酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「ちいさな国で」ガエル・ファイユ

 この地の人々は、この大地に似ている。
 一見穏やかだけれど、ほほえみと威勢のいい前向きな言葉で飾られたうわべの陰では、仄暗い地下の力が間断なく働き、暴力と破壊の企てを温めている。そしてそれらの企ては、凶事をもたらす風となって繰り返し吹き荒れる。1965年、1972年、1988年。おぞましい亡霊が何年かごとに姿をあらわして、平和は戦争と戦争のあいだ小休止にすぎないことを人びとに思い出させるのだ。あの毒を秘めた溶岩が、あのどろりとした血の波が、ふたたび地表にまで上がり出ようとしていた。
 ぼくらはまだ、それを知らない。
 けれど、熾火(おきび)はすでに熱く燃えていて、夜がハイエナとリカオンの群れを解き放とうとしていた。


 世界史上未曾有の大殺戮となったアフリカのフツ族とツチ族の抗争をテーマとした半自伝的小説。
 作者は父をフランス人、母をツチ族のルワンダ難民に持つフランスで有名なラッパー。
 少年時代を、この小説の主人公ガブリエルと同じアフリカのブルンジで過ごしました。
 そしてブルンジで内戦勃発後の1995年に、妹とフランスに渡っています。
 ということは、両親はどうなったのだろう?
 まさか小説と似たようなことにはなっていないとは思いますが・・・心配ですね。
 ガブリエルの話はほぼフィクションでしょうから。
 でもこの小説を読んでいて感じるのは、フィクションとはいえ自分が見聞きしたりことやプライベートにも内容が食い込んでいるような、ちくりと心が痛むようなことがよく書けたなということです。
 だからフランス最高峰であるゴンクール賞の候補にまでなったのでしょうけどね。
 ブジュンブラ(ブルンジの首都)の不良に「おまえの母親は白人に身を売った売女だ」と言われる場面がありましたが、事実と違うとはいえ作者の母はルワンダ内戦からブルンジに逃れてきた黒人の難民で白人の男と結婚したわけですからね。
 よく書けたよ、ほんと。読んでる方が悲しくなったわ。
 実際のところ、作者のアイデンティティーはどこにあるのでしょう。
 ガブリエルは最後までそれが定まらなかったように思う。同じ白人と黒人のハーフとはいえキンヤルワンダ(ルワンダ語)が喋れる親友のジノとは違って、ガブリエルは子どもという理由で父から政治の話題を遠ざけられ、母からもルワンダ語を教わることはなかったわけですから。国籍はフランスになるわけですけどね、行ったことないし。肌は白と黒の間のキャラメル色です。しかも両親が別居してしまった。父は違う女のもとに通い、親戚の無事を確かめにルワンダに行って甥や姪の惨殺体を見て帰ってきた母は、あんなに綺麗だったのに頭がおかしくなってしまいました。
 友達がいるブジュンブラの袋道に愛着はあったでしょうが、彼には寄るべき故郷というものが最後までなかったのです。
 もちろん、フツ族とツチ族の抗争の因縁などまったく知るよしもありません。彼は部外者であったのです。
 あのままいたら、妹のアナと一緒に殺されていたかもしれませんね。
 自分が何者かもわからないまま、敵か味方かに強引に区別されて殺されることほど悲劇はありません。
 物語の最後では、33歳になってなお自身の帰属があやふやなガブリエルが、フランスから20年ぶりにブジュンブラの袋道を訪ねるのですが、その変わってしまった風景は記憶にさえも人は帰属できないことを諭されたようで、いかにも物悲しいです。
 
 地理的にも遠く、ましてやジェノサイドなどが考えられない社会で暮らしている我々なので、本作から勉強できる部分は非常に多かったと思います。あらためて世界で当たり前のことが当たり前ではない日本という国独特の幸せを感じました。
 想像したこともありませんでしたが、在日の方の心持ちを考えたりもできました。
 1994年4月から、わずか100日間で80万人もの人間が殺されたというルワンダのジェノサイド。
 その話は以前に読んだ「ジェノサイドの丘」という本に詳しく載っています。隣国とはいえ本作の背景もこれに直結しています。隣人が突然殺人者に変わるというね・・・正直、戦争よりもひどいことが起こったのです。
 フツ族とツチ族の憎しみ合いは、かつての宗主国であったフランスやベルギーによる分裂統治政策に端を発するようです。治めやすいように対立構図を作ったのですね。
 ほんと過去に白人がしたことはヒドいですよ。今は価値観がマシになっているとはいえ、本作にも登場したドイツ系のフォン・ゲッツェンみたいに筋金入りの人種差別主義者なんて、まだまだ掃いて捨てるほどいっぱいいますからねえ。嫌韓とはまったくレベルが違うです。有色人種のことを人間と思っていませんから。
 地球の社会が成熟したといえるのは、まだまだなようですね。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment