酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「そして謎は残った 伝説の登山家マロリー発見記」ヨッヘン・ヘムレブほか

 探険史、登山史に最も長く残る謎、そして解けない謎と言われているのが、1924年6月6日にイギリスの伝説的な登山家ジョージ・マロリーが人類初のエヴェレスト初登頂を成し遂げたのかどうかということです。
 成功していたならば、1953年のエドモンド・ヒラリー卿の公式初登頂から一気に約30年も遡ることになります。
 謎の鍵を握るのは、山頂に向かってアタックしている姿を見られたのを最後に行方を絶ったマロリーと、バディのアンドルー・アーヴィンの遺体です。カメラを持っていましたから、ひょっとしたら登頂の証拠が残っているかもしれません。
 それはエヴェレスト頂上近くのどこかで、1924年からひっそりと眠っているはずでした。
 1975年の中国遠征隊のメンバーである王洪宝は、8100メートル付近で西洋人の遺体を発見しました。その遺体はアーヴィンではないかと言われましたが、王はその話を公にして間もなく雪崩で死にましたから、はっきりとした場所がわからなくなってしまいました。
 そして、1999年5月1日。ついに、ジョージ・マロリーの遺体が、75年ぶりに発見されたのです。
 遺体は高所の乾燥した気候のために、驚くほど自然な状態で残されていました。
 本書は1999年の遠征調査隊による遺体発見までの道筋が、1924年のマロリーとアーヴィンの登攀の経過と重なるようにして語られているばかりか、所持品や遺体の損傷の調査などから一番可能性が高いと思われる6月6日の事故の顛末も詳細に推理されています。

 本書の基点も、私がこの前読んだ「エヴェレスト初登頂の謎」トム・ホルツェルらしいですから、というのは山岳史家でマロリー遺体発見の第一の功労者である本書著者のひとりヨッヘン・ヘムレブも、それでマロリーの謎に興味を持ったらしいのです。本書を読む前に目を通しておく価値はあると思います。すると本書で端折られている部分が理解しやすくなります。イギリス登山隊の3度に渡る挑戦が詳細に記されていますからね。
 また、トム・ホルツェルが本を書いたのは遺体がまだ発見されておらず、彼自身も遺体発見の調査に失敗しているので、本書を読むことによってある程度謎が解かれるカタルシスが生まれることでしょう。

 結論から言えば、遺体が発見されてなお、マロリーが登頂に成功したかどうかは不明のままです。
 彼の遺体には、成功すれば山頂に残してくることになっていた妻の写真がありませんでした。
 このことは登頂したことを裏付けているのではないかと思われますが、一方で発見された酸素ボンベや登攀を目撃された時間から類推されるに登頂成功の可能性は低いともされています。
 私が一番感動したのは、今の山岳装備とはまったくレベルの違う粗末な衣服類を彼が身にまとっていたことです。
 信じられない薄着。我々が真冬に街を歩いているのよりもまだ防寒レベルが低いであろう衣服、そして鋲靴。
 昔の人は頑健だというけれど、これでよくもまあ、8千メートルを超えたものだと驚愕しました。
 やはり彼の名は伝説に相応しいですね。成功していようとしてなかろうと、マロリーは超人です。
 個人的には、成功していたのだろうと思いますけど。
 本書も若干、そっちよりに推測されていると思う。夢抜きでね。
 たとえ帰りが真っ暗になろうと、あそこまで行っていればチャレンジしたのではないですか。
 滑落した場所は、第6キャンプに帰る途中でした。夜中に落ちたのだったら登頂成功を暗示しているんじゃないですか。
 いずれにせよ、中国の王が仮に埋葬したとされるアーヴィンの遺体が見つかれば、かなりはっきりするはずです。
 なんで見つからないんですかね。
 本書の捜索隊も、当初はある程度場所が絞れるアーヴィンの遺体を発見するつもりでした。
 ところが、あろうことか捜索開始初日の、わずか数時間で、マロリーの遺体を発見してしまったのです。
 発見した隊員たちが遺体のネーム入りのシャツを調べて、「なんでアーヴィンがマロリーのシャツを着ているんだ?」と思ったほど、意外な発見でした。
 近い将来、マロリーの名誉のためにも、謎が解かれることを願ってやみません。


 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment