「ボクの大東亜戦争」萩谷朴

こういう戦争もあったのか、と思えるほど風景の違う第二次世界大戦の戦記です。
著者は日本古典研究の第一人者であり大東文化大名誉教授であった故萩谷朴先生。
二松学舎で教師をしているときに二等兵として召集されスマトラで従軍した三年半の青春の記録です。
当然ですが、写真が残っていないのが残念です。しかし、著者は「花便り」としてハガキに現地で求めた色鉛筆で植生を写生し内地の家族に送っていたのが現存し、本の表紙裏と裏表紙裏にはそれらが掲載されています。いかにもエリートの学者らしいですね。14メートルのワニを見た話もあります。

さて、風景が違うと書いたのは、戦闘の場面がほとんど出てこないからです。わずかに、敵機との遭遇があったくらいで、スマトラという地がアメリカの進行ルートには関係がなく、戦闘らしい戦闘もないままに終戦を迎えたからなのですね。しかも、資源の豊富な土地でもあり衣食には何不自由ない楽園のような場所でもあったのですね。もちろん原住民たるイスラム系のアチェ人と華僑、支配者たる日本軍、問題も多くあったようですが、少なくともマライ半島など他地域よりは支配被支配関係もおおむね良好であったようです。
著者が衝突するのはほとんど軍の上司ばかりなんですね(笑)こっぴどく殴られる場面もよく出てきます。
なんせ正義感が強いというか、名家のぼっちゃんらしくきかんきも強く、夫としての貞操も頑なに守るジェントルマンであるがゆえに、日本軍というか人間の横暴さが我慢ならないのですね。まさに、萩谷朴という一地球人がたったひとりで戦っていたと言えるでしょう。だから面白いんです。終戦後、復員船で外地を離れるとき、白人が「ゲラウト、ジャップ!」と叫んでいるのを見て「バカヤロー」と怒鳴り返せる人ですからね。

配属していたのは主に野戦倉庫という軍の生産管理部みたいなところです。木材や塩などを現地人を使役して生産、管理、運搬するのですが、まさに八面六臂の活躍、たぶんこの人は学者でなく貿易業など実業の世界に身を置いても大成功したでしょうね。アチェ人や華僑との関係でも決して偉ぶるところもないし、言葉も覚えて人間つきあいをするので尊敬され、大事にされ、前任者から現場を引き継ぐや生産量は跳ね上がるんですね。そのくせ、上司に嫌われているので軍内での出世は縁がなく、三年半の間、ほとんど一等兵として活動していました。ですから、面白いんです。
もっとも一番面白かったのは
「わくらばに 問ふ人あらば スマトラに 野糞垂れつつ 侘ぶと答へよ」
という短歌を詠んだところでしょうか(笑)
こういったおかしき青年たちが鉄砲を担いで外国で青春時代を送っていたことが、いまの日本人と大きく異なるところなんですよね。そして創られる国のかたちも違ったものになっていくんだろう、と思います。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示