「夜叉桜」あさのあつこ

 弥勒シリーズ第二弾「夜叉桜」を読みました。
 やはり、面白い。
 時代ミステリー小説として、レベルが高い。
 どうしてこのような面白いシリーズを知らずに放ったらかしにしていたのか、本当に私の目は節穴でしたね。
 読みやすいですし、文章に含蓄もあります。
 一風変わった主人公である木暮信次郎と初老の岡っ引き伊佐治のコンビのキャラクターも味があるし、遠野屋の謎というシリーズ通じてのミステリーが物語に奥行きを与え、刀槍の駆け引きも申し分ありません。
 刀槍の駆け引きとは、チャンバラアクションというよりも、殺意のにじみ具合とでもいいますか、鯉口を切ったものの動けないとか、間(ま)の部分ですね、これがなんとも巧い。読みやすいですし。本作では、遠野屋清之助が背中を見せているのに、格が違いすぎて伊豆小平太は斬り込めなかったところとかね、面白いと思いましたよ。

 簡単にあらすじ。前作「弥勒の月」から約半年後。
 江戸に切り裂きジャック! 犯人は血に染まった狂人か?
 連続私娼殺害事件が発生。いずれものどを刃物で捌かれていた。
 北定町廻り同心である木暮信次郎と老練な岡っ引きである伊佐治親分のコンビが事件の謎を追う。
 このふたり、仲がいいのか悪いのかわからない。
 信次郎の父だった右衛門の頃から十手を預かっている伊佐治だが、信次郎は父親から暖かさも心遣いも受け継いでいないようの見える。信次郎は執念深く偏狂であり、才を武器に人を弄ぶ。言うならば知性を持った蛇である。
 しかし、怜悧な頭を持っている。同心として愚者ではない。若くして様々な事件を解決できる能力がある。
 信次郎に対する違和感や不信が積もり続けている伊佐治だが、江戸八百八町に事件は待ってくれない。
 すでに2人の女娼が殺され、いまだに下手人の手がかりがない。
 しかし、おいとという17歳の切見世の女娼が3人目の被害者となったことで、有力な情報が得られる。
 おいとは森下町の小間物問屋「遠野屋」の簪をさしており、遠野屋の手代である信三と幼なじみであることがわかったのだ。
 よりによって、遠野屋。
 遠野屋清之助は、前作から信次郎が拘り続ける男だ。
 清之助はさる藩を脱藩して商人になったが、元はれっきとした武士であり、国を捨て過去も捨てた謎の男である。
 前作からの因縁。結局、何もかも遠野屋に繋がるのか・・・
 ひとまず、手がかりを得た信次郎と伊佐治だったが、突然、清之助が腕のたつ何者かに拉致されるという事件が起こり、状況は混迷の色を深くする。
 事件の真相はどこに!?

 遠野屋清之助が出てきたことで、面白いこと間違いなしと思いました。
 ちゃんと、前作のいい流れを持ち込んでくれたんだなと。
 役者は二人(信次郎と伊佐治)では足りません、清之助だってこのシリーズの主役とも云えます。
 ことに本作では、あれほど清純で清之助を江戸まで逃がしてくれた兄の宮原主馬が、人が変わったようになっていましたね。妻も子も殺されて、命からがら江戸に逃げてきた彼が、清之助に頼んだことは、藩の筆頭家老である今井義孝の暗殺でした。
 父である忠邦がしてきたことは、暗殺闇討ち密殺謀殺によって藩に巣食う魔物を掃除すること。
 その手先となっていた清之助に、あのとき、兄は「もう誰も殺すな」と諭したのです。
 それが打って変わり、「あのときの俺は甘かった。父のやっていたことは誤りばかりではないのだ」などと言い、すっかり江戸の小間物問屋「遠野屋」を差配する青年実業家となった清之助に、再び人を殺せと命じるとは・・・
 まだどこの藩であるのかわかりませんが、藩政は腐り、よほどこの問題の根は深いようです。
 おそらくシリーズを通しての宿命のような謎なのでしょう。
 さて、信次郎と伊佐治親分ですが、なるほど表向きの仲はさらに悪くなったように見受けられますが、見方によればお互いにものをハッキリ言うようになったのです。本当に嫌っていれば、ものをハッキリ言えないでしょうよ。
 だから、このふたりのコンビに問題はありません。
 さて信次郎の肩書ですが、「北定町廻り同心」とは「北」と「定町廻り同心」で区切ります。
 私、バカなので「北定町」というのがあって、そこの同心(警察官)なのかと思ってました。
 正しくは、北、つまり北町奉行所(おそらく)の常勤の同心なんですね。


 
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (27)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示