酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「住友銀行秘史」國重惇史

 住銀の闇は日本の闇。

 カネはいったん借りてしまえば借りたほうが圧倒的に強い。
 銀行も調子よくばんばん融資をしていたくせに、いざ相手が不渡りを出しそう、つぶれそうということがわかると、地上げ屋、仕手筋のようなところに日本の一流銀行が融資をし、挙げ句につぶれてしまったという体を世間にさらしたくない。
 そこで追い貸しをする。借りる側もそれを利用してカネを引き出す。
 闇の勢力はまるで住銀を財布のように使ってカネを引き出していたわけだ。


 面白かった。読みだしたら止まらず、一升瓶を傍らに空が白むまで読んだ。
 下手なエンターテインメント小説、いや上手なのよりもよほど面白い、迫真の経済事件ノンフィクションです。
 といっても私は前に「イトマン事件の深層」という本を読んでいて、本書の内容であるところの戦後最大の経済事件といわれる「イトマン事件」の概要を知っていたからこそ面白かったのかもしれません。土台が出来ていましたからね。
 本書はいわば「イトマン事件」の主な舞台である住友銀行の内部のネタばらしであるので、事件のことをまったく知らない方が読んでも醍醐味は薄れるだろうなあ。しかし、ぜひとも予習をしてチャレンジするべきだと思います。
 本書にはそこまでする価値があると思います。

 イトマン事件というのを、私なりにざっくり言いましょう。
 伊藤萬というのは繊維を扱う中堅商社で、経営不振に陥り、メインバンクであった住友銀行が人員を送り込み、経営を再建しました。このとき、社長として送り込まれたのが、住銀の天皇と言われた住友銀行の磯田一郎会長の腹心の部下であった、河村良彦常務でした。
 余談ですが、河村常務は確か高卒であったと思います。住銀は実力主義の銀行であり、他にも高卒の取締役がいます。
 イトマンは、河村ワンマン体制のもと、多角経営に乗り出し、不動産に大きく注力しました。時はバブル景気の頃です。
 これが一時の成功の種であり、破滅の種であったと言えるでしょう。
 イトマンは不動産取引を縁として、闇の勢力に取り憑かれることになります。
 取り憑いたのは、自称不動産のプロである詐欺師・伊藤寿永光と在日韓国人フィクサーの許永中。
 ここが一番の謎なのですが、河村イトマンは怪しげな伊藤寿永光を会社の取締役として雇用しました。まさに獅子身中の虫となることも知らずに、こんなにあっさりと騙された。海千山千の住銀の遣り手バンカーがですよ。
 裏で何があったのか。これは今でもはっきりとしていません。
 磯田会長の娘さんの黒田園子さんは画商をしており、伊藤寿永光や許永中は絵画を高額で買っていました。
 後にこの絵画取引は、検察による捜査の突破口となるのですが、これが事件の発端であるのか経過であるのか判然としません。まあ、私は詐欺師にかかわらず強引に人間関係を求める人間がよく使う手口ではあると思う、身内を攻めて恩を売るというのはね。
 で、伊藤寿永光のやることは万事が絵空事の不動産取引で己のためにイトマンのカネを湯水のように使ったわけです。当然、バブルは弾けますからカネは足らずに親である住友銀行からも引っ張ってきました。すっかり河村社長も取り込まれており、住銀は身内である河村の言う通りろくに審査もせずにカネを融通していました。気づいたときには手遅れでした。結局、住銀は5千億円くらい騙し取られていたのです。
 住銀の内部の有志が「これはやばい」と動き出したのが1990年3月からで、磯田会長が辞任し、1991年1月25日に河村イトマン社長が取締役会議で電撃的に解任され、7月に河村元社長、許永中、伊藤寿永光らが逮捕されました。
 これが極めてざっくりですが、イトマン事件の一連の流れです。

 本書は、この一連の事件の流れで住銀内部に何が起こっていたのかを白日のもとにさらした暴露本です。
 事件から半世紀経って関係者の多くが物故したからこそ、世に出せた本です。
 ただの暴露本ではありません、著者は住銀内部で事件を至近距離から見ていた人物です。
 いや見ていただけではありません、陰の当事者であり、事件を大きく動かした内部告発者です。
 著者こそが、「あれは誰だったのだろう」とずっと正体不明であった大蔵省やマスコミ、銀行関係者に怪文書を送りつけて事件を明るみにした“X”の張本人であったのです。本来ならば墓場までもっていくはずの秘密でした。
 それだけに読み応えがあった。
 行内での権力闘争、陣取り合戦などイトマンを巡る状況は一刻の猶予も許されないのに、銀行内部では己の保身に汲々とする生々しい人間の性(さが)が描かれ、その体たらくに著者の熱い怒りが湧き上がります。
 河村社長電撃解任の下りは、思わず手に汗握った。
 それだけに、一見、調子のいい著者の書きっぷりも、ラストのオチを見ればしみじみとしてしまう。
 まるで半沢直樹のようだと思ってしまいました。
 これがもし、万が一著者が住銀の頭取にでもなっていたら、明かされることのなかった話なんですけどね。
 悪いヤツは当然追い出されると同時に、銀行のためとはいえ、あまりにも頑張りすぎた人間もけっして浮かばれることがなかったという。これが現実なんですね。
 結局、あとがきに書いてある通り、あまりにも頑張りすぎた著者は出世のハシゴを登ることはできませんでした。
 でも、著者はいま70歳過ぎですか、笑いながら臨終できると思います。それでいい。羨ましい。
 
 闇を覗くものは、闇に覗かれている。




 
 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment