「ジウⅠ 警視庁特殊犯捜査係」誉田哲也

 姫川玲子シリーズは読んでいますが、もうひとつ著名なこちらの“ジウシリーズ”は初めて読みました。
 同じように面白いヽ(´ー`)ノ 満足。
 この人の書く小説は、誰が死ぬかわからないので、緊張感があるね、最後まで。
 相変わらず、会話含めて流れるような展開で、読んでいてストレスがまったくありません。うまい。
 筆力もプロットも、期待をまったく裏切りません。
 ただひとつ、怖いというか残酷な描写があるので、それがどうしても向かないという方を除いて万人が楽しめる作品ですね。警察小説という分野においては、大変優れたエンターテイナーだと思います。

 とりあえずシリーズ初弾のあらすじ。
 舞台は警視庁のSIT(Special Investigation Team)。SITは特殊犯捜査係の略称で、立てこもり事件や誘拐事案などを担当します。ただ、彼らの担当はあくまでも現場でのオペレーションであり、事後の刑事捜査のたぐいは一切しません。
 まあ、本番一発の出たとこ勝負だね。隊員も特技のあるクセモノがそろっています。
 その中で、物語の中心となる人間は、特殊班二係のふたり。
 27歳のスレンダー美人刑事・門倉美咲巡査と、25歳のアマゾネス系女傑刑事・伊崎基子。
 美咲は現場で対峙する犯人から、怒りや興奮といった感情を見事に抜き去ることのできる、人間的な生来の優しさが武器。基子は、柔道やレスリングで実績を残した男勝りの戦闘力が武器。ふたりは見事なまでに正反対の警察官で、類稀なる才能を持っていました(麻井係長談)。ただし、性格的に基子は美咲を嫌っていますが・・・
 ふたりの刑事生命を分かつ事件が勃発。住宅街の人質立てこもり事件。
 犯人と人質への食事を届けた美咲が、犯人に刃物で脅され、怪我を負い、下着姿にされたところをマスコミに晒されてしまいます。一瞬のスキを突いて犯人をKO逮捕したのは基子でした。
 美咲のセミヌードは三流タブロイド紙に載せられ、西脇刑事部長が激怒。
 基子が功績を認められ、刑事部のSITから、警備部の傘下である強行突入の専門部隊・SAT(Special assault team)に初めての女性隊員として採用されたのと反対に、美咲は、SITから所轄の碑文谷署へ左遷されてしまいます。
 しかし、和田捜査一課長や麻井特殊班係長の尽力で、美咲は碑文谷署に設けられた捜査本部に入ることになります。
 その捜査本部とは、捜査一課殺人犯三係主任東弘樹警部補以下、未解決となっている“指切り誘拐事件”を追っていました。そしてこれが、一敗地に塗れる美咲の、起死回生のチャンスのために与えてくれた現場だったのです。
 一方、SATに入隊した基子は、厳しい訓練を物ともせず、上官にもズケズケとモノを言う、友人もひとりもいない変わり者ながら、同じ小隊の同期に雨宮崇史という心惹かれる、恋人に近い人間ができました。
 そんなとき、SATへの出動要請がかかります。基子にとっては、初の実戦現場。
 誘拐事件です。異例ながら、かつて在籍したSITとSATの共同でのオペレーションが展開されることになりました。
 そしてその現場となった廃墟のホテルには、誘拐犯を追い詰めた碑文谷署の門倉美咲もまた、閉じ込められていたのです。
 交錯するふたりの女性警官の運命や如何に・・・

 この一連の恐ろしい事件を主導していたのが、タイトルのジウという謎の美少年。
 まだ、本作では触りしか出ていないね。
 日本に密入国していた中国人夫婦の子供で、国籍がありません。
 ヤクザの指を切り落として知人を助けるかと思えば、ナイフを振り回したり、ホームレスと共同生活して、野生の鳩を獲って廃墟で焼いて食べることを習慣とし、一方、一緒に事件を起こした仲間を三人まとめて殺して捨てたりしています。
 よく、わかりません。
 ただ、ラストでの様子(ジウにスポット)を読む限り、相当気色悪いですね、この男。
 こいつを中心にシリーズが展開されるのですから、先が思いやられますなあ。
 続編はすぐに読もうと思っています。
 あと、つまらないことですが、同じ警視庁が舞台ということで、姫川玲子シリーズに登場している登場人物が少しだけ顔を出していたりします。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示