「日本核武装」高嶋哲夫

 中国軍部の暴走が止まらない。
 日本に背を向けたアメリカを尻目に、ついに中国軍の“日本侵攻”がはじまる!
 現実的に迫る国家危機、改めて日本の防衛を問う超弩級のクライシスサスペンス。

 この物語はフィクションです。
 でも、フィクションには思えません。あまりにも生々しい。
 いよいよ世界はきな臭く、日本もまた危うい時代に差し掛かっていることは事実なのですから。

 あらすじ。
 防衛省技術研究本部の技官が交通事故を起こして意識不明の重体となった。
 彼は警察病院へと担ぎ込まれ、病室には厳重な警戒体制がとられた。
 なぜなら、彼は持っていてはならないものを持っていたからである。
 それは、非核三原則を堅持する日本にはあってはならないもの。
 「日本国における特殊爆弾製造および工程表」というレポート。特殊爆弾とは核爆弾のことである。
 いったい、誰が彼にこのようなレポートの作成を命じたのか?
 米国留学から帰国したばかりの防衛省キャリア、国際政治分析官の真名瀬純は、上司であり将来の事務次官候補とも目されている防衛政策局次長の小野寺から、この事件の徹底的な調査を命じられる。
 その結果浮かび上がったのは、ヤマト計画・・・核爆弾のパーツを製造できる企業や工場、莫大な資金や科学者、技術者を提供している軍需産業、それを指揮する自衛隊の元統合幕僚長、核爆弾製造に陰ながら協力する政官財の要人の存在だった。
 そして、あとはプルトニウムか濃縮ウランを充填するだけとなった完成間近の核爆弾。
 核爆弾の徹底的な消去および記録の抹消を命じられた真名瀬。
 しかしその頃、尖閣諸島周辺ではついに日中軍事衝突の危機が訪れる。

 はい。どうなんでしょうねえ。
 核爆弾とは、通常爆弾の火薬の部分を濃縮ウランやプルトニウムなど核分裂物質に置き換えたものです。
 通常、ふたつに分けた核物質を火薬によって高速で合体させ爆発させます。
 この核反応を制御して熱として取り出すのが原子力発電であり、一瞬のうち爆発させるのが核爆弾です。
 原理は簡単ですが、実際に作り出すとなると、最新の科学技術と大規模な工場施設、実験が必要です。
 さらには、濃縮ウランやプルトニウムはIAEA(国際原子力機関)によってグラム単位まで管理されています。
 日本は55基の原発と250ヶ所の査察対象施設を持つ世界最大の非核兵器国であり、常時20名以上の査察官がおり、IAEA全予算の4割が対日査察に使用されているそうです。
 技術的には日本が核爆弾を製造することは可能でしょうが、核物質を自由に扱うことはできません。
 さらに、日本が核兵器保有国となるには、様々な条約からの脱退を回避することはできません。
 NPT(核拡散防止条約)、CTBT(包括的核実験禁止条約)、そして何よりIAEAから脱退しなければなりません。
 この時点で、日本は拠り所である国際的な信用を一切失ってしまうでしょう。

 だからといって、戦争抑止力となる核兵器を永久に持たなくていいとは限りません。
 世界情勢は動いていますからね。
 核兵器があるおかげで戦争にならなくてすむのならば、持つべきでしょう。
 でも日本が核保有を公表すれば、世界に誇るそのアイデンティティを失ってしまいます。
 思うにイスラエル方式がいいと思います。
 表向きには持っていないことになっていますが、世界の誰もが持っていると疑っている国です。
 北朝鮮のように、不完全なものなのにいかにも持っているように思わせる空威張りとは逆です。
 その気になれば、日本は即日に核兵器を使用できる、こう思わせることも必要だと思わせる国が近所にあります。


 
 

 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示