「火星に住むつもりかい?」伊坂幸太郎

 君がどう考えようと、それだけ不満があろうと、今のこの社会を生きていくしかないよね。
 ルールを守って、正しく、気に入らないなら、国を出ればいい。
 ただ、どの国もこの社会の延長線上にある。日本より医療が発達していない国もある。
 薬もなければ、エアコンもない。マラリアに怯えてばかりの国だってある。
 この国より幸せだと言えるのかな。それとも、いっそのこと火星にでも住むつもり?


 久しぶりの伊坂幸太郎。
 私が一番嫌いな作家です。一行読めば虫酸が走るほどです。
 本は好きなものだけを読んでいればいいのではありません。
 年に一冊は自分の嫌いなものを、隅から隅まで熱心に読んで鳥肌を立ててこそ、勉強になるのです。
 自分の感性に変化がないか、わかるのです。
 言いながら、去年は読んでないかな。だめじゃん(・∀・)
 もう、この方の何が嫌いっていっても、どこなのかわからないくらい、虫が好かない。
 猫が嫌い、犬が嫌いというのに似ているかもしれません。
 好きな人にとっては、どこがどう嫌いなのか理解できないでしょう。
 私はフワフワにゃんこ好きにできてるので、猫が嫌いという人のアンテナがいまいちわかりません。
 同じように、伊坂幸太郎というと、日本を代表する人気作家といっても過言ではありませんから、嫌いな人よりも、好きな方のほうが断然多いはずです。
 しかし、私は好かない。仕方がありません。
 本作を読んでも、「ああ、まぎれもない伊坂幸太郎だ。イヤだ」と改めて思いました。
 そして安心するのです。やっぱり嫌いだな、と。嫌いなものは嫌いだったと、心が落ち着くのを感じるんですね。
 嫌いなものが好きになってたらドキッとしますから。恋じゃあるまいし。
 まあ、こんなこと言いながら、何が気に食わないか、ある程度はわかっているのですけどね。
 本作もそうなんですが、テーマはともかくとして、シリアスさがないのですよ。
 これだって平和警察とかね、戦時中の特高警察みたいで、非常に気色悪いというか問題的なテーマでしょ。
 だから書く人によっては、ストーリーから目が離せないシリアスでサスペンスフルな物語になるはずなんです。
 ところが、この方が書いたら、間が抜けてるというか、どことなくコミカルになってしまうんです。
 といっても、笑わせようとかそういうのではありません。
 強いて言うなら、オシャレかな。そう、オシャレにしてしまう。もう、虫唾が走るよね、私的に。
 道尾秀介は、あの方も最近は面白いのを書いていませんが、暗い暗いほうに持っていきますよね。
 だけど、まだ私的には道尾秀介が好きだな。伊坂は大嫌い。
 これはもう、個人的な価値観、いや趣味の問題かなあ。

 もう、あらすじなんてどうでもいいんですけどね。
 舞台は、仮想的日本。あるいは近未来でもいいかな。
 安全地区という制度があって、防犯的な平和警察という組織が持ち回りで各自治体に置かれるんですね。
 この平和警察というのが、ミソでして、あたかも戦前の特高警察のような恐怖組織なのです。
 市民から密告を受け、容疑者を連れ去り、拷問に近い尋問をして、公開処刑してしまう。
 社会の治安を守る、平和を守る、はあくまでも名目に過ぎす、国民の不平不満に対する生贄の魔女を見つけ出せればそれでよかったのですが、なんとそれだけにとどまらずサディスティックな警察官の娯楽になってしまいました。
 テロ組織と繋がりがあるような危険な人物が危険人物となって平和警察に連れ去られるのではなく、危険人物だと指差された人間が危険人物となって、サドの警官に拷問され、嘘の自白をして処刑されてしまう社会。
 もう、無茶苦茶ですわ。
 と、そこに異様なヒーローが現れるのです。
 安全地区制度の順番が回ってきた仙台で、平和警察の公務を妨害する謎の男。
 上下ひとつなぎの黒いライダースーツ、黒の帽子、大きなゴーグル、そして怪しげな武器。
 彼は、平和警察によって勾留され拷問を受けていた良識派の市民たちを、署内に突入して救出しました。
 たったひとりで。この男は何者か?
 事態を重く見た警察庁は、警察官絡みの事案を担当する特別捜査官の真壁鴻一郎を仙台に派遣するのですが・・・

 はい。
 要は、平和警察の生みの親でトップの薬師寺警視長を更迭すること。平和警察自体の解体ではありません。
 何事も、トップの人間の人格で組織は変わります。
 平和警察みたいな諜報機関は、世界各国に実在しています。いや、日本の警察だって、ここまではいきませんが、権力的にけっこうなものですよ。正義とは、見方によりますからね。
 火星に住めるわけありませんから、その社会で生きていくしかないとすると、ほどほどの適応とほどほどの努力が必要です。
 最低限、恐怖社会と共存し、最大限の努力で社会の仕組みを変えていく冒険が必要ということですね。
 本来なら面白いテーマなのですが、何事もオシャレにしたい作者が台無しにしてしまった、惜しい小説でした。


 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 藍色 - 2017年06月23日 07:08:14

最後まで純粋に楽しめました。
物語を通じて、読者に対して伝えたいメッセージのようなものも読み取れましたし、
実際に考えさせられもしました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

トラックバック

粋な提案 - 2017年06月23日 06:56

「火星に住むつもりかい」伊坂幸太郎

この状況で生き抜くか、もしくは、火星にでも行け。希望のない、二択だ。 密告、連行、苛烈な取り調べ。 暴走する公権力、逃げ場のない世界。 しかし、我々はこの社会で生きていくしかない。 孤独なヒーローに希望を託して――。 らしさ満載、破格の娯楽小説! 住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる―身に覚えがなくとも。交代制の「安全地区」と、そこに...

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (27)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示