酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「夜の谷を行く」桐野夏生

 西田啓子、63歳。独身。寂れたアパートでひとり暮らし。
 平日昼間の格安フィットネスジムを利用し、週末は図書館で涼む。
 風呂上がりの発泡酒1本が何よりの楽しみ。
 年金と貯金の切り崩しで、ひっそりと静かに生きている。
 孤独な独居老人の彼女の過去。
 彼女は米軍基地にダイナマイトを仕掛けたこともある連合赤軍の女性兵士だった。


 連合赤軍事件という、一連の騒動が1970年代初めにありました。
 私は生まれておりません。
 でも、あさま山荘事件ですか、クレーンの鉄球で建物の壁をドーンっと破壊している映像を見たことがあります。
 他にもハイジャック事件ですとか、どれがどう繋がっているのかわかりませんが、なんせとんでもないことが色々起こって、ジャパニーズレッドアーミーの名は世界を震撼させたテロリストとして歴史に記憶されています。
 いずれ何か本を読んでみようと思いますが、要は左翼的な革命運動なのではないですか。
 学生運動とやらが盛んだったようにも聞きます。
 現代とは隔世の感がありますが、その理想や手段の是非はともかく、若い人たちが燃え上がる風潮みたいなものがあったんではないでしょうか。どうだろう、今で言う宗教ですね、たとえばオウム事件とは似ているようでまったく非なると私なんかは思うのですけども、ここらへんは勉強不足ですので、よくわかりません。
 しかし、反体制もまた体制のうちであって、共産主義者の独裁ほど恐ろしいものはないとは思いますけど。
 本作では、山の中で集団生活をしていた彼ら連合赤軍が、革命闘争の理想とは程遠い内ゲバの仲間殺しですね、総括対象として大量にリンチ殺人をしていた過去がテーマになっており、逮捕収監された彼ら生き残りが老人となった今にスポットを当てた社会小説若干ミステリー風の作品に仕上がっています。かつての活動家も寄る年波には勝てず・・・
 リアルタイムの方はもちろん、私のように連合赤軍を知らない人間でも、大変興味深く読める良作です。

 主人公は冒頭の通り、西田啓子63歳。京浜安保共闘。元連合赤軍の女性兵士。
 学生運動をしていた彼女は、私立小学校の教師を1年で退職し、赤軍派と革命左派の協同ベースに入りました。
 最高幹部だった永田洋子に気に入られ、米軍基地にダイナマイトを持って侵入したこともあります。
 しかし総括(リンチ)に嫌気が差して仲の良かった同志の君塚佐紀子と共に逃亡。
 下山後逮捕されて、5年余にわたる刑務所生活を送りました。
 この間、裕福だった彼女の家族はめちゃくちゃになりました。
 エリートサラリーマンだった父は退職を余儀なくされアル中になって早死、母も間もなく死に、妹の和子は離婚しました。その他仲の良かった親戚とはすべて義絶状態となっているのが、5年前に経営していた学習塾を閉めアパートでひとり静かに暮らしている2011年現在の啓子の状態です。そんな中、妹の和子とその娘佳絵だけが啓子の頼りとなっています。姪の佳絵は啓子の過去のことを知りません。佳絵は結婚を控えており、もしも先方に啓子の過去が明らかになれば破談になるかもしれぬと和子は気に病んでいます。和子にしては、孤独な姉を可哀想に思う一方、彼女は家族をめちゃくちゃにした極悪人であり、なぜ姉が女だてらに学生運動なんかに入れあげたのかまったく理解ができないのですね。そりゃそうだわ。
 誰にもこれ以上迷惑はかけられない。ひっそりと目立たず暮らすこと、そして死ぬこと。
 しかし、2011年2月、連合赤軍最高指導者だった永田洋子が獄中で死亡したことを発端に、数十年音沙汰のなかった昔の同志や、素性の知れないジャーナリストから連絡が寄せられるなど、啓子の周辺はにわかにきな臭くなってきます。
 そしてかつての恋人で左派活動家だった久間信郎がほぼホームレス状態で啓子の前に現れるに及び、啓子は己の封印してきた過去が得体の知れない流れによって蓋をこじ開けられるのを感じるのでした。さらに3月になって未曾有の東日本大震災が発生し、その流れは激しさを増して啓子の守ってきた平穏を打ち砕いてしまうのです。

 直接手を下していないかもしれないけど、過去にリンチ殺人に加担していた老人。
 やっぱ、普通には接することが難しいかもしれません。
 ちょっと怖いだろうなあ。殺し方がえげつないですから、戦争で人を殺したというのとはまったく違いますよねえ。
 そのベースというのですね、彼らのキャンプが、いかにも幼稚な閉鎖された社会であっただけに、なおさら気色悪い。
 そういう老人をいかにして描くかが、作者の腕の見せ所。
 普通の人間とまったく同じなんだけど、ちょっと激しやすいみたいな感じで収めていましたね。
そして最後まで見せなかった、啓子最大の秘密。
 最大のサプライズ。
 ヒントは、佳絵の赤ちゃんの写真を見たときにあったと思います。和子の夫に似ていると書かれていましたね。
 これは何かを暗示していたんじゃないですか。啓子は薄々感づいていたんじゃないでしょうか。
 古市はきっと、久間に似ていたのですよ。


 

 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment