酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「何者」朝井リョウ

 想像力が足りない人ほど、他人に想像力を求める。
 他の人間とは違う自分を、誰かに想像してほしくてたまらないのだ。


 第148回直木賞(2012年下半期)受賞作です。
 5年も前ですか。
 深夜のラジオを聴いていて、「なんだ朝井リョウは変態だったか、キモ」と思って読む気が失せていました。
 もっともそれは本作が出てからずっと後のことで、朝井リョウの記念すべき直木賞受賞作を今まで読んでいなかったのは、本作が就活を題材にしたものだということを知っていたからです。
 私、学生時代に就活で一度、大恥をかいたことがありましてね。
 それが今もトラウマになっています。面接で大失敗をしたのです。
 おそらく、今も就活と聞けばあのとき同じグループで面接を受けていた連中は、私のことを思い出して失笑しているはずです。
 もっとも、その会社は盛大に倒産してしまいましたが・・・
 それに私の学生時分は超就職氷河期の時代でしたから、会社も強気でしてね、就活にいい印象の思い出はありません。ですから、本作が就活を題材にしていると知った時点で、嫌なことが甦り、すっかり及び腰になってしまっていたのです。

 いざ、読んでみると、想像していたのとは違いました。
 朝井リョウのことだから、青春小説の延長線上で爽やかな就活ドラマを描いているのではないかと思っていたのです。
 ところが、実際の就職活動の現場なんて少ししか書かれていませんでした。
 どちらかというと、就活に臨んでいる人間の背景や裏側にスポットを当てた硬派のヒューマンドラマでした。
 そして、ミステリー小説だったのかと思えるほど、ラスト辺には想像もつかない大きな驚きがありました。
 これはまったく予想もできなかったブラックな展開で、さすが朝井リョウやるじゃんと唸りましたわ。
 少し掘り下げに雑なところもありますが、読まず嫌いしていたことが悔やまれるくらいの、問題作でしたね。
 
 主な登場人物は、えーと、6人。同じ大学で、おそらくみんな齢は同じだと思います。
 バンドマンで金髪を真っ黒に染め直して就活に挑む、光太郎。
 光太郎とルームシェアをしており、演劇をしていた拓人。瑞月に片思い。
 アメリカ留学から帰国して就活に臨む、瑞月。光太郎の元恋人。
 瑞月の友達で、光太郎と拓人のアパートの上階に住む理香。
 理香の同棲している彼氏で、一見就活から距離を置いている隆良。
 そして大学を退学して好きな演劇の道に踏み込み、就活などまったく関係ないギンジ。
 就活を巡って、繰り広げられる彼らの人間ドラマ。
 想定外でしたが、かなりブラックな方向に進んでいきます。
 叙述トリックなので、作者の意図には気づきません。
 SNSの発信がキーポイントですね。6人ともやってるし。
 おそらくSNSの広がりが、作者がこの作品を創作するきっかけになったのではないですか。
 表面に現れるのは文字だけで、現実にそれを書いている人間は何者なのかという。
 ここで、この作品のテーマが実は就活だけではなく、SNSでもあったことに気付かされるのです。
 就職活動もある意味、自分をどんどん偽って、自分自身ではない何かが憑依するみたいなものですからね。
 SNSにしても、まあ、フェイスブックはリアルだけど、ツイッターやブログは覆面だからね。
 表面に出される情報だけを追っていくと、本当のことが埋もれていきますから。
 理香は「うざ、落ちろw」と思いながら読んでいましたが、まさか拓人がこんなだとは思いもよらなかったです。
 このふたりが、どうして内定を勝ち取ることができないのか。
 それはおそらく、不器用というよりバカだからじゃないでしょうか。
 私は現実にそうでしたが、友人がいいところに就職できれば、「いい金づるができた」と喜ぶべきです。
 人生に勝ち負けなどありません。


 
 

 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment