酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「月の満ち欠け」佐藤正午

 あたしは、月のように死んで、生まれ変わる
 月の満ち欠けのように、生と死を繰り返す


 第157回(平成29年度上半期)直木賞受賞作です。
 この手の話を直木賞で読んだのは初めてだし、この手の話は好きなので面白かったですね。
 ちょっと文体は重めで硬いけど、ファンタジック・ラブストーリーと云えますか。
 切なくはならないな。なんでだろう、そういう風に書いていないのかもしれないし、単に硬いからかもしれない。
 あるいは、瑠璃の気持ちが重すぎる、哲彦への思いが強すぎて理解しにくいということも考えられるでしょう。
 でも、謎が謎を呼ぶ展開にさくっと引き込まれました。純粋に楽しめる物語でした。
 読みながら、軽く日本酒を五合。日本盛の糖度ゼロのやつ。酒の肴としても最高の本だったということです。
 佐藤正午の小説は初めて読みましたが、ぜひ他のも読みたいと思いましたよ。
 直木賞の選評で北方謙三が「私と同じ年のデビューで・・・」と言っているのを目にしましたが、寡作なんですよね。
 そのぶん、ひとつひとつの作品が濃そうでいいじゃないですか。
 たぶん職業小説家ではないのでしょうね。

 あらすじそのものがネタバレなので、導入だけ。
 小山内堅・梢夫婦の一人娘である瑠璃が“変調”したのは、7歳のときだった。
 一週間続いた高熱のあと、急に平常に戻った瑠璃はお気に入りのクマのぬいぐるみに「アキラ」と名前を付けた。
 妻の梢がいくら本人に聞いても、「アキラ」の出処はわからない。
 やがて瑠璃は知っているはずのない古い歌謡曲を歌い、ノートには両親も知らない短歌を書き連ね、ひとりで高田馬場の廃ビルにいるところを補導された。何を探していたのだろう?
 娘は知るはずのない昔のことを知っており、それを隠そうとしている。
 しかし父親として堅ができたことは、瑠璃が補導されたときに、ひとりで遠くまでいくのは高校を卒業してからと約束することだけだった。しかし11年待って瑠璃は高校を卒業した後、妻の梢と共に交通事故に巻き込まれた。ふたりとも即死だった。
 それから15年後。堅は瑠璃の遺品の中に、一枚の油絵を見つけた。高校時代、彼女は美術部員だったのだ。
 包み紙をほどくと、そこに描かれていたのは、堅が知らない青年の顔だった。
 
 ちょっとややこしいのでね、整理すると、
 正木瑠璃(奈良岡瑠璃)がオリジナル、次に小山内瑠璃、小沼希美、今の緑坂るりの順番です。
 ちなみに三角哲彦の年齢をこれに当てはめると、それぞれに20、38,45,52になります。
 どうして幼いうちに亡くなりやすいのか、これは条理を壊して無理しているからでしょうね。
 まあ、条理も不条理もないわけだけど(笑)
 意外ですが巻末の参考文献にある通り「前世を記憶する子どもたち」という本は実在しますから、そこに何かヒントが書かれているかもしれませんね。あんまり読む気はしませんが。
 気になるところもありました。
 「生まれ変わりはあたしだけとはかぎらないよ」と緑坂るりが言ったとき、思わず背筋がぞっとしたのは、荒谷母娘のことではなく、正木竜之介のことが頭にあったからです。
 これはどうだろう。物語を覆すのに十分な伏線でしたが、作者はたぶんあえて放置したと思う。
 ラブストーリーがホラーに変わるほどの破壊力を正木竜之介というキャラクターは持っていたように思います。
 もっとも、もしもそうしていれば本作が直木賞を受賞するような本にはなっていなかったかな・・・
 正木が拘置所で残した短い遺言とは、「ちょっと死んでみる」に違いないと思うんですよ。
 5,6年前に死んだということなので、彼がまだ「生き返ってない」とは言えないでしょう? 
 緑坂ゆいが長電話していたマネージャーが「真崎」という名前だったことは偶然ではないと思います。
 緑坂るりちゃんは今後無事でしょうかね、心配だねえ。
 弟ができたなら、それはきっと「正木」ですよ。


 

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

まだコメントはありません

siro  

丁度読み終えたところでした。

ちょうど私もこの作品を読み終えたばかりのところでした。

輪廻転生というテーマは三島由紀夫を始めとして、少ないとはいえ存在しますが、本書は私もかなり惹きこまれました。
本編を貫く正木瑠璃という女性の想いは恋愛小説としても読めるのかなと思ったりもしましたね。

ただ、何となく感じていた違和感の理由が分かったのは、焼酎太郎さんの「生まれ変わりはあたしだけとはかぎらないよ」との一文についての指摘を読んだときです。
輪廻転生が特別なものではないとするならば、本書の登場人物のそれぞれが、それぞれの過去を持っているのだ、と読みながら感じていたからでした。

正木竜之介についてのご指摘は気付きませんでしたが、小山内の今の彼女である荒谷清美やその子みずきなどもそうなのか、と思い、本書全体の見え方が変わった気がしたものです。

多分ですが、焼酎太郎さんと似たような感覚を持ったのかもしれません。

2017/08/24 (Thu) 09:29 | EDIT | REPLY |   

焼酎太郎  

Re

こんにちわ
読んでましたか、すごい偶然ですねえ(*^^*)

もう一度パラパラ読み返してたんですが
やはり291ページの正木竜之介にスポットを当てた会話は伏線で間違いないでしょう。
緑坂ゆいのマネージャーが「真崎」という名前なのも偶然とは思えないです。
緑坂るりの弟が生まれれば間違いなくそれは正木竜之介の生まれ変わりです。
けれども作者は、そのプロットを土壇場で捨てました。それはなぜだかわかりません。


2017/08/24 (Thu) 17:59 | REPLY |   

Leave a comment