「百年文庫 心」ドストエフスキー・芥川龍之介・プレヴォー

百年文庫六年目は、「心」です。
最近知ったのですが、ポプラ社は、百年文庫を編むににあたり、5人の編集者が5年で2万五千の作品を読んだらしいですね。その中から、各テーマにあった作品を選抜したらしいです。
一人あたり一年で千作品ですか。一日三つくらい。それでも仕事の合間のことでしょうから、めんどくさい。
私は第二級の活字中毒を名乗っており、めしを食うときもときにはうんこをしているときでさえ活字に目を通していなければ間がもたないのですが、好きでもない小説を義務で読まされるのは苦痛ですね。
5人の方の時間の犠牲のうえに成り立ったこの文庫、心して読みました。

「正直な泥棒」ドストエフスキー(1821~1881)
 云わずと知れたロシアの大家です。「しかしなんですか、アスターフィイ・イワーヌイッチ」「それがどうした、イェメリヤン・イリッチ」、ややこしいですね、会話の最後に相手の名前をつけるのは。本当にロシアではこんな習慣があったのでしょうか。しかも、名前が日本人にとって舌がもつれるようななじみのないものだから。
でもこの作品は1848年の発表で、今から150年以上前なんですが、ふつうに先を気にして楽しく読めますね。
末期の言葉、そこでその人間の「心」、物質はやはり心には勝てないですね。

「秋」芥川龍之介(1892~1927)
 1920年の作品です。どこでも飲食することを憚らない関西人という記述を見つけ思わず笑いました。
「玉子を人に取られた鶏が。」――信子は草の中に佇んだまま、そう考えずにはいられなかった。
何をでしょう?たぶん、信子はニワトリを自分のことだと考えたんでしょうね。ここでの、心は、すれ違い、跳ね上がり、摩擦し、沈み……それでも心は落ち着きます、秋に。諦めの秋、悟りの秋。

「田舎」プレヴォー(1862~1941)
 これはいい小説でした。プレヴォーなんて作家は初めて聞きましたけど。
ここでの心は、また、艶かしい女心、というやつですね。成功した脚本家であるピエエル・オオビュルナンのもとに出身地の田舎から手紙が届きます。差出人はかつて彼に恋心を芽生えさした六歳上の当時は未亡人でした。
彼女が田舎から出てきて彼に逢いたいといい、彼はその場所にいったのですが、結局逢えなかった、その理由を彼女はまた手紙で彼に書き送るのですが、その複雑で純情な女心とは……ふたりにとっていい別れとなったであろうラストにも余韻が残り、数ある候補から所収に選ばれるのも当然な良作であったと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (27)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示