「脳はいかに意識をつくるのか」ゲオルク・ノルトフ

 私は私の脳なのか?

 私の意識が脳の電気活動によって存在しているとしても証明はできません。
 解剖して脳を取り出し、輪切りにしてどこを探しても「意識」が存在するという証拠は見つかりません。
 しかし、多くの方が脳こそ他ならぬ心の源であるということに賛同するはずです。
 いったい、脳神経の特性がいかなる仕組みを通じて人間の心的特性に変換されるのか。
 自己、意識、情動的感情、人格的同一性は、脳という地味な灰色をした物質からいかにして生み出されるのでしょうか?

 人間に意識がなぜあるのか、それは現在でも多くの分野で最大の謎のひとつであるそうです。
 そりゃそうだわな、形がないんだから。
 意識は幻ではないかという説もあります。
 私もなかばは、意識は幻ではないかと思っています。
 結局、時間や空間を背景に、記憶と五感や体感覚から構成された集合体ではないかと思うのですね。
 肉や白菜や魚やネギをぶち込んで作られた鍋、これが意識。単品の具だけでは意識にならない。
 たとえば今私はPCのキーボードを叩いていますが、これだってPCとキーボードというものを認識し、日本語を習得していてなおかつ指を使ってキーが打てるために出来る行為なわけでしょう。つまり、記憶と感覚の集合によって出来ているのですね。
 明日、記憶喪失になれば出来ないかもしれません。
 そして私が私であるという記憶がなくなれば、もはやその意識は私のものとはいえないかもしれません。
 とすると、昨日の私と明日の私に意識の連続性はあるのでしょうか。
 明日の自分が本当に自分であるという証明などできないし、違うかもわかりません。
 
 ところが本書によると、安静時(フラットなとき)での脳活動でも意識はあるそうです。
 つまり、何も考えていないときでも、意識のベースとなる活動が脳内でなされているというのです。
 それが他ならぬ自己の根幹であり、そのために何かで刺激を受けると、パッと発動できるのです。
 それがどうやって脳で行われているのかはわかりません。
 ただし、著者によると、心は脳の神経活動に単純に還元できないとまで言うのですよ。
 脳単独では意識足りえず、脳と外部(世界)が繋がることによって意識が生まれているそうです。
 もうここまでくると、私には理解できません。
 本書では、正常な脳の活動と意識の関係性を探るために、植物状態の脳や、重症の抑うつの脳、統合失調症の脳を健常な脳と比較し脳活動の研究の成果が語られていますが、これも非常に難解でした。

 あとがきで訳者の方も書かれていますが、とても易易と理解できるような内容の本ではありません。
 何度も繰り返し読め、そうしたら新しい考え方が身につくと書かれています。
 結局、その通りで、読んでいるとうっすらとわかりかけるのですが、すぐにビシャーンと扉が閉まるみたいな感じで、私の脳のレベルが追いつかないのですよ、著者のいるところに。
 本書を半分でも理解できたときには、自分の思想がレベルアップしているはずだと思います。
 それは何かから考え方自体を解放してあげないと、行き着かない場所だと思いますねえ。
 3次元世界にいる我々の世界から、4次元世界を想像してみることに似ていると思います。
 わかりそうで、わからないんですよ。
 あんがい、意識を認識することも、そういうことなのかもしれませんねえ。


 

 
 
 
 
 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示