆撃に参加した搭乗員はヒーロー扱いされたのでした。
 まあ、このときの世界初の長距離爆撃が、ゆくゆくはB29などの戦略爆撃の走りとなったわけですが・・・
 また昭和12年10月、横須賀航空廠で渡洋爆撃経験者を呼んで開かれた研究会では、はっきりと中攻が被弾すれば燃えやすいことが意見として述べられ、至急に防弾対策を施すべき提言がなされているのです。
 にもかかわらず、できなかったのかしなかったのか、結局終戦に至るまでこの問題は完全に解決しませんでした。
 本書を読んでいれば、なぜ日本が負けたかということがわかります。
 工業力の差、量の差ですね。それを中攻の戦譜がよく顕していると思いました。

 日本海軍の中攻が世界の先駆となったこと、それは遠距離渡洋爆撃と、もうひとつはマレー沖海戦での航空隊だけによる戦艦を含む艦隊の撃滅です。これを忘れちゃいけない。
 昭和12年8月から始まった中攻隊によるシナ事変への出撃、各地への爆撃は昭和16年9月をもって正味中止(この間搭乗員70組喪失)され、それからは次々と開隊された中攻隊はすべて太平洋戦争に注力していくことになりました。
 そして開戦劈頭、仏印サイゴン基地を拠点とする72機の陸攻隊が、イギリスの誇る戦艦プリンスオブウェールズ、高速戦艦レパルスを雷爆撃によって撃沈したのです。英艦隊は戦艦2隻海軍中将以下800名の人員を失い、我が方は陸攻3機搭乗員20名を失っただけという完勝でした。
 これは真珠湾以上に世界に衝撃を与え、海戦方式に一大革命をもたらした快挙となったのです。
 しかし、中攻の栄光はここまで。
 もっとも限られた局面ではその後も中攻隊の活躍は続きましたが、戦線がソロモンに移ってからは激しい消耗戦が繰り広げられ、結局は量の不足、搭乗員技量の低下、防弾装置の欠落、そして忘れてはならないのがアメリカ艦船の対空兵器能力の飛躍的な向上によって、中攻の活躍する場面はなくなっていきました。昼間雷撃などとてもできなくなりました。消耗が戦果を上回ったのです。にもかかわらず司令部は中攻を酷使しましたね。その原因は戦果の見誤りなどの過大報告もあったのでしょうが、その時点の選択として使える兵器が中攻しかなかったのではないかと思います。もっと銀河などの高速爆撃機の開発採用を早める努力をするべきでしたね。緒戦の戦果で中攻の戦力は過大評価され、さらにアメリカ軍のそれに対する適応の早さが司令部の念頭にはなかったのでしょう。
 昭和19年2月、751空がテニアンに撤退するまでの2年1カ月、中攻9航空隊のほとんど全力が入れ替わり立ち替わりラバウル、カビエン、ブカ等を基地として死力を尽くして戦いつつ、力尽きていったのでした。

 中攻隊の創生から終焉まで語りつくされている本書ですが、まさに著者の巖谷二三男氏は最後まで中攻隊と共にあった人でした。略歴を見ていて意外だったのは、神戸高等商船学校の出身だったんですね。兵学校ではありません。昭和9年に予備士官から海軍現役に編入し、昭和10年に第27期飛行学生。おそらく偵察員配置だろうと思います。
 その後、中攻の聖地とでもいうべき木更津空や美幌空、鹿屋空、701空、706空などの幹部を歴任。
 ほぼ戦争の最前線で中攻の活躍を見続けてきた方です。終戦間際には中攻隊最後の作戦となるはずだったサイパンのB29を焼き払う剣作戦の計画実行責任者にもなっています。
 当然、交友を結んだ人物も多く、本書には得猪治郎、三原元一、檜貝譲治などの他書ではあまり見かけない中攻隊の重鎮というべき幹部の業績や言動、そして行く末が語られている点でも本書は貴重でしょう。

 だいぶ前から持っていたのですが、分厚い(500ページ超二段組)のでなかなかその気になりませんでした。
 もっと早く読んでおけばよかったです。


 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment