「日の丸ドイツ船」岡村信幸

 半生をドイツの豪華客船シャルンホルストと護衛空母神鷹の顕彰に捧げた著者による、私家本。
 シャルンホルストと神鷹は同じ船です。
 極東航路に就航していたシャルンホルスト号は、第二次世界大戦勃発により、帰れなくなって神戸に係留されていました。
 ドイツから日本の間には、イギリスの管理下にある港湾がほとんどですからね。
 ですから困ったドイツ政府は、シャルンホルストを日本側に譲渡したのです。
 乗組員は、シベリア鉄道経由で母国のドイツに帰りました。
 日本は、シャルンホルストを空母に改造します。
 設計主任であった福井静夫海軍技術少佐によると、譲渡ではなくて、戦後に日本がドイツに2倍の船価を払うという条件がついていたそうですが、両国とも戦争に負け、神鷹が撃沈されて済州島沖の海底に沈んでしまったからには、どうなったのでしょうか。

img065_convert_20160226183820.jpg

img064_convert_20160226183739.jpg

 美しかった上部構造はすべて剥ぎ取られ、無骨な飛行甲板になりました。
 呉で改造が決定されたのは昭和17年6月で、完成したのは昭和18年12月15日です。1年以上もかかっています。
 シャルンホルストは、リベットのかわりに電気溶接を採用した最初の大型商船であり、ドイツの最新の造船技術が駆使されていました。これに日本側が手こずったのです。軍艦の神様といわれた福井技術少佐の回想にも、率直に言えばドイツの技術にこちら側がついていけなかったと書かれています。
 結局、ボイラーを日本製に取り替えたのです。これが大変な作業となったそうです。
 ともあれ完成した神鷹の排水量は、17500トン。全長189メートル。速力は21ノット。
 常用27機(艦攻18・戦闘機9)を搭載できましたが、足が遅いですよね。
 連合艦隊ではなく、海上護衛総隊に配属され、船団の護衛空母として使用されることになりました。
 ちなみに、実戦では戦闘機が搭載された形跡はなく、海上護衛総隊の指揮下にある931空の九七式艦攻14機が配備されていたようです。931空は、特定の空母を持たず陸上基地を根拠とした、輸送船団の対潜護衛に特化した航空隊です。
 このへんは、931空の整備技師をしていた方が神鷹に乗り組んで生き残っており、証言をなさっています。
 ただ、神鷹の初仕事ですね、昭和19年7月13日にシンガポールを目指して出撃したヒ69船団のときには、迎撃戦闘機雷電を油田地帯の防空用に運んだと書かれています。
 このときのヒ69(輸送船12)、復路のヒ70(同6)、2回目の出撃である昭和19年9月8日のヒ75(同10)、復路のヒ76(同8)と、ほぼ完璧に護衛の任務を果たしていた神鷹でしたが、3回目の出撃である昭和19年11月14日のヒ81船団への随行が最後となりました。
 ヒ81船団は、南方に転出する陸軍やタンカーを混じえた大規模重要船団でしたが、すぐにアメリカ側に察知されました。
 まず陸軍の輸送船が2隻、潜水艦の雷撃で撃沈され、続いて昭和19年11月17日、神鷹もまた米潜水艦スペードフィッシュから4本の魚雷を受け(3本という説もあり)、航空ガソリンの貯蔵庫に引火、炎に包まれながら、上海と済州島のちょうど真ん中のあたりで轟沈しました。
 神鷹の乗員定員は834名ですが、このときは1200名超が乗り組んでおり、生存者はわずか61名。
 応召の予備役ながら名艦長とうたわれた石井芸江大佐(海兵39)以下、ほとんどの乗員が戦死したのです。

 本書には、撃沈されて長時間海上で漂流しながら奇跡的に生き残った元神鷹乗組員の方の回想が寄せられています。
 甲板士官の今野忠豊少尉(海兵73)、先任下士官の山崎茂さん、そして931空整備士の江口一男中尉の三方。
 そればかりか、神鷹を撃沈した米潜水艦スペードフィッシュの元乗組員の方にまで著者は接触しています。
 すごい情熱。
 それもそのはず、戦前、著者は高校時代に神戸港にやってきた極東航路の貴婦人・シャルンホルストに一目惚れし、乗員のかたと仲良くなって、手紙で交流していたのです。
 その縁が続いて、著者は戦後にもドイツとの貿易にただならぬ尽力をはたしました。
 まさに半生をシャルンホルストとドイツに捧げた著者の夢は、かつてシャルンホルストが係留されていた神戸港に、シャルンホルストと神鷹の記念碑を建立することでした。
 しかし、神戸市役所は記念碑の建立を認めず、仕方なく、そのかわりに出版されたのが本書なのでした。
 大変、立派な本でした。
 本書がなければ、シャルンホルストのことも神鷹のことも、まったく知らないままでした。
 岡村さん、ありがとう。

img063_convert_20160226183637.jpg

 

 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示