酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「カブールの園」宮内悠介

 この方の本はデビュー作の奇想SF「盤上の夜」以来。
 こういう方向に進んでいたのか。ふーむ。
 ずいぶんとあれだね、深い方向に行きましたな。
 本作には表題作含む中編2篇が収められていますが、ほぼ文芸作品といっても過言ではないですね。
 「文學界」に発表されたものですから、まあそうか。
 エンタメではありません。人種差別をテーマにした重苦しい物語です。
 それでも、この方ならではの独特の奇想を感じました、特にカップリングの「半地下」という作品は奇抜です。
 ちょっと度肝を抜かれました。
 思わず誘導されるように検索をしてしまったのは私だけなのでしょうか。
 いや待てよ、EWFなんてプロレス団体は聞いたことないなと疑いながらも。
 作者の経歴と重なっているので、まさか私小説なのかと思ってみたり、まあ、術中にハマりましたわ。
 ジャンキーみたいな顔してますしなあ、失礼だけれども。
 子供のときからニューヨークに12年間もいたそうですから、こういう発想ができたんでしょうね。
 人種差別、薬物経験などは、日本にずっと篭っていればなかなか体験できませんから。
 私なんてたまさかの旅だけでも、何度も人種差別されたことがあります。
 中国人に間違えられるしね。中国に入っても中国人に間違えられる(笑)。言葉が話せないのに。
 どこか田舎の少数民族だと思われて、ご飯を戴いたこともあります。恵んでくれたという感じでしょう。
 白人の国で中国人に間違えられるときは、「おまえチノか?」みたいなちょっと侮蔑的にこられることが多かったですが、日本人だと言うとそりゃすまんかったみたいな感じになります。考えてみればこれもおかしいんですけどね、向こうもこっちも。
 よく黄色人種の性格を表現するのに、「相手と目が合えば中国人は笑いかける、韓国人は睨みつける、日本人は目をそらす」という格言がありますが、的を得ていて、日本人は世界で稀有なくらいおとなしく、差別の泣き寝入りをする民族です。
 表にはあまり出てきませんが、日本人女性の性的被害もかなりの数が埋もれていると思う。
 最近では、クレヨンや色鉛筆から「肌色」というのが消えたというニュースを見ましたが、どれだけ差別に敏感になろうとも、人種差別というのはなくなりませんし、嫌いなものは嫌いなんです。それが世界の真実ではないでしょうか。
 色々と考えさせられる作品でした。
 特に「半地下」は読む価値が大いにあると思います。

「カブールの園」
 表題作のタイトルの意味は、子供時代に学校で豚と虐められた日系三世の主人公の思い出からのもの。
 彼女は日本語が喋れません。それでも両親も日系なので見た目は日本人そのものなんです。
 ITベンチャーのエンジニアとして活躍している38歳の今になっても、子供時代のイジメのトラウマから抜け出せず、治療を受けていました。治療の効果はおもわしくなく、会社から休暇をもらった彼女は、旅の成り行きで、マンザナー日系人収容所を訪れます。日系人収容所とは、日本の真珠湾攻撃をうけてアメリカ政府が日系人を砂漠のど真ん中に隔離した施設です。同じ枢軸国であるドイツ系やイタリア系は隔離されることなく、日系人だけが隔離されて凄惨な生活を強いられたのです。
 およそ40年後、レーガン大統領が日系人の隔離政策を「間違いだった」と表明するまで、みじめな過去を己の心の中に隠して多くの日系人は慎ましく暮らしてきました。彼らの声なき声を聞き、彼女は自分のルーツに正面から向き合う決心をします。
 日本語の喋れない日系人のアイディンティティとは何か?

「半地下」
 傑作。これを読めば、宮内悠介という作家にはこの人にしか書けない小説があるということがわかるはずです。
 日本で事業に失敗した父とともに、ニューヨークに逃げてきた姉と弟の物語。
 まもなく父親は失踪し、アップタウンのアパートに姉と弟だけが残されてしまいます。
 ここでこの物語の変わっているところなんですが、姉は生活のためにマジソンスクウェアガーデンのレスラーになるのです。姉は文字通り、体を張って、民族性を切り売りしてカネを稼いだのでした。
 その間、5歳だった弟は学校に通い、ドラッグや人種差別など様々な経験をします。
 このエピソードが生々しいというか、私が作者の私小説なのではないかと考えた所以なのですけどね。
 アメリカという国は基本的に多民族国家で非常に懐が深いと思う一方、ドラッグに蝕まれています。
 結局、リング上での怪我が元で姉は亡くなってしまい、弟は日本へ帰国することになります。
 作者はここで、さも真実の出来事であったかのように動画へのリンクなどを文章中に貼ってリアリティを醸し出させているのですが、この手法がありそうでなかったように思いました。EWFという単語を変えてみたりして私も検索してみましたが、もちろん、ありませんから。


 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment