酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「失われた地図」恩田陸

 残念ながら、これは読んではいけません、地雷です。
 これを読んで面白かったと云う人は、まずいないと思われます。
 直木賞受賞第一作がこれですからね。
 まさかのトラップでした(ー_ー;)
 アマゾンの批評も見ていなかったので、思いっきり、躊躇なく走って真上から地雷を踏みつけて即死しました。
 直木賞を受賞した「蜜蜂と遠雷」とは、まるでレベルが違うどころか違う人が書いたのかとも思えた。
 たぶん鼻くそほじりながら、片手間で書いたんだと思う。
 まあ、たまにあるんですよ、恩田先生はこういう失態が。だいたいが水準以上なんですけどね。
 ちょっとFTっぽい作品に、出てしまうんです。
 本作は、一応ホラーなのかな。
 軍都と言われる、東京や大阪、呉、横浜の市街や郊外に、「裂け目」という時空の割れ目みたいなのが現れて、そこから「グンカ」という軍服を着て鉄砲を持った亡霊みたいなのがわんさか湧いて出て、そいつらが直接には市民に影響を与えないんだけど、ナショナリズムとか右翼思想と結びついて、社会が悪い方向に進むのを助長するのです。
 それを防ぐのが、先祖代々特殊能力を持っている風雅一族。
 髪に風車のついたかんざしをさした風雅遼平、その元妻で俊平の母である鮎観、就職したばかりの浩平。オネエで関西方面の仕事を受け持つカオル、全国に出現した「裂け目」の情報を得て仕事の段取りをする煙草屋。
 彼らが、「グンカ」と戦ってそれを「裂け目」の向こうの時空に押し返すとともに、裂け目を縫い合わせて閉じてしまうのです。
 むろん、時空の割れ目ですから、「グンカ」だけではなく、あらゆる時代の無念の思いを引きずった魑魅魍魎の類もまた、彼らの行く手を阻むことになります。
 
 まあ、どこが面白くないってすべてなんですが、まずキャラクターの人間関係など設定の説明がなさすぎ。
 いきなり本題に入って補足なしですから、これなにかの続編に違いないと早合点したくらいです。
 浩平なんてぼそっとセリフつぶやくだけで、何者なのかさっぱりわからない。
 風雅一族が、なぜ「グンカ」と戦っているのかも、まったく説明なし。
 だいたい「グンカ」というのが、一つ星の帽子を被っているて中国兵でもないのに、何なのかさっぱりわからない。
 かんざしで裂け目を縫うってのも、馬鹿馬鹿しいですよね。
 遼平は髪にさしてある風車のかんざしで、裂け目から流れ出る風を感じて、さらにそれで裂け目を縫って閉じるのですが、まったくのマンガ。カオルにいたっては、大きなグローブみたいな手でアイロンみたいに裂け目を溶かして閉じるのですよ、アホらしい(笑)ヤマトが波動砲撃ったのは、もう呆れるのを通り越して苦笑しました。
 何を思って(思ってないのでしょうが)、恩田陸ともあろう作家がこんな設定をしたのかほんと不思議に思う。

 やはり恩田陸のホラーやFTみたいな作品は、「三月は深き紅の淵を」とか「黒と茶の幻想」「黄昏の百合の骨」のようなのがダントツに面白くて、恩田陸らしさが一番出ているんじゃないですかね。
 もちろん「夜ピク」や「蜜蜂と遠雷」みたいなガチンコの青春小説もいいんですけども。
 美人の先輩に憧れる後輩みたいな設定で、怪しげな校舎の奥の方で何やらゴソゴソしているというのが、いかにも恩田陸らしい。雰囲気作家ですからねえ。オチを求めているわけではないのですよ、この方には雰囲気を求めているのです。


 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

1 Comments

まだコメントはありません

藍色  

どっちかというと「序章」な感じでした。
不思議な、広がりのある読後感はこの作家さんらしい終わり方かなと思います。
楽しく読みました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

2017/10/24 (Tue) 11:40 | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  「失われた地図」恩田陸
  • 直木賞受賞第一作! “恩田ワールド”全開のエンターテインメント長編 錦糸町、川崎、上野、大阪、呉、六本木・・・・・・。 日本各地の旧軍都に発生すると言われる「裂け目」。 かつてそこに生きた人々の記憶が形を成し、現代に蘇る。 鮎観の一族は代々、この「裂け目」を封じ、記憶の化身たちと戦う“力”を持っていた。 彼女と同じ一族の遼平もまた、同じ力を有した存在だった。 愛し合い結婚した...
  • 2017.10.24 (Tue) 11:36 | 粋な提案