「白樫の樹の下で」青山文平

 直木賞作家青山文平のデビュー作で、第18回(2011年度)松本清張賞受賞作です。
 私は本作を、日頃本選びの参考にさせていただいているとにかく読書録のsiroさんの推薦によって読みました。
 感想を率直に言わせてもらうならば、初っ端からすっと引き込まれる文句なしの快作でした。
 全米オープンの錦織とマレーの準々決勝を片目で追いながら読み始めたのですが、いつしか意識は本作に集中し、あげく大金星となった錦織の勝利の瞬間さえ見逃してしまいました。
 それほど、導入からラストまでつかえることがなく、ミステリー仕立てにリードされて先を先をとページをめくる手が止まりませんでした。それでいて、刀争の背景を持った本格的な時代小説に仕上がっていますから。
 これがデビュー作かという信じがたい思いと、逆にデビュー作だからこそこれだけの快作が書けたとも云えるのかな。
 私は青山文平の本を今までに2冊しか読んでいませんが、仮に全部読んだとして、ひょっとしたらこれが一番面白いんじゃないかという予感もあります。少なくとも最近読んだ「半席」よりは格段にのめり込みようが違いましたな。
 作者には武道の素養も感じます。
 作品の時代設定は尚武の気風が廃れきった天明の世(1788年)で、江戸の道場でも真剣どころか木刀でさえない竹刀と防具を使った稽古が流行りつつあるのですが、自由に撃ち合える竹刀の掛かり稽古と一歩間違えば大怪我をする木刀の形稽古の違いといいますか、それは現代の空手や拳法など武道格闘技でも同じことが云えるのですが、そのへんの機微が非常に巧く書かれていたと思います。
 「頭が死を願っているから、軀(からだ)に埋め込まれた形が(敵の斬撃を)独りで躱した」
 とかね、今の自由組手主流だと形稽古とかバカにしがちですから、武道を知らない人がこんな深いこと思いつけるのかな、と思ってしまいます。武道における形稽古の意味を今更に知らされたような気がしますねえ、なんとも。
 あんがいこのデビュー作は深いよなあ。

 簡単にあらすじ。
 舞台は天明8年(1788)の江戸。著名な松平定信が老中の役職に就いた頃。
 主人公は、二代続いての小普請組である御家人の村上登(23歳)。
 言うまでもなく、無役の小普請組三十俵二人扶持は幕府御家人の最末席であり貧しい。村上の家も父は金魚を養殖し、出戻りの姉は針仕事の内職をし、登もまた提灯貼りの内職をしている。腰の刀は5年前から竹光だ。
 しかし、登には剣術の素養があった。彼は白樫の樹の下にある剣術道場、漂泊の剣客・佐和山正則を主とする佐和山道場の代稽古(師範代)である。佐和山道場は竹刀稽古を取り入れず、あくまでも本格的な木刀による形稽古を主としている。そのため、流派的には親戚でありながら竹刀稽古しか行わない近所の寺島流の道場に道場破りが現れると、登は木刀を持って寺島流の看板を守る助太刀のバイトをしていた。登の手にした木刀を見ると、たいていの道場破りは退散した。
 ある日、寺島道場に通う大手蝋燭問屋の次男坊・巳乃介から、登は一竿子忠綱(いっかんしただつな)の刀を腰に預かることになった。一竿子忠綱とは、4年前の天明4年、老中田沼意次の息子を襲撃した旗本佐野政言の使用した脇差しの刀匠であり、世直し大明神として世間の値が破格につり上がっている稀少な刀剣であった。
 偶然であろうか? しかし、地獄の蓋が開いたのは、間違いなくこの刀剣のせいである。
 同じ佐和山道場で師範代をしている貧乏御家人の幼なじみでありながら、僥倖で出世した青木昇平の心中の葛藤、3人のなかで一番腕が劣る仁志兵輔の世をすねた鬱屈、そして登に刀剣を贈った町人巳乃介の思わぬ武士取り立てなど、周辺が急転する中、去年の秋ごろから世間を震撼させている大膾(おおなます)という残虐な辻斬り犯の息吹まで、一竿子忠綱の名刀は吸い寄せていくのだった・・・

 あっと驚くラスト。
 まさかの展開に呆然。
 私は、大膾の正体は佐和山先生でないのならば寺崎道場の主かと思っていました、途中で。
 巧みにミスリードしては自分で潰していってましたな、作者(笑) おかげで読みやすかった気がします。
 青木昇平が出世した時期と、大膾の跋扈しだした時期を見比べれば、わかっていたかもしれません。
 彼が頭がおかしくなってしまったのは、悪者とはいえ人を斬ったことによる葛藤だったのでしょうね。
 自分では人を斬ったという感覚がなかった。でも出世したのは人を斬ったからです。
 接待する先々で、そのときの悪人を斬った模様を聞かれる。しかし本人は太刀筋など覚えていない。
 そのジレンマに苦しみ、いつしか精神を病んで人斬りの感覚を思い出すように辻斬りをするようになってしまったのでしょうな。
 しかし、本音をいえば、証拠としては弱い気がします。
 本人の自白は佳絵だけでしょう。
 実は大膾の真犯人は別にいた可能性も十分にあり得るではないですか。
 ラストの締め方の感じからして、続編の可能性もまったくないわけではないと思います。
 なければ、これだけの雰囲気をもった作品だから、もったいないと思いますね。


 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (27)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示