酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」村上春樹

 えーと、どこから書いたもんですかねえ。
 ざっくり、あらすじから?
 それとも、すっぱり感想から?
 うーん(ー_ー;)
 まあ、下巻はまだ読んでいないわけだし(読まない可能性おおいにあり)、まずはあらすじですかねえ。

 読む前に多くの方が気になるのはおそらく、「騎士団長殺し」というタイトルでしょうね。
 これ、絵の題名ですわ。
 もっと詳しく言うと、モーツァルトのオペラの中にあるシーン「騎士団長殺し」からタイトルをとった絵画です。
 つまり、オペラのほうはノンフィクションで、絵画のほうはこの小説のフィクションということです。
 で、この「騎士団長殺し」という絵を見つけたのが、本作の主人公で語り手である36歳の画家。
 彼は、肖像画を専門に描いています。肖像画は権力者に需要がありますし、彼はその方面では有名でした。
 彼は、6年間結婚生活を送っていた妻と離婚することになりました。
 彼は広尾のマンションを出て、美大の同級生である友人から、小田原郊外の山の上の一軒家を借りることになります。
 この山の一軒家、友人の父親が住んでいた家で、その父親は著名な日本画家でした。
 主人公の画家は、この家の屋根裏から、「騎士団長殺し」というタイトルがついた絵を発見します。
 この絵は、人目のつかない場所に隠されていたのですね。
 さらに謎があります。書いたのは友人の父親である有名な日本画家で、絵に描かれているのは飛鳥時代頃の人間が人を殺している場面なのですが、「騎士団長殺し」というタイトルは日本画にふさわしくありません。騎士団長というのは、明らかに西洋の役職ですからね。
 主人公が調べてみると、くだんの日本画家は、若い頃は洋画家であり、1936年から39年にかけてウィーンに留学していたことが明らかになりました。ところが、帰国するなり、突然彼は洋画から日本画に宗旨変えをしていたのです。
 戦後日本画家として成功した彼は、この絵を描き、発表することなく、屋根裏に隠していたのです。なぜ?
 彼が留学していた時期は、ナチスドイツがオーストリアを併合した時期に重なっています。
 主人公は、おそらく留学していたときに体験した事件を、日本画にすることによって暗喩としたのではないかと推測します。
 この絵の謎は、第2部に引き継がれますが、さらに物語を彩る謎があります。
 この山の上の家の谷間を挟んだ向かい側に、瀟洒な大邸宅があるのですが、そこに住んでいる免色渉なる謎の富豪と、主人公は肖像画の製作以来を契機として、関係を持つようになります。
 免色なる紳士はあらゆる面が謎であり、彼の邸宅にあるとされる“開かずの間”や、実の娘ではないかとされる少女との関係なども、第2部へと誘う動機になるかと思います。

 あえて、石の塚の下の鈴には触れないでおこう(笑)
 イデアというのは・・・西洋哲学の言葉のようですが、なんだろう。共通意識みたいなものでしょうか。
 それこそ即身成仏になったカラカラの肉体から抜け出した魂のような、目に見えない意識みたいなものでしょうか。
 ちょっと難しいね。イデアは騎士団長の姿で顕れますが、あれは仮の姿ですから。
 結局、冒頭で出てきた顔のない人物、それこそアフターダークを思い出させるような、あの絡みは肖像画家である主人公が人間の内面を露わにして描き出すことと、内面がまったくない空っぽのイデアとの対比になっているのではないでしょうかね。
 内面が空っぽならば描くことができないという。イコール顔、外見は仮の姿ということでしょうか?
 地上と地下にも通じます。「騎士団長殺し」の左下の謎の人物は地下から地上を覗いているのでしょう。
 まあ、第2部を読んでいないのでなんとも言えない。偉そうなことは言えない。
 でも、ひとつだけ勝手に予測するならば、免色が見ようとしているのは秋川まりえではなく、叔母さんのほうではないですかね? 彼女は何かある気がする。それだとちょっと気色悪くて、興味ひかれるけど、どうだろう。
 読むかなあ、どうしよ。
 はっきり言って、「海辺のカフカ」や「ハードボイルドワンダーランド」からしたら落ちますわ。
 「1Q84」と同等くらい? 「色彩のない多崎(だっけ)」よりは面白いと思います。
 なんか、昔のこの方の作品は、それこそ未知でありながら上質の音楽のように滑らかで刺激的でしたけども、今は妙にノイズが多いように思いますわ。読んでいてちょっと引っかかる部分があると言いますか。滑らかではありません。
 テーマは変わっていないと思うんですけどね、一連の流れの中の文章と文章のパッキンおよび潤滑油みたいなものが、少しずつ不協和音していると思います。
 まあ、私なんかが偉そうなこと言えないんですが。
 偉そうなこと言ったんだから、次も読まなきゃダメかな。


 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment