「悲惨・ブーゲンビル島」梅岡大祐

この本は1986年旺史社から発行された無名戦士の記録シリーズの一作です。
著者は既に亡くなられていますが、京都出身の再召集(一度軍を退役した後に再び召集されること)の下士官であり、彼が所属した第16防空隊(対空高射砲、重機関銃)の地獄の島ブーゲンビル島での生活の記録です。
ブーゲンビル島はパプアニューギニアにあります。
よくもまあこんな辺境まで戦線が拡がったもんだと思います。そりゃ日本の国力からすればこれだけ戦線が拡がれば補給線も伸びきって持たないでしょう・・・
いけいけどんどんで調子に乗った結果でしょうな。散っていった命が哀れです。

この本読んでても思ったのですが、この戦争は少尉以上の士官であることとそれ以下の兵隊であることで随分違ったものになったようですね。さらにその上の参謀本部にいるような高級将校ではまた違った生活があったのでしょう。
下級兵の餓死者が増え続けるブーゲンビル島の第16防空隊。著者が書いているとおりイモの葉、蛇、トカゲ、ムカデ、海水を薄めた汁、口に入るものならなんでも食べてなおかつ重労働に耐える兵隊と、一日中労働もせずにマージャンで遊びながら米の飯を食う士官連中。
いったい、何だったんでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (27)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (31)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示