酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「夏への扉」ロバート・A・ハインライン

世界中の猫好きへ贈る 不朽の時間旅行SF名作

     img093_convert_20170830091613.jpg

 


          ピート!!


1469153133603_convert_20160722110734.jpg


 
      たま!!(笑)


 日頃本選びの参考にさせていただいている「とにかく読書録」で最近紹介されていた本です。
 時代小説・警察小説系統のレビューが多い同ブログですが、たまにイレギュラーで紹介される異種系統も当たりが多いので、要チェックです。本作なんて存在さえ知りませんでしたが、ひと目みただけでピンときました。
 もっとも私が知らなかっただけで、1957年にアメリカで刊行されたロングセラーのSF小説で、おそらく世界中の方々に読まれているだろうと思います。古さをまったく感じさせないので、これからもずっと読まれていくはずです。

 あらすじ。
 1970年、核戦争後のアメリカ。30歳の産業技術者ダン・ディヴィスと9歳の牡猫ピートが主人公。
 自動掃除機などを発明し、親友のマイルズと立ち上げた会社で成功を収め、ベルという美しい婚約者を得て幸せの絶頂にいたダンだが、マイルズとベルに騙され、会社から追放された。
 失意のどん底にいたダンは、現世に嫌気が差し、5年前に開発された冷凍睡眠(コールドスリープ)によって30年後に蘇生することを決意する。たったひとりの相棒、猫のピートも一緒にだ。残った財産は仲の良かったマイルズの継娘リッキィに贈与する手筈を整えていた。リッキィはマイルズの前妻の娘でダン以外にピートが唯一なついている人間だった。
 しかし施行前日にこのままでは腹の虫が収まらなくなったダンは、裏切り者のマイルズとベルの邸宅に向かい、怒りをぶちまける。ところが間抜けにも反撃され、毒婦ベルに薬物を注射されてしまう。さらに飼い主を守ってひとりで戦ったピートとはぐれてしまった。薬物のせいでベルのいいなりになったダンは、契約した冷凍睡眠施行業者とは違う業者によって30年後の2000年までコールドスリープされ、目覚めたロサンゼルスではベルの奸計のために無一文になっていた。
 西暦2000年の世界、そこは言葉も少し違い、着る服も違い、経済感覚は異なり、科学技術は飛躍的に進歩していた。1970年では優秀な技術者だったダンだが、浦島太郎になってしまったそこでは、時代遅れの職工だった。
 自動車のスクラップ工場に職を得たダンは、今もどこかで生きているであろうマイルズとベルに復讐の念を燃やす。
 愛猫ピートのためにも、あのふたりだけは許さない・・・

 とても50年以上昔の小説とは思えません。
 みずみずしい。
 文化女中器って、今のルンバですよね!?
 発想というか、感覚が素晴らしいなあ。
 冷凍睡眠やタイムマシンのからくりも、十分に納得がいくものでした。
 SF以外の物語の骨格もしっかりとしているために、じっくりと読み応えがあります。
 でも、猫好きの私が一番好きなのは、冬にピートが扉を開けてもらって夏を探すシーン。
 あそこがこの小説の一番の核であり、SFにプラスされた何かを本作に感じさせる所以になっていると思います。
 見開きの「世のなべての猫好きにこの本を捧げる」は伊達ではありません。
 捧げられました。謹んでお礼を申し上げます。ありがとうございました。


 






 

関連記事
スポンサーサイト

5 Comments

まだコメントはありません

siro  

「夏への扉」ロバート・A・ハインライン

我がブログをご紹介いただき、有難うございました。
こちらこそいつも参考にさせてもらっています。

ハインラインと言えば、クラークやアシモフらと共にSF界の重鎮と言われる人です。焼酎太郎さんはホーガンなどの作品も読まれているので、本書を始めて聞いたと言われ、逆に驚いてしまいました。彼らの作品はまず外れはありません。

ところで本書ですが、やはり本書タイトルにも結び付く、ピートが扉を開けてもらって夏を探すシーンですね。この場面ゆえに、猫をテーマにした小説としても高名なのだそうです。

他にも文化女中器をはじめとして、いろいろな機器が現実化されていたりと、その想像力はさすがのものがありますね。

ハインラインは、ガンダムのモデルとなったと言われる『宇宙の戦士』などを書いたときは軍隊賛美、保守派とのレッテルを貼られたりもした作家です。わたしは決してそうとは思えなかったのですが、そこは様々ですね。

とにかく彼の作品のストーリーは面白い、の一言に尽きます。是非他の作品も読んでみてください。

今後もよろしくお願いいたします。

2017/08/31 (Thu) 10:11 | EDIT | REPLY |   

焼酎太郎  

Re

よい本をご紹介いただき、ありがとうございました。
ピートが夏を探す場面はしばらく忘れそうにありません。
作者はパラレルワールドを示唆する意味があったのでしょうが、
私にとってはそれ以上の、本作を象徴するような意味合いがありました。

ホーガンは「ひだまりさん。http://katharin.blog.fc2.com/」のところで発見しました。
新しいのは情報が入りますが、古い本は、まったくの他力本願です。
ただし、時代を飛び越した出会いは思いのほか新鮮で楽しいものです。
新しい扉ですな。

これからもよろしくお願いいたします。

2017/09/02 (Sat) 16:28 | REPLY |   

1push  

この本はご指摘の通り傑作だと思います。

2018/01/25 (Thu) 13:22 | REPLY |   

1push  

連投すみません。この本が好きならブラッドベリの「たんぽぽのお酒」もお気に召すかも・・・ってもう読まれてますよね、多分。

2018/01/25 (Thu) 13:26 | REPLY |   

焼酎太郎  

Re

こんにちは

いいえ、知りませんでした。
本を教えていただきありがとうございます。
読んでみますよ。

コメントありがとうございました☆

2018/01/25 (Thu) 16:11 | REPLY |   

Leave a comment