酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「落日の残像 最後の母艦航空隊」野村泰治

 著者の野村泰治氏は元NHKの著名なアナウンサーで、フリーになってからも帯番組の司会をしていたそうです。
 残念ながら2002年に亡くなっており、世代の異なる私も彼の番組を観たことはありません。
 大正11年生まれの彼は、昭和18年12月中央大学法学部在学中、学徒出陣で海軍に入隊しました。
 第14期海軍予備学生です。
 母艦航空隊であった653空に配属され、海軍随一の武勲艦である正規空母「瑞鶴」に乗り組んで捷一号作戦に参加しました。昭和19年10月25日午後2時14分に「瑞鶴」はアメリカ艦載機の猛攻を受けて、ルソン島エンガノ岬沖に沈没。
 著者は、3時間半漂流の末、救助されました。
 本書は、著者の壮絶な体験を元にした、かぎりなく事実に近いフィクションの読み物です。
 いつか自分の体験を書きたいと思っていた著者は、当初、資料を集めて生存者にインタビューし、ノンフィクションスタイルの戦記にするつもりだったそうですが、いざ書くとなると、どうしても時空の壁の厚さを感じて書くことができなかったそうです。
 記憶の前後がまったく欠落している、とあとがきには書かれています。
 それほどまでに、戦前の学徒出陣で参加した戦争と、戦後のアナウンサー生活では差があったということでしょう。
 仕方なく、著者は海軍報道班員中塚信夫など架空の人物を物語風にして登場されることにしたのです。
 しかし、それでも随所に著者の記憶に残っていた真実としか思えないようなことがたくさん書かれています。
 そりゃそうですよ、あの「瑞鶴」が沈むまで乗っていたんだから。
 真珠湾攻撃に参加した最後の正規空母「瑞鶴」が沈んだ時に乗っていた方の戦記を読んだことがありません。
 そういう意味では、フィクションが混じえられているといえど、本書はとても貴重なのです。

 読んでいる限り、著者はパイロットではなかったように思います。要務士だったのかもしれません。
 登場する中で似てそうなのは、台湾沖航空戦の前に653空に配属されましたが、訓練不足のために実戦には参加できなかったふたりの予備学生出身の少尉でしょうか。
 物語は海軍報道班員である中塚信夫が653空に従軍し、航空隊幹部や搭乗員と仲良くなり、台湾沖航空戦を経て、海軍機動部隊最後の決戦となった捷一号作戦に参加、空母「瑞鶴」に配乗しその最期を見届けるというものです。
 おそらく、著者自身の行程そのままだと思われます。
 海軍工廠の徴用女子工員との儚い恋や、航空隊員と潜水艦乗員の喧嘩、空母への着艦事故など本当のことだろうと思われるエピソードはたくさんありました。
 ある海軍参謀が「阿呆作戦(あ号作戦)の次は消耗作戦(捷号作戦)か」と言ったというのも、聞いたことないしうま過ぎますから、戦時中実際に聞いたフレーズだったかもしれません。
 「瑞鶴」の最期に関しては、一番詳しいのは乗っていた著者自身です。
 それだけに、多くのページが割かれ、迫力と臨場感がありました。
 機銃陣地にいた元銀行支店長の老兵から手紙を預かったというエピソードはどうかわかりませんが、貝塚艦長が総員退艦を命じたときに、「バカ野郎」とひとりの兵隊が立ちはだかったという話は、実際にいた人間でなければ書くことのできない生々しいエピソードだったように思います。
 また、これまで3回も乗艦が撃沈されたという特務士官の「退艦心得」も実話でしょう。
 抜粋して載せておきます。
 1.退艦命令の前に食物をとっておくこと。空腹では長時間泳げない。
 2.動きやすい程度に衣服を着込むこと。南の海でもすぐに身体の芯まで冷え込んでしまう。
 3.海に入ったら角材などに掴まり、無闇に身体を動かさず、なるべく大勢と一緒にいること。
 4.救助の艦が接近してきたとき、艦が完全に停止する前に垂らされたロープを握ってはいけない。弾みで握った腕が根元からちぎれることがある。
 5・海へ入る場合、艦が左舷に傾いたら、反対側の右舷から入るのが正しい。傾いた方からが入りやすいが、転覆のときに巻き込まれるおそれがある。海へ入ったら、すぐに艦から離れること。艦の沈没の渦に巻き込まれるから。
 6・正式な退艦命令が下る前に海へ入ると、敵前逃亡になる。

 実際には、著者は瑞鶴の傾いた方の舷側から海に入りました。瑞鶴は大きくて反対側だと海が見えなかったからです。
 艦と運命を共にした貝塚艦長の冥福を祈りながら、漂流し、幸運にも駆逐艦に救助されました。


 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment