「鍵のない夢を見る」辻村深月

直木賞受賞おめでとうございます*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
正直、私は貫井徳郎だと思っていました。けれども辻村深月が受賞したことはなぜか嬉しかったです。
この人の一生懸命さと優しさは作品を通して伝わってくるだけに、この結果はよかったと思います。
まぁ、この受賞作の出来に対する感想は別にしましてね。
とにかく直木賞は結果がすべてですから。どれだけ良作でも駄作でも選ばれたという結果がすべてです。
今までの作品の何倍、何十倍もの人間が読んでくれますからね。それこそ辻村深月ってなんて読むの?なんて人の方が多いだろうと思います。そういう人たちに次回の作品も読んでもらえるように、末永いファンとなってくれるように、作者にはこれからも創作に頑張ってもらいたいです。
まぁ、本作に対しての私の感想は別にしましてね。
第147回直木賞受賞作「鍵のない夢を見る」は、5篇の少しドキッとする短編で構成されています。

「仁志野町の泥棒」都会でもド田舎でもない町。1学年1クラスの小学校。3年生のときに転校してきた水上律子は、それまで毎年のようにこの近辺で転校を繰り返していた。その理由とは、彼女の母に関することだった。大人になってから偶然に出会った“りっちゃん”の背中を見て主人公の私はあの頃の光景を思い出す。警察に届けられない泥棒。田舎の優しさと残酷さがミックスされ読後に心がざらっとする一品。
「石蕗南地区の放火」笙子は36歳独身。短大を卒業して財団法人町村公共相互共済地方支部の正職員となり16年。県内の町村の公共の建物などの保険を扱っている。あるとき、笙子の実家の近所にある消防団の詰め所が火事になった。どうも放火らしい。被害の確認に向った笙子の前で張り切って指示を飛ばす男の姿があった。男の名は大林。38歳の役場職員で消防団のリーダー格の存在だった。笙子は最近まで彼にしつこく誘われていた。
「美弥谷団地の逃亡者」水着の準備もなく房総までやってきたふたり。陽次と美衣。ふたりは出会い系サイトで知り合った。どうして美衣は携帯電話も下着の替えさえ持ってないのか。団地に置いてきた秘密。驚愕のラスト。
「芹葉大学の夢と殺人」芹葉大学で工学部の教授の他殺体が発見された。容疑者である羽根木雄大(25)の元交際相手である二木未玖(25)は岩手県盛岡市のラブホテルの非常階段から転落し意識不明の重体。ふたりの間に起きたことの真相は?第64回日本推理作家協会賞(短編部門)候補作。
「君本家の誘拐」君本良枝は結婚して3年、欲しくて仕方なかった子供を授かった。しかし、ひとりで息抜きもなく新しい土地で娘の面倒をみているうちに徐々に彼女は育児ノイローゼになっていく。ある日、近所の大型ショッピングモールで雑貨を見ていた良枝の目の前から、娘の咲良の乗ったベビーカーが消えた。

選評や作者本人の談では5篇の物語は田舎という共通点があってどうたらと書かれているのを読みましたが、「石蕗南地区の放火」を除きそれほど田舎が意識できる作品であったとは思いません。むしろ面白いかどうかはともかくとしてプロットがしっかりとしていたので舞台となった田舎臭が消えかかっていました。
確かに、「石蕗南……」は山梨で同じような仕事を2008年までしていた作者自身の経験を踏まえてのものだろうと思いますが、すさまじい田舎臭がしましたね。でも私も田舎の消防団員ですが、ちょっと違うような気がするなあ。
それと最近読んだ「凍りのくじら」や本作の「美弥谷地区の逃亡者」と「芹葉大学の夢と殺人」でも感じましたが、この人、頭がおかしい男を描写するのが非常に巧いですよね?なんでだろ。これはちょっと謎です。でも、妙にリアルですよ、書かれている変な男は実際にいますよ。ああ、こんなんおるわぁといつも思いながら読んでます。
で、私の一押しは最終話「君本家の誘拐」。金原ひとみの「マザーズ」を思い出しながら読みました。
さすが作者自身も育児中だけあって生々しい。スーパーのレジ袋がこすりあう音は赤ちゃんに子宮内を思い出させるために夜泣きが止むとか、もうね。うるさいって怒鳴って小さな額をぺしって叩いたり。
子育ては大人数の田舎でするのが正解かもしれない、と書かれていましたが、その通りかもしれません。
姑やらおばあゃんやら近所の太ったおばさんやら三毛猫やらステテコのおっさんやらもいっさいがっさい動員して育児するほうが本来の姿なのかもしれませんよ。




関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 藍色 - 2015年10月20日 15:57:50

どれもありそうな事件に、ぐいぐい引き込まれて読み進みました。
読みやすく、あっと思うような展開の話もあって面白かったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

トラックバック

粋な提案 - 2015年10月20日 15:16

「鍵のない夢を見る」辻村深月

普通の町に生きる、ありふれた人々がふと魔が差す瞬間、転がり落ちる奈落を見事にとらえる5篇。現代の地方の姿を鋭く衝く短篇集 第147回直木賞受賞作品。連作でなく五人の女性の五つの物語で構成された短編集です。 とある地方都市に生きる女性たちの、ささやかな夢と日常を描いていく始まり方です。 ひきこまれやすい導入部分から、風景も描きやすく読みやすかったです。 人の感情の細かい部分をすくいあげ...

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (27)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示