「洞窟オジさん」加村一馬

 ドラマの話はほぼ事実だったんだあ。
 びっくりしました。尾野真千子の役にもモデルがいたなんて・・・
 NHKBSプレミアムで観たリリー・フランキー主演「洞窟オジさん」の原作本になります。
 13歳で家出して、愛犬のシロとともに山の洞窟でサバイバル生活を送り、43年間も人間社会を避けて生きてきたアウトサイダー「洞窟オジさん」の自伝です。
 シロが死んでしまうところは、ドラマでも泣けましたけど、これを読んでも泣いてしまいます。
 シロが死んだときの寂しさはいまでも忘れないそうです。

 洞窟オジさんこと加村一馬さんは現在69歳。昭和21年生まれです。
 彼は昭和35年、13歳のとき両親からの激しい折檻に耐えられず、群馬県大間々町の実家を飛び出しました。
 そのまま線路伝いに歩いて逃げていると、2日目に彼の唯一の友達だった愛犬のシロが追いついてきました。
 そして着いた先は、足尾銅山の廃坑。採掘跡の洞窟で少年と犬のサバイバル生活が始まりました。
 カタツムリ、蛇、ネズミ、イノシシ、コウモリ、カエル・・・
 食べれるものならなんでも食べたそうです。
 数年後、シロが突然死んでしまいます。
 空腹で困ったときにウサギを捕まえてきてくれたシロ、高熱で苦しかったときに洞窟の奥で布を水に浸して頭に乗せてくれたシロ・・・シロがいなければ、少年はきっと死んでいたでしょう。
 彼は、蘭の花でいっぱいの花畑に冷たくなったシロを葬りました。
 このとき、いったん埋めたシロをもう一度掘り返して抱きしめるのですが、その場面はもう私、号泣です。
 少年はシロの思い出の詰まった洞窟を捨てる決心をし、それから山から山へと洞穴生活を続けます。
 新潟の山奥で息子を戦争で亡くしたという、優しいおじさんとおばさんに出会い、初めて人から優しくされました。
 ずっと入ってなかった風呂にも入れてもらい、生まれて初めて白米のご飯を食べました。
 その後、たまに人里に下りて山菜や蘭の花を売ったり、自殺しようとして富士の樹海に行ったりし、34歳のときに茨城県の小貝川で山の生活から一転、橋の下にダンボールで寝床を作り、川っぺり生活をスタートしました。
 同じようなホームレスの先生から字を習ったり、56歳で初恋をしたり。
 工事現場で、一番仲の良かった2番目の兄と奇跡的な再会もしました。
 兄から一緒に群馬へ帰ろうと言われるのですが、洞窟オジさんはひとりでの生活を選びます。
 そして、平成15年、自動販売機の小銭を盗もうとして、窃盗未遂で逮捕されました。
 このときは川っぺり生活で釣り仲間だったおじさんが身元引受人となり、彼の家に住み込んでインテリア内装の仕事を手伝ったりしましたが、一年も持たずに逃亡。元の文無し生活に逆戻りです。
 手に職もない、資格もない、読み書きすらろくにできない、人との会話にも慣れていない、洞窟オジさんはどうなってしまうのか。
 このとき、警察に捕まったことが契機となって、数奇な人生を歩んだ彼の本が出版されていたのです。
 そして、洞窟オジさんは彼の本を担当した出版社の社員のお世話で、群馬県の知的障がい者の自立支援施設で、住み込んで働くことになります。親切な理事長と、事務員(保嶋さん。ドラマでは尾野真千子)の助けによって彼は感謝の気持ちを知り、今ではブルーベリー畑の育成をしたり、青少年に山でのサバイバル術を教える夢を持ったりと、人生を謳歌していらっしゃいます。
 死んだ時は、シロが埋められている蘭の花畑に一緒に埋葬してほしいそうです。

 巻末、ドラマで彼の役を演じたリリー・フランキーとの対談と、ドラマの演出家のあとがきが載せられていました。
 あと、様々な野生動物の食い方も(笑)
 日本の高度成長期に、何の関係もなく、まったく世間に関与せずに生きてきたアウトサイダーの話は、非常に興味深く、よく生きてこれたなと思うと同時に、ひょっとしたらおなじような人はまだいたかもしれないなとも思いました。
 シロの件もあったように、加村さんは生き抜く能力があったとともに、運が良かった。
 これ読んで非常に勉強になるのは、ひとりで生き抜いてきた加村さんが人間社会と触れるようになってからの、感情の動きが包み隠さず書かれていることですね。寂しいという感情は耐えられない、と。
 ということは楽しいと感じる瞬間が彼の人生にできた、ということです。その裏返しが寂しさですからね。
 と言いながら、「シロの一生はこれでよかったのだろうか」と彼が振り返っていた場面を思い出して、また涙が出てきました。
 よかったのですよ。


 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (26)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示