「黒涙」月村了衛

 またやった、続編だと知らずに読んでしまいました。
 もっとちゃんとamazon、書いておいてくれないかなあ、シリーズだって。
 もちろん、調べなかった私が悪いんですけど。
 しかし、前作があるとわかった時点で「やめようかな」と一瞬、思ったんですが、我慢して正解。
 そんなこと眼中になくなるくらい、面白くなってきました。
 警察組織にまで浸透し、日本の政財界を牛耳る中国の闇社会の恐怖を描いた、諜報バイオレンスです。

 実は今年、タイトルも思い出さないくらいの駄作を読んで(学校の部活のキャンプが襲われるような話)、もう月村了衛を読むのはやめようと思っていたんですが、本作はちょっと違いました。
 深みはまったくないですし、ツッコミどころもあるのですが、面白かったです。
 なんせ、我々の社会に中国がこっそりと浸透しているという、現実的な恐怖に妄想が駆り立てられました。
 これ実際、ここまでいかなくても似たようなことあるんですよね、きっと。
 順番が逆になりましたが、前作も読んでみなくちゃなりませんね。

 あらすじ。
 日中秘密協議の席上で、中国商務部の幹部が機密漏洩をほのめかせる発言をした。
 内閣周辺しか知らないはずの、大臣の健康状態を問うてきたのである。
 すぐさま、外務省と警察庁が協力してカウンターインテリジェンスの措置が取られた。
 中国の諜報活動による国家機密漏洩の阻止が至上命題である。
 それにはすべての元凶を根絶やしにしなければならない。
 暗躍する中国スパイ、政治家に利益供与をし政策決定に影響を与える在日華僑、そしてすっかり中国に金で飼いならされた日本の政治家や高級官僚を、これを契機に一網打尽にするのだ。
 警視庁には、公安部だけではなく各部署から特に選抜されたメンバーで、極秘の特別チームが結成された。
 警視庁組織犯罪対策第二課に属する沢渡警部補(36)も、突然上司に呼ばれ、公安部への異動を告げられた。
 腑に落ちぬまま出向してみると、そこは中野のビルの3階にある極秘の公安別室だった。
 顔を知っている捜査一課や二課の精鋭たち、そして見たこともない公安部の刑事たちら総勢40名。
 チームの指揮を執るのは、“一人Gメン75”の異名をとる、苦みばしった公安部外事二課長の滝口警視正。
 中国共産党の独裁政権と果てしない権力闘争が生み出した欲望の怪物を叩き潰すべく、いずれも名だたるメンツが揃ったこの秘密基地に、なぜ自分のようなうだつの上がらないマル暴刑事が呼ばれたのか、沢渡は不思議に思った。
 まさか、バレているのか!?
 自分が黒社会「義水盟」の大幹部である沈と義兄弟の契りをかわしながら、警察組織の中に誰にも知られず身を隠している“黒色分子”であることが・・・

 前作「黒警」を読んでいないのでわからないのですが、そこで沢渡と沈が兄弟分になるような出来事があったようですね。
 そして今回は、ふたりが対立する中国の巨大犯罪組織「天老会」が噛んでいると見られる中国のロビー活動に対して、陰で警察に協力し、中国と日本の悪党たちを一網打尽にしようと目論みます。
 いわば、沢渡は黒色分子といえど、善玉なわけです。
 ところが正体はわからないけど、警察内部に捜査情報を中国側に流している悪玉がいる。
 この正体を見破れるかどうかなのですが、読者はとっくに気づいているのに、沢渡はわかりません。馬鹿じゃないの。
 まあ、それはいいとして、本作の読みどころはインドネシアの青年実業家ラウタンと、中国のファム・ファタールことシンシア・ユンの、恋と裏切りの行方。
 ラウタンはショッキングでしたが、シンシア・ユンの挙動というか真の顔ですね、唖然とさせられました。
 さすがチャイニーズ・ビューティー・・・男は裏切っても期待を裏切らない。
 ラウタンを拉致したクルマでのシンシア。あそこが本作一番の読みどころだったと思います。


 
 
 
 
 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- siro - 2016年12月31日 10:15:20

「タイトルも思い出さないくらいの駄作」と言われているのは多分『槐(エンジュ)』のことだと思うのですが、まあ、私も似たようなことを書いたので何とも言えません。『機龍警察』のときの月村了衛はどこに行った、としか思えませんでした。

本書『黒涙』は『黒警』の続編ですね。出ているのも知りませんでした。

その前編『黒警』はかなり面白く読みました。「人情に絡んだ自己犠牲の物語というのは私個人の嗜好というだけではなく、一般的な好みとして人気があるものだと感じます。」と書いたのですが、その続編なので期待できそうです。早速読もうと思います。

もう大晦日になりました。
ほんとに早いですね。

また来年もよろしくお願いいたします。

Re - 焼酎太郎 - 2017年01月01日 19:19:28

siro様

恥ずかしながら続きモノということを知らずに読んでしまいました。
それでも、底が浅いながらあんがいに面白かったので、「黒警」も読んでみます。
順番通りならば、なおさら楽しめたでしょうが・・・

暖かい正月です。
本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示