酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「たった一人の生還 『たか号』漂流二十七日間の闘い」佐野三治

 1991年12月29日午後8時頃。
 三浦半島の油壺からグアム島を目指す外洋ヨットレースの途中、「たか号」(7人乗組)が転覆した。
 場所は小笠原群島の父島北方約300キロの大海原である。
 転覆時に舵を取っていた艇長は亡くなり、海に投げ出された残りの6人は艇の復旧を断念、ライフラフト(ゴム製の救命いかだ)で漂流した。このとき不幸にも、ライフラフトに常備されていた食料等の常備品が流失し、彼らの手元には9個のビスケットと500ミリリットルの水しか残っていなかった。6人は、1日1枚のビスケットを6片し、わずか親指の爪ほどのそれで飢えをしのぎ、わずかの水を舐めあった。定員は8名だが外径2メートル半のライフラフトは窮屈で、足を伸ばせる余裕もない。
 イーパブ(救難信号発信装置)は海の底に沈んだ。頼みの救援は来ない。
 漂流して10日が過ぎた1月9日、海上保安庁のYS11機が彼らに近接する。しかし、見逃されたようだった。
 そのことに絶望したのか、翌日、ついに漂流後もリーダー的存在で、軍歌を歌ってみんなを勇気づけてくれた最年長の艇員が亡くなった。1月11日には、続けて3人が亡くなった。
 残った2人。13日には初めて鳥を捕獲し、その肉や内蔵を食べた。スコールもやってきて雨水も飲めた。島影も遠望できた。 しかし、1月16日、26歳で最年少だった艇員が心臓の不調を訴え、急死した。
 ついに生き残ったのは、本書の著者たったひとりになった。
 そして彼は、27日間にも及ぶ凄惨な漂流の末、オーストラリアに向かっていた貨物船「マースク・サイプレス号」に偶然発見され、救出された。体重は3割も減り、足の踵は壊死していた。
 本書は、絶望的な状況の中、奇跡の生還を果たしたひとりのヨットマンが綴る、自然と死との闘いの記録である。

 怖い。これほど凄い海難の話は読んだことがありません。
 小説では絶対に無理だと思います。このような凄惨な真実の話の前には太刀打ちできません。
 しかも、著者は時間経過を自分の時計に彫りつけており、事故後間もなくの出版であるので記憶も生々しいためか、事象の描写が鮮明です。救命ボートの中の足の位置で口喧嘩したり、誰もが陥った幻覚症状、昨日まで「帰ったらあれが食べたい」と言っていた人間が願い叶わず力尽きて亡くなる瞬間、自分の小便を飲むことに抵抗がなくなってしまったこと、最後のひとりになってしまい気が狂いそうな孤独感に襲われ、これまで仲間が亡くなるたびに冥福を祈り水葬していたのに遺体を3日間ボートに置いたこと・・・
 読みながら、自分も漂流を体験させられているかのように感じました。
 とてつもなく、怖かったです。
 ただの漂流生還記ではなく、救出された後の日本医科大学附属病院での治療の模様や、亡くなった艇員の遺族との面会、そして「人の肉を食ったのか」と医者に聞いたという常識はずれの阿呆がいる記者会見など、事故後のことも詳しく書かれており、特に他クルーの遺族との交流では、自分ひとり生き残ったことに対する申し訳なさ、やりきれなさが切ないほどうかがわれ、思わずこちらまで苦しくなってしまいます。入院中、最後に看取った最年少の艇員の家族から「最後までお世話になりました、ありがとう」と花束をいただいたときは、著者と一緒に涙しました。
 たとえば私の家族が同じように亡くなったとして、生き残った人間に同じことができるかと思いましてね。
 今も日本のどこかで、著者は十字架を背負って生きているはずです。

 日医大病院の先生の話では、著者だけが奇跡的に生き残った原因として、身体の恒常性維持機能が高く、内蔵の衰弱がバランスよく起こったことが考えられるそうです。たとえば、肝臓やら腎臓やら臓器のひとつが他より異常に悪くなると亡くなりやすいのだそうです。つまり、著者は臓器それぞれが等しく弱っていったために、助かったのです。こういうタイプが、生き残る人間だそうです。
 そして肝心要の漂流の原因となった「たか号」の事故はなぜ起こったのでしょうか。
 著者は転覆時ベッドにおり、このとき操船していた艇長はすでに亡くなっていたため、転覆の確かな原因はわかりませんが、著者の聞いた音などから想像するに、崩れ波というとてつもなく巨大な波が「たか号」を襲った可能性が指摘されています。
 さらに、普通ならばヨットは転覆しても自然に起き上がるものらしいのですが、「たか号」はなかなか回復しませんでした。ようやく回復したときには、ハッチが損傷しており、浸水が止められなくなっていました。
 しかし、私が思うに多くの方が助からなかった最大の理由は、イーパブ(救難信号発信装置)ではないでしょうか。
 艇を脱出するときに、著者が落としたことではありません、始めからイーパブは作動しなかったのです。
 なぜかというと、納入時にはイーパブは電池の損耗を防ぐために、バッテリーと本体をつなぐコネクターを接続していなかたったのです。作動するか確かめてくれと言われて(誰が言ったのか、大会主催者か部品業者か?)、たか号のクルーたちはレースを目前に控えた忙しさで、作動確認を怠っていました。まさか事故などという油断もあったのではないでしょうか。
 そして海上保安庁のYS11機による“見逃し”の謎もありました。
 今ならば、海上自衛隊も出動しているはずなので、彼らが亡くなることはなかったと思います。
 そのほかにも、様々な不運が重なっていることがわかります。もっとも事故という結果から遡れば、そこにはミスが重なっていることは当たり前なのですが、こういう言い方はなんだけど、やはり最後はメンタルかなあと思います。事故を起こしてしまうメンタルがクルーたちにあったということではないでしょうか。レースという勝負に気を取られすぎていたことを責めることはできないでしょうが・・・


 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

まだコメントはありません

luna-luna  

ブログなんかめんどくせえよの管理人のluna-lunaと申します。コメント失礼します。ノンフィクションの戦記物【WW2】の雷撃からたどり着きました。

素晴らしいです。

がんばってください。
光文社NFはちょこちょこと読んでいるのですが、何冊か読みたい本が見つかりました。

2017/07/06 (Thu) 00:12 | REPLY |   

焼酎太郎  

Re

luna-luna様 はじめまして。

コメントありがとうございます。
読みたい本が見つかったとのこと、何よりの励みです。

太平洋戦争の戦記は日本が負けていることもあって
読んでいて非常に疲れるやら切なくなるので、
なかなかバンバンと連続して読めないのですが、これからも頑張ります。

またお越しください。
ありがとうございました(*´∀`)

2017/07/06 (Thu) 17:22 | REPLY |   

Leave a comment