酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「母艦航空隊」高橋定・谷水竹雄・安部井稠也ほか

 帝国海軍の花形・母艦航空隊の搭乗員・整備員による実体験戦記集。
 雑誌「丸」に掲載された記事から、26名29篇。
 いずれも、錚々たるメンバー。よくもまあ生き残ったという歴戦の方々ばかり。
 珍しい名前もありますね、岡嶋清熊とか谷水竹雄とか。
 谷水竹雄さんは、色々な本でお名前を目にしますが実際にご自身で書かれている記事を初めて読みました。
 よほど運動神経が良かったのか向いていたのか、搭乗時間の割には撃墜記録の多い方ですよね。
 なんなら長いの一冊書いてほしかったですけど。
 他にもねえ、ええっ、生きてたんだ! と吃驚するような体験を持っている方の記事もあるんですよ。
 レイテ沖海戦のときに、小沢機動部隊から索敵に飛び立ってハルゼーの機動部隊を発見触接した彗星偵察機の操縦員とか、日本海軍で初めて撃沈された空母となった「祥鳳」の直掩戦闘機隊員であるとか。
 ヨークタウンを撃破した“刀折れた日本海軍の意地”空母「飛龍」の第三次攻撃隊の生き残りとか。
 思わず食い入るように読んでしまいました。
 これ重箱の隅じゃないけど知りたかったとこだよなあ、と思って。
 他にも、縁の下の力持ちである知られざる整備員の戦記も数篇ありましてね、空母に着艦した飛行機がどのように制御されてエレベーターで格納庫に降ろされてそれから何をされるのかとか書かれているわけですよ。
 発着艦や母艦航空隊ならではの洋上航法だとかもね。
 もちろん、各空母の攻撃隊長クラスの方々の手記も多いですから、手に汗握る航空戦の模様も盛りだくさん。
 特に南太平洋海戦で空母「翔鶴」の艦攻操縦員だった萩原末次少尉の手記は迫力あったわ。
 どの方のもそうなんですが、一篇一篇が短いのが惜しい。それぞれ一冊で読みたかったくらい。
 さくっと潮書房が出したのが拍子抜けなくらい、凄い戦記集でした。

 では特に印象に残った記事を抜粋。

 「飛行甲板の主役『整備分隊』戦闘日誌24時」吉岡久雄(601空整備分隊長)
 空母「加賀」「龍驤」「翔鶴」「瑞鳳」「瑞鶴」の5隻の空母に乗り組み、「龍驤」「翔鶴」「瑞鶴」の3隻の沈没時にその場にいた、歴戦の整備将校による、まさに母艦航空整備の生き字引的戦記。
 「御紋章なき空母『大鷹』戦闘機隊初陣記」谷水竹雄(大鷹戦闘機隊操縦員)
 護衛空母「春日丸」の最初で最後の戦闘機隊に配属されたときの手記。同期の杉野計雄と一緒に配属され、鍛えられました。96艦戦ですね。当時の「大鷹」は飛行甲板170メートル、速力20ノットで零戦は心細く、96艦戦と96艦爆を搭載。第二次ソロモン海戦では戦艦大和の護衛として出撃しました。
 「瑞鶴艦爆隊が演じた勝利の海戦劇」堀建二(瑞鶴艦爆隊操縦員)
 宇佐空開隊時からの歴戦のヘルダイバー。江間保隊長の列機として活躍。南太平洋海戦では、数次に渡る攻撃のトリを務めました。たった2機で・・・傷つきながらも生きて帰る、凄い。
 「孤独な空母『祥鳳』珊瑚海に死す」石川四朗(祥鳳戦闘機隊操縦員)
 甲飛5期。祥鳳に配属され、96艦戦を担当(祥鳳戦闘機隊には零戦6,96艦戦6搭載)。祥鳳はポートモレスビー攻略作戦における陸軍部隊輸送の護衛中に撃沈されましたが、このとき著者は上空直掩中。急に敵の艦爆が降ってきましたが間に合わず。母艦が沈み思案中に、デボイネ基地に行けと無線を受けたそうです。「どこだそれ」と困っていると、零戦で分隊長と仲間が誘導してくれたそうです。
 「飛龍艦攻隊のサムライども突撃せよ」橋本敏男(飛龍艦攻隊偵察員)
 ミッドウェー海戦で海軍の最後の意地を見せた飛龍攻撃隊。著者は友永丈市大尉の片道燃料特攻で有名な、飛龍第三次攻撃隊艦攻偵察員として、ヨークタウンを撃破、見事帰還しました。操縦員の高橋利男上飛曹は本当に操縦がうまかったそうですが、飛龍沈没時に戦死してしまいました。
 「翔鶴雷撃隊、南太平洋の激闘」萩原末次(翔鶴艦攻隊操縦員)
 全部すごかったですが、もっとも迫力があった戦記を選ぶとすれば、これでしょうね。
 「準鷹艦攻隊 入魂の航空雷撃の果てに」山下清隆(準鷹艦攻隊操縦員)
 この方、「空母雷撃隊」を著した金沢秀利さんのバディです。新機を受け取るときにテスト飛行は長時間で辛いからと金沢さんらに断られ、主計課に人の重量の代わりになる砂袋をもらいに行ったんですが、ここでも断られ、ならばと主計科の主任クラスをふたり乗せたテスト飛行で艦攻ではギリギリのアクロバットをやって、重症の飛行機酔いに追い込んだそうです。
 他にも郷土訪問飛行で手袋に自分の卒業年度と名前を書いて学校に落としたりとか、歴戦の艦攻パイロットにしては茶目っ気のある方です。
 「『千歳』乗組 母艦整備屋マリアナ奮迅録」安部井稠也(653空整備員)
 安部井さんはこの他レイテ沖海戦で「瑞鳳」の艦攻天山を担当した記事もあります。マリアナでも、千歳で天山の整備を担当しています。飛行甲板180メートルの千歳で天山はギリギリだったそうです。
 レイテ海戦時、瑞鳳の搭載機は零戦8,天山5,爆戦4も実働17機。
 「瑞鶴発 彗星艦偵レイテ沖の歓喜と慟哭」中野宏(653空偵察飛行隊操縦員)
 レイテ沖海戦で敵機動部隊発見触接の重責を全うした瑞鶴発彗星艦偵のパイロットの手記。生きてたんですね・・・日本が優勢のときですら、触接機はたいがいやられていますから。何度も敵機に襲われながらも奇跡的に逃げ延び、燃料尽きてフィリピンの小島に不時着したそうです。この体験の他にも、航空戦艦「日向」で彗星のカタパルト発射の飛行実験をした非常に興味深い体験も寄せられています。


 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

まだコメントはありません

へろへろ  

はじめまして。
陸海問わず、旧日本軍の戦記物を読み漁るのが好きで、
いつも参考にさせていただいてます。
今回の母艦航空隊も購入してみたいと思っています。
山下さんの郷土訪問飛行のエピソード、微笑ましいですね。
この記事の一文を読んだだけで、ニコニコしながら手袋を落とす若者と
歓声を上げて駆け寄る人々の姿が目に浮かびました。


2017/06/09 (Fri) 13:14 | REPLY |   

焼酎太郎  

Re

へろへろ様 はじめまして。
コメントありがとうございますm(_ _)m

参考にしていただいているとは、お世辞にしても
これほどうれしい言葉はございません。
おそらく、へろへろ様のほうが私の何倍も詳しいことでしょう。

ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

2017/06/09 (Fri) 22:13 | REPLY |   

Leave a comment