「イノセント・ゲリラの祝祭」海堂尊

新たに彦根新吾という人物が登場します。
ある意味でこの物語の主人公であり作者海堂尊の分身でもあるこの男、房総救急救命センターの病理医をしているのですが、なんと過去では「雀荘すずめ」で田口、島津、速水と卓を囲んでいた東城大医学部の後輩です。

どこまで拡がっていくのでしょうか、この海堂ワールドの世界は……
いい加減ややこしくなってきたような気がします(笑)
さて、本作「イノセント・ゲリラの祝祭」は、ここしばらくブラックぺアンやひかりの剣といった派生作品を読んでいた私にとって久しぶりの「リアルタイムの桜宮」です。
高階は50歳半ばで東城大附属病院の院長、田口は不定愁訴外来で講師、速水はスキャンダルで極北救急救命センターに左遷、ホワイト・サリーという新病棟が建設中、これが現在進行形です。
ブラックぺアンやひかりの剣は過去に還り、医学のたまごに至っては未来に跳ぶのでややこしくなるのですね。
時系列はあくまでも、バチスタからこのイノセントゲリラの流れが正規であり、ジーンワルツ、螺鈿迷宮も同軸です。読む順番を間違えれば、混乱すること必至です。
本作も作者のノンフィクション「死因不明社会」に沿った形の物語なので、私も事前に読んでおいたのですが、ひょっとしたら読まなかったほうが本作を楽しめたかもしれないと少し後悔しています。
あまりにも「死因不明社会」そのままの部分が多くて、物語の流れが想像できすぎました。
そのぶん今の日本の死亡時医学検索の大いなる問題点が頭に刷り込まれてしまいましたが。
また、「死因不明社会」ではわかりにくかった法医学(司法解剖)と病理学(病理解剖)の関係が小説になったおかげでわかりやすかったと感じました。どうして両者がうまくいかないのかも何となく理解できました。
「死因不明社会」を読んでいるかどうかで本作の読後感は大きく異なってくるでしょう。
そしてその良し悪しは読者個人によっても変わってくると思います。
そのほかの感想として、冒頭で述べたように作者の言いたいことを彦根に喋らせているのですが、ちょっと大げさな感じがしてピンときませんでした。会議の雰囲気も漫画然としていましたし。
もっとシリアスでドラスティックな展開であればよかったのですが。
あと、「螺鈿迷宮」の時風新報桜宮支所社会部主任・別宮葉子、「ナイチンゲールの沈黙」の警察庁警視正・加納達也が久しぶりに登場します。
医療小説はやはりメスがキラッと光らなきゃ締まらないのかなぁ。



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示