酒の肴は一冊の本。旅の友も一冊の本。活字中毒者の書評と読書感想文。

「イップス スポーツ選手を悩ます謎の症状に挑む」石原心

 イップス。
 聞いたことのある方もおられるかと思います。
 何を隠そう私もイップスに悩まされたひとりです。
 といいますか、恥ずかしながら本書を読んで初めて自分がイップスだったことを確信しました。
 ゴルフ、野球、テニス、卓球などボールを扱う競技の選手に多い謎の症状。
 イップスとは、何も考えずに当たり前にできていたスポーツ中の動作、たとえば野球のピッチャーが一塁に牽制球を投げる動作、ゴルフのグリーン上でパターを打つ動作、テニスや卓球のサーブ、これらが突然できなくなってしまう症状のことです。
 全力を使った運動ではなく、細かい筋を使うコントロールの必要な動作に伴って出現します。
 もちろん、身体の機能に異常や不調はありません。
 レントゲンやエコーにも何もうつりません。
 研究者の間で未だ疑問点が多く、原因や治療法も進んでいません。
 外国の論文によれば、ゴルファーの28%がイップス経験者だという説もあります。
 ずっと「メンタルが弱いから」と精神面のせいにされてきた、この謎の症状を、自らもイップスだったという著者ができるだけ解明し、治療法まで紹介したのが、本書です。まさに、画期的だと思います。

 高校球児で投手だった著者は、微妙な距離への送球ができなくなりました。
 捕手への投球は普通にできるのです。一塁線のバント処理をしたとき、投げることができないため、自ら一塁へ走りファーストに下手投げでトスしたそうです。大事にアウトを取りに行ったと解説されたそうですが、実は本人は投げることができなったのです。このような経験があり、早稲田大学のスポーツ科学部第一期生となった著者は、イップスを研究することになりました。
 イップスという言葉の由来は、「小刻みな震えや硬直の症状が起こり、その症状が、まるで仔犬の鳴き声(YIPS)のようだ」と名付けられたのが始まりといわれています。
 よくある例では
 野球・わずかな距離の送球なのに、ボールを地面に叩きつけて投げてしまう。
     急に動きがぎこちなくなり、簡単な打球処理なのにエラーしてしまう。
 ゴルフ・身体が縮こまって、いつもとおりのスイングができなくなってしまう。
      非常に簡単なパターなのに、極端に強く、あるいは弱くうってしまう。
 などがあり、使用するボールが小さいほど、発生確率が増えます。
 野球のほうがソフトボールよりも多く、ハンドボールでは例がありません。
 イップスは突然起こります。しかし、それにはきっかけがあります。
 目の前の状況を、「絶対に失敗してはいけない」と認識することで起きることが多いのです。
 一度起これば、脳の経験則に組み込まれるために、また起こります。不安が不安を生んでしまうのです。
 イップスは、不安症の一種です。
 経験あるスポーツ選手が当たり前にできていた一連の動作、パッケージ化(自動化)されて無意識のうちにできていた動作が、緊張などの不安を感じすぎたことにより、脳が過剰に運動調節をしてしまうことがイップスの正体です。
 無意識でできていたのに、緊張のために意識的な運動調節が入ることで脳がパニックになってしまうのです。
 例えるならば、いきなり動画をブツブツ切ってコマ送りにしたような状態とでもいえますか。
 思い当たる方も多いのではないでしょうか。
 逆に経験したことない方は、何のことなのかさっぱりわからないでしょうね。
 人前で字を書くときに震えが止まらなくなる「書痙」という症状も、イップスと関連づけることができるそうです。

 さて、治療法。
 脳を起因とする不安症なので、脳を安心させてやる、脳の意識を他にやることでイップスを発生させないようにします。
 ネタバレなので詳述できませんが、声を出す、口角を上げる、重いボールを使うなど方法があります。
 興味ある方は読んでみてください。



 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment