酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「都知事失格」舛添要一

 昨日の都議会議員選挙は小池知事派が圧勝しましたが、どうなるんでしょうかね、別に興味ないけど。
 まあ、いずれにしても東京都民1300万人、東京都庁職員17万人の旗振り役となる東京都知事は重責でしょうな。
 オリンピックがあるからね。待機児童の問題も解消されていません。直下型地震の危険地域でもある。
 本書にも書かれているように、その場その場の判断だけで先をまったく考えない刹那主義の政治家といわれる小池百合子は、まさにその通りだと思いますけど、そのときどきの直感が当たれば歴代最高の知事になるかもしれません。
 おそらくそうはならないだろうし、いったんこければ路頭に迷うどころか彼女は逃げるでしょうけどね。
 もしもこければ、投票した都民も自分が投票したことに責任をもって、反省するべきです。
 ただマスコミが流す情報に感情を左右されて、刹那の判断で投票したとしても、無責任では済まされません。
 民主主義はリスクの分散ということでもあるのですよ。責任はみんなでかぶるべきです。
 何かをやっても無責任でみんな逃げてきた、その悪い国民性が先の大戦の敗北となって現れたのでしょうけど、これは日本人の宿痾かもしれませんし、全世界的にポピュリズムが台頭している昨今、これもまた必然的な歴史の流れなのかもしれませんね。どんどんバカな方向に向かって自分で自分の首を絞めるという。
 国民がこれほどバカなんだから、ある程度政治も強権的にやらざるをえんでしょう。
 左翼のおばはんは、平和平和の念仏を唱えれば中国や北朝鮮からミサイルは飛んでこないと本気で信じているのでしょうか。
 本当の基本的なところは弱者の味方は政治であり、日本を誤った方向に導く可能性があるのは官僚のほうです。

 で、本書は2016年6月にバッシングの集中砲火を受けて東京都知事を辞任した舛添要一さんの独白記。
 2014年2月に就任されていますから、わずか2年4ヶ月の在職期間でした。
 2016年3月に突如発火した舛添バッシング。高額の海外出張費から公用車の使用問題、韓国人学校の用地貸与問題など、あらゆる疑惑が吹き出しましたが、本書ではそれぞれの疑惑に答えていらっしゃいます。
 誰が私を刺したのか、なんていう物騒なタイトルの章もある。
 胸が踊りますな(笑)
 その他、首相をはじめとする自民党の国会議員から小池現東京都知事、都議会のドンの素顔まで人物評やら、未来の東京都に対する提言など、さすが一時は国際政治家として鳴らした人物だけあって、淀みがありません。
 まあ、どこまで信じれるかはともかくとしてですよ。変人には違いないでしょうからね。
 あの怪しい中国服については何も書かれていませんし、あのときの言い訳が酷すぎたので、期待していたんですけどね。
 行政の実力はあるのだけれど、政治家には向いていないのでしょうね。
 私は、このままほとぼりがさめたらテレビに出てコメントするだけではもったいない人物だと思う。
 田舎でいいので、どこか地方の首長になって、自分の理想とする都市を作り上げてもらいたいです。
 68歳だから、最後のチャンスだと思いますけど、このままではもったいない人物だと思います。
 ハッキリ言って、東京都知事がファーストクラスやスイートルーム使って当然ですから。
 スイートルームというのはSWEETルームではありません。SUITEルームです。要人の会議ができる場所です。
 それを面白おかしく喧伝したマスコミを舛添さんは痛烈に批判していますが、マスコミは商売ですからねえ。
 視聴率や部数のためにと言われますが、しょせんそんなもんじゃないですか、昔から。
 舛添さん自身だって、マスコミパワーでここまでのし上がってきたんじゃない。テレビに出てたからね。
 一番悪いのはそれに踊らされる国民。情報の忖度ができない国民。そしてマスコミも国民も無責任なまま。
 冒頭からずっとマスコミに対する批判を繰り広げた舛添さんですが、ついにラスト近くで本性を現して怒りも露わにマスコミふぜいに愚弄される国民を痛罵しているふうが見られます。
 まあ、それが本音かな。
 結局、エリートの学者なんだろうねえ、根が。だから、いじられるんですよ。東京のトップに立ったから。
 国政、あるいは地方の首長ならばこうもいじられることはなかったのではないでしょうか。


 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment