「三千枚の金貨」宮本輝

久しぶりに読みました。
宮本輝の小説を・・・

すべて読んでいるわけではないのですが、個人的には「私たちが好きだったこと」という切ない恋愛小説が一番好きな作品です。優駿、流転の海、など秀逸な作品は数多くありますが・・・
久しぶりに読んでみた感想は、確かにこの作家独特のリズムというのでしょうか、メロディが優しいのですね。
だから、文章が読む人の心に沁み込んできます。
誰が書いてもうまいこといくものじゃ決してないでしょうね。
そして、よくあるこの作家のパターンとして中年でそこそこ格好のよいルックス、そこそこ会社で重要な役割を担っている、典型的でそこそこ幸せそうな家庭を築いている、という男が主人公となりますね。
で、その男より若干年下の見目麗しい女性が出てきます。たいていの場合、会社勤めではなく何かの仕事を持っていて自活しており金銭的にも恵まれています。
また、よく旅の場面が出てきます。本作の場合は主人公がシルクロードを旅する情景が頻繁に織り込まれています。
風の谷のナウシカのモデルともなったパキスタンのフンザの風景はとても美しく書かれていました
あとこの作家の小説で忘れてはならないのは小道具、でしょうか。
全体的に居酒屋やバーで長居して、たゆたうようなポワンとした雰囲気で物語は流れるのですが、そこで小道具をだしてスパイスをきかせるんですね。
ここでは、私が特に気になったのは「釣り忍」と「ゴルフ」かな。
ゴルフは思わず本を置き、立ち上がって書かれていることを確認しましたね。
残念なのは、それらの人間、旅の情景などの事柄や由郎という謎の人物、また三千枚のメープルリーフ金貨がうまく絡まずにどこか中途半端な印象が読後に残っていることですね。
素材はそれぞれ抜群なんだけど全体でみると、どうもいまいちな料理みたいな・・・

それとも私が久しぶりに読んだせいで味がわからなくなっていたのかもしれませんね。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示