「伊賀忍法帖」山田風太郎

「甲賀忍法帖」を読んだのはだいぶ前なんですが、何かにふれ思い出してたんですよね。
印象が強すぎる作品でした。特に殺されても何回も蘇る奴、薬師寺天膳でしたっけ。
荒唐無稽と云えば言いすぎですが、漫画に近いはちゃめちゃな物語ですから、すっと忘れてもいいはずなのに、なぜかしっかりと記憶に刻印されている、それが山風の「忍法帖シリーズ」の魅力なんでしょう。

本作「伊賀忍法帖」の舞台は織田信長が京都を征する以前の京奈良、三好一党の支配する時代です。
三好氏の重臣であり奈良の信貴山城の城主、松永弾正久秀はあろうことか君主三好長慶の嫡男義興の奥方右京太夫に横恋慕し、これを奪いさらんと謀ります。
50歳を超えながらも脂ぎり、閨事にも執心な久秀の悪しき謀りごとに策を与えたのは幻術師果心居士。
果心居士といえば他の小説にも忍者として久秀との遣り取りが描かれていますが、本作でちょっと不気味ですが興味深いのは、果心居士が異国の生まれと書かれている点ですね。
特に日本に災いをもたらさんとしていたこの稀代の魔物が、ラストで日本を代表する剣聖上泉伊勢守に敗れるくだりは、本ストーリーに大して関係はないところで大変面白かったと思います。
はちゃめちゃなのに、たまにうっと唸りたくなるアイディアであったりシーンが織り込まれているのも、この作家が時代を超えて読み継がれている所以でしょうね。
で、久秀に悪事の智恵を授ける(淫石を使用して色情狂にしてしまえというもの(笑))果心居士ですが、自身の弟子である根来の忍法僧七人も貸し与えるのです。これがまたなんとも怪しげで奇怪で面妖な技を使うのです。
そしてこの悪事に対するは、伊賀の若き忍者である笛吹城太郎、さらに剣の誉れ高い柳生新左衛門も彼を助け、久秀の邪な企みを破ろうとします。
伝奇性の強いエンターティンメントですが、時代描写、背景はあんがい渋いので万人向けの一冊であるとも云えるでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (27)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示