「ポリティコン」桐野夏生

結局、ポリティコンという単語の意味は最後まで作品中に出てくることはありませんでした。調べてみると、社会的、政治的というような意味みたいですが、だからといって本作にはあまり関係はありませんね。
そう、タイトルなんてどうでもいい。ただ、この物語は非常に面白かった、それだけで幸せです。
個人的には、桐野夏生はいま最も力のある作家であると思っています。どうしてこんな面白い話が書けるのか不思議に思うくらいでしたね。作品の雰囲気としては、「メタボラ」「東京島」に少し似ているかと思いますが、ボリュームは圧倒的にこちらの方が上です。書ききった、という感じではないでしょうか。

ストーリーは最初と最後が真矢、あいだは東一が主人公です。
真矢も東一も主役でないときはまったく存在感が薄くなるという珍しいスタイルの構成です。
だから読んでいる側もあるときは東一が可哀想になったり憎らしくなったり、座標がころころ変わりました。
物語は、突然、中朝国境で母が行方不明になった女子高生の真矢が、昔母と付き合っていたクニタに連れられて、スオンとアキラという外国人親子と共に疑似家族になって唯腕村(イワン村)というコミューンの住人になることから始まります。
唯腕村は、1917年彫刻家の高浪素峰と作家の羅我誠が「他人への無償の愛」「私有財産の禁止」「自給自足」の三原則を旗頭に東北山形に切り拓いた農村ユートピア、理想郷でした。
現在の居住者は、6家族と独身者で22人。現理事長である高浪素一は農業を顧みず演劇に熱中したり、寝たきりの高齢者がいたり、女性で一番若いのは48歳のアリスだったり、いろんな問題を抱えており、素一の息子である高浪東一(27歳)は毎日頭を悩ませていました。ユートピアがディストピア(絶望郷)になりかけていたのです。
そこに真矢、クニタ、スオン、アキラというまったく新しい血が流れ込むことにより、村は大きく変動していくのです。
1997年から始まった物語ですが、下巻では2008年になっています。真矢、東一はもとより、「イワン村の出島」・山路夫妻、クニタ、スオンら住民の十年間の変遷、特にアリスなんて下巻では恐ろしく感じられるまで変わってしまいました。サスペンスもスリルもないのに、なぜか最後までドキドキしながら読みました。登場人物と時間の流れに目が離せないのです。

家族と、疑似家族が作者のテーマだったのでしょうか。
そうだとすればかすんでしまったように思いますが、でもそれは他の部分が面白いのと、ボリュームがあるせいでシンプルではなくなったので仕方ないでしょうね。面白ければいいのです。
性別によらず、感情の機微というか感情のヒダというものを的確な表現で描かれているのは凄いです。
自己嫌悪に変貌しつつある欲望、なんて文章も私の好みですね。いかにも女に対して男が抱く欲情でしょ?
さらに少しミステリーぽいスパイスも効いています。
村外委員に出された東一批判の手紙も誰が書いたのかわからないし、真矢の母の行方不明の謎はラストに近付くにつれ不気味になりますよね。クニタ、スオンは本当はいったい何者だったのでしょうね。
こういうことも、作者は「人間の関係というか絆」とはいったい何なのか?という提起をしたかったんだと思うんです。
読む方も登場人物との絆を感じられるほど、人間が善も悪も立体的に描かれています。
東一ではないですが、上巻の260ページ、小松のおじさんの失踪あたりで、もう読むのが止まらなくなってしまいました。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示