酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「アンバランス」加藤千恵

 朝井リョウとオールナイトニッポンゼロをやってた“かとちえさん”の、ちょっと危うい? 背徳系夫婦小説。
 性行為と愛情は切り離すことができるかという語り尽くされながらも決着のつかないテーマに挑んだ問題作。

 導入とあらすじ。
 主人公は日奈子36歳、結婚生活10年目を迎える専業主婦。子供はいない。
 夫の由紀雄は広告代理店勤務。42歳。常に優しくて非の打ち所のないご主人と言われる。
 穏やかな日常は、突然崩れた。
 ある日、日奈子しかいないマンションに、見知らぬ中年女性がやってきた。
 40歳代から50歳代と見られる化粧の濃い太った女は、いきなり「私は御主人の愛人です」と切り出し、ホテルの一室で裸のまま寝ている由紀雄の写真を数枚取り出して日奈子に見せたのだ。
 「離婚する気はないか」と迫る女をとりあえず追い出したものの、まったく予想もしなかった出来事に狼狽する日奈子。
 帰宅した由紀雄を問い詰めると、浮気は事実であり、半年前に熟女キャバクラで知り合ったという。
 日奈子は混乱する。
 なぜなら、由紀雄は性的不能であると告白していたからだ。ふたりが付き合って結婚してからここまで12年半、挿入を伴う性行為をしたことは2回しかなかった。日奈子はセックスもしたかったし、子供も欲しかったが、夫は病気であると理解して諦めていたのだ。それが、由紀雄はあの太った醜い中年女相手に10回以上も性行為をしたというのだ。
 どういうことなのか。私はずっと嘘をつかれていたのか。ここで、由紀雄は日奈子の知らなかった事実を弁明する。
 由紀雄は小学校6年生のとき、近所の変わったおばさんに、強引に誘われる形で初体験を経験した。
 そのことがトラウマになっており、同じような太って醜い中年の女性でなければ性的興奮を覚えず勃起しないというのだ。
 そう告白して、由紀雄は土下座した。日奈子には理解の範疇を超える、衝撃的な話だった。
 とりあえず由紀雄はホテルから会社に通い、ふたりの別居生活が始まる。週一度は話する機会を持つことに決まった。
 日奈子は市販の睡眠薬でひたすら眠り続けようとした。起きると由紀雄とあの女が抱きあっている場面を想像してしまう。
 離婚しようか。しかし、ずっと専業主婦で社会から引退している日奈子に生活力はない。このマンションのローンも由紀雄が払っている。食費も日奈子の服飾費も、ぜんぶ由紀雄の給料から出ている。簡単に離婚なんて出来ない。
 いやそれよりも、これほどのことが起きても、日奈子は由紀雄のことが好きだった。彼はずっと優しかった。
 熟慮の末、日奈子はセックスという行為の価値を下げようと試みる。私も見知らぬ誰かとセックスすることで、セックスの意味を薄れさせ、あの女と関係を持った由紀雄を心から許せるようになるかもしれないと考えたのだ。
 日奈子は、出張ホストのサイトに会員登録し、いざ実行に移そうとするのだが・・・

 はい。
 かとちえさんは、たまにラジオ聴いてましたが、作品は初めて読みました。
 まあ、色々と考えさせられましたが・・・
 愛情と性行為の切り離しはあり得るのかがテーマであり、それ自体は面白いものなんですが、ちょっと、テーマの物語への落とし込みが甘かったように思います。
 12年で2回(交際時1回、結婚後1回)しかセックスをしていない夫婦は、おかしいでしょう。
 いや言い方が悪いか、結婚するまでの2年間で1回しかセックスしてないのに結婚するのは、おかしいと思います。日奈子が処女ならまだしも彼女にも男性経験は人並みにあったわけだし、これはおかしいよなあと思う、設定が。
 設定こそがテーマを考える上での大前提ですからね。読者の誰もが納得しえる設定は必要。
 このことが頭にこびりついていたことが、かなりハードルになりました。ありえねえ、というのが。
 由紀雄にしても、半年前に女と知り合ったことになっていますが、これほどのトラウマと性欲があるのならば、同じようなことをずっと以前からあちこちでしていたはずじゃないですかね。愛情とセックスが別個ならば、なおさら。
 となると、少し話がおかしいかなあと思うんですよねえ。
 ただ、全体的に楽しめたことは間違いありません。初めてのかとちえさん、当たりでした。

 愛情と性行為の関係につきましては、私のような国民の最下層に淀んでいる輩がすまして自論を述べるようなところはありませんが、男と女では違いますし、性癖、性欲によって大いに異なる問題です。性行為というものが相手の体を使って自慰をすることと同義的な方も多いのです。そのような方には、愛情と性行為が繋がりようもありません。
 重度のフェチ嗜好のある方(たとえば重度の足フェチなど)とは、結婚しないことが賢明であると思います。
 それか、日奈子ができなかったことですが、割り切るしかありません。


 
 
 
 
 
 
 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment