「ストールン・チャイルド」緒川怜

 うーん、どうかなあ。
 ちょっとズボラ(主人公の刑事と犯人の出会いなど)なところがありますけど、作りは真面目なミステリー。
 2時間サスペンスドラマ風。
 他が複雑すぎるので、逆にあまり目につきませんが、主人公と犯人の出会いは奇跡的であり、どうやって真犯人がそれを仕組んだのかずっと気になっていましたが、結局、世にも不思議な偶然の一致だったということで・・・
 まあ、それは別にいいんですよ、本書でもシンクロニシティーがカギとして触れられていますし、偶然の一致があったからこそ事件というのは起きる場合があるのですから。ですからまあいいでしょ。
 一番の問題は、話が多岐にわたるのでややこしいこと。
 導入はね、これ平成9年に実際に起きた保土ヶ谷事件と呼ばれているものです。
 交通事故を起こして路上の車内で人事不省に陥っていた男性が、警察から酒酔いだと思われてほっとかれて死んだという。
 その事実を隠すために警察は、監察医を抱き込んでしてもいない司法解剖をやったことにしたり、次々と嘘を塗り重ねて失態の真相を隠そうとしました。本作に書かれている通り、実は死んだ男性は警察署の留置場で死んだという話もあります。
 怖い話ですよ。
 いっそのこと、「保土ヶ谷事件」を導入に使うだけではなく、これで全体を作ったら良かったのに。
 そうしたら、話のわかるキャリアの刑事部長も存在が活きただろうし(途中からまったく存在感がなくなった)、神奈川県警と警視庁は仲が良くないですから、それを使って警察組織内の仁義なき戦いを加味したミステリーにしてもよかったんじゃないでしょうか。
 本作を通じて一番引き込まれたのは、人質立てこもり事件です。
 あそこが一番迫力がありましたし、あそこに至る経過と前後が本作では唯一秀逸と言える場面でした。
 ですから、作者が他にどのような作品を書いていらっしゃるのか、私は不勉強なのですが(つまり本作初見)、ああいったアクション込の警察サスペンスを書かれるのであれば、また読んでみたいと思います。
 強引にネタを貼り継いだり繋げたりする“無理やり”ミステリーはもういいかと。
 書いている作者は理解できるでしょうが、読む方は大変です。二度盗まれたといってもね・・・
 ただ、本人が思っていた本人ではなかった、というオチだけは新鮮でした。
 なるほど、あり得るんだよね~、産婦人科で赤ちゃんが盗まれる事件は昔、ありましたから。それを二度、にするからややこしくなるのです。

 まあ、別にいいのですがひょっとしたら続編の可能性もあるので、申し訳程度にあらすじ。
 外岡渉は、神奈川県警本部捜査一課で、コールドケース(未解決事件)を担当する特命二係の刑事。
 結婚して10年になる妻を、暴走事故の巻き添えで失ったばかり。
 妻との最後の会話は、苛立った外岡の一方的な暴言だった。それが深い後悔となって彼を苛んでいる。
 仕事にならないので係長から休暇をもらって、朝から酒を飲んでいた、そんなとき。
 顔なじみの蕎麦屋の主人が、ぜひに話を聞いてくれとやって来た。
 去年車中で急死を遂げた主人の父親の件で、不可解な事実が判明したというのだ。
 警察の見解では、父親は深夜の路上の車の中で心筋梗塞を起こして突然死したということになっていたが、最近知人がその模様を目撃していたことが明らかになり、突き詰めていくと、死因の判断がなされた司法解剖は実は行われていないことが判明したという。
 父を発見した地域課の警官は、車中で意識を半ば無くしている父親を酒に酔っていると勘違いして救急車を呼ばなかった。ばかりか、実は管内の保土ヶ谷警察署に連れ帰り、翌朝、留置場内で冷たくなっているのを発見したのだった。
 失態を隠そうとした保土ケ谷署は、署長によるトップ判断で司法解剖が行われたことにして、父親の遺体を車に戻し、車中での急死を偽造したのであった。
 同じ警察官として憤りを感じた外岡は、この事件の真相追求に乗り出す。
 するとさらに殺人事件の疑いが濃厚になったばかりか、この“事件”には1976年混迷のアルゼンチンを発端とする驚くべき事実が隠されていることに気づくのである・・・

 わかりにくいところですが、凛々子がなぜ自分が池永夫妻がアルゼンチンから奪ってきた子供だったと勘違いしたかというと、彼女は池永夫妻が咲子を奪われた事件の前後の鳥取の事件の存在を知らなかったためです。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示