酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「果鋭」黒川博行

 元大阪府警マル暴担刑事の堀内・伊達のコンビの活躍? を描いた痛快悪漢サスペンスの第三弾。
 前作のラストで終わったかと思いきや、まさかの嬉しいシリーズ再開となりました。
 複雑なストーリーもわかりやすく、文章にユーモアもキレもあって、本当に面白い物語になっています。
 黒川博行のシリーズ作品はやはり最長の「疫病神シリーズ」が有名で、他にも読んだ限りでは古美術シリーズがあるのですが、私的には、このやじさんきたさんのような堀内伊達シリーズが一番面白いのではないかと思っています。
 第一にキャラクターがいいですわ。
 伊達が特にいいです。身長180センチ体重95キロの元大阪府警柔道強化選手で、大食漢。頭が空っぽかと思いきや、随所にアドリブ的な冴えを見せるのです。奥さんは小学校の教師で娘がふたりいます。車は体格に似合わぬイプサムです。どちらかというと、ネガティブになりがちな堀内をキャラで引っ張っていくのが伊達です。本作の始まりもそうでした。
 彼がいるからこそ、やっていることはどぐされでも、この物語がカラッとした悪漢小説になっているのです。
 いないですからね、疫病神シリーズには伊達のようなのが。二宮みたいだと金にがめつい印象が先に立ちます。
 いつの日か、堀内や伊達が疫病神シリーズに降臨してもらいたいですね。
 神戸川坂会や内藤医院など重なっているバックボーンもあるので、そう遠くない将来にあり得るんじゃないかと思います。

 さて第三弾のあらすじ。
 堀内がヤクザに刺された前作のラストからおよそ8ヶ月後。
 結局、堀内は奇跡的にICUから回復しましたが、坐骨神経損傷の後遺症が残り、左足が不自由になりました。
 ステッキをついた堀内は六畳一間のアパートに閉じこもり、仕事、情報、金、女・・・あらゆることに意欲を失っていました。
 そこに現れたのが、かつて大阪府警所轄署で同じマル暴担のコンビを組んでおり、2年前に免職になった伊達です。
 伊達は変わらずに不動産競売会社ヒラヤマ総業の調査員をしており、耳寄りなシノギのネタをつかんで、堀内のもとにやってきたのです。それは最強のトラブルシューターのコンビとして堀内の社会復帰を促す意味合いもありました。
 シノギのネタは、堺のパチンコ屋がゴト師に脅迫されている事件の解決でした。
 ところが、事件の裏を探るうちに、パチンコ業界の思わぬ裏利権の構図が浮かび上がってきたのです。
 それは、ホール内の遊技機をコントロールするホールコンピューターを遠隔操作する不正やジェットカウンター(出玉計数機)の細工、メンテナンス業差を通じて不正の証拠を掴みホールオーナーを恐喝するゴト師の存在から、遊技業協同組合のポストを巡るパチンコ業界と警察の癒着と軋轢にまで及んだのです。はては殺人事件にまで・・・
 現役のころと変わらぬ仕事ぶりを発揮する堀内と伊達。聞き込みをし、情報を集め、分析して捜査方針を決定します。
 違うのは上司に報告する義務がないことと、経費が自腹だということ、下手すれば両手が後ろに回るということ。
 ですが、仕事を請けて仕上げたときは、手にする金の桁が違います。これはヤクザの稼業となんら変わることころのないシノギなのです。命を張っています。現役の刑事と元刑事の違いは、ヤクザが躊躇なく刺してくることです。
 はたして、今回もうまく巨額のシノギを手にすることができるのか、そして今回は五体満足でラストを迎えることができるのでしょうか・・・・!?

 はい。
 作者が今回のテーマとして選んだのは、パチンコ屋。
 全国に1万2千店あるといわれるパチンコ・スロット店ですが、最近はパチンコ人口が減少しているそうです。
 私はまったくやらないのであまりよくわからないのですが、それでもわかりやすくて楽しく読むことができました。
 ホールコンの遠隔操作や出玉機の細工もここでネタになっているということは、本当にあるのでしょうか。
 損するのは客ばかりなりけり(・∀・) 
 もっとも、パチンコ人口が減ったのは、勝てないだけじゃなくて携帯ゲームなど他に原因があると思いますけどね・・・
 それでもいっときのブームのときは、儲かったのだろうなあ。大卒の求人取ってたしね。
 間違いなく北の大きな資金源になっていただろうなあ。
 警察から天下りがあることもおそらく事実なのでしょう。
 ヤクザの守り料よりも安くつくし、新規出店などの調整もしやすい。
 そういう意味では、色々と考えさせられる小説でしたね。
 なお、タイトルの「果鋭」の意味は小説の内容と関係ありません。
 ジャケットは、おなじみ作者の奥さんで美術教師をしていた黒川雅子さんです。

 次回も期待しています。ぜひとも疫病神とのコラボを・・・


 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment