「外事警察」麻生幾

面白いのか、面白くないのかわかりません。
ただ、確かであるのは、この作家は小説を書くのが下手だということです。
やたらとシーンが多いし、それがややこしく移りまくるし、伏線の張り方は数が多いだけで無駄だし。
あとがきによれば、初めからドラマの原作小説として書かれたものらしいので、そのせいもあるのかな。
けどNHKで放送された『外事警察』、主演の尾野真千子が好きなので観てましたが、筋がだいぶ違うような印象を受けました……まず、尾野真千子が演じた役は本作とは違いますね。彼女が演じた松沢陽菜はドラマでは外事課の刑事でしたが、本作では事件の筋に多少影響を与える三重県警の交通課婦人警官にとどまっています。
渡部篤郎が演じた住本健司、余貴美子が演じた村松官房長官については異論はありません、というより、読みながらこのふたりに関しては、それ以外の顔が浮かびませんでした。

ストーリーは抜群にいいだけに、筆が下手なのがほんと惜しい作品だと思います。
SAT(特殊急襲部隊)が豊和工業という日本の会社の対人狙撃銃を採用しているなんて初めて知りましたし。
核四重極共鳴システムとか、画像検知プログラムとか、ドイツ製の極秘ネットワーク端末とか、マドリッド・クラブという秘密情報サークルとか、どこまでが真実でどこからが想像なのかわかりませんが、あるいはそのようなネタもまるっきり架空ではないのだろう、と思えるのです。
なぜなら、外事第3課は本作とは大いに異なるとしても、実在する組織であり、現実に国際テログループを担当していますし、チルギスタン(架空の国)復興支援法を通した想像を絶する金の流れは現実にありえるし、権力闘争で日本の治安が左右されたりだとか、他の国を攻撃するために入りやすく出やすく物質も手に入りやすい日本がテロリストに利用されている、なんていかにも本当に“ありそうな”突飛な話なんですよ。
そういや、日本のカウンターテロリズム含む治安職員の名簿がネットに流出した事件があったような気もするし、物語の冒頭にあったSATの隊員が殉職する事件は、何年か前に実際にあった出来事ですよね。
怖いですねぇ。
うまい人がこのストーリーで書いてたら、きっと怖さも倍増したことだろうと思います。
世界中の治安機関が秘密に繋がって、世界を乗っ取ってやろうとしたらこれほど怖いものないです。
だって、肝心要の情報がすべて握られているんですからね。アメリカなんて実際、情報政治でしょ。

ラストはいかにも、いたちの最後ッ屁みたいな締まらない臭い終わり方でしたね。
謎は残ったままですし、有賀という警察庁警備局長はいったい何を企んでいるのやら……
最後に、数人死んでしまいましたが、警視庁外事第3課の“ウラ”、住本班のメンバーを紹介します。
住本健司 作業班班長、警部補。3課の発足とともにこの世界に舞い戻った、元外事1課。
森永卓也 元公安1課、追尾専門のプロフェッショナル。
五十嵐彩音 元公安1課の作業班(協力者獲得工作)、数少ない優秀な女性公安警察官。
金沢涼雅 元公安総務課、協力者獲得工作のエキスパート。
大友遥人 元外事2課、泥臭い朝鮮外事のプロ。
久野秀真 元ロシアスパイハンターとして12年の経歴を誇る。


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示