「明治維新の正体」鈴木荘一

 独自の観点により、徳川から明治へという幕末維新の政局を解き明かした新史観本。
 最近流行っている“新史観”ですが、本書は読んでおいて損はありません。
 幕末の歴史に興味のある方ならば是非とも目を通しておきたい一冊であると思います。

 私はどちらかというと司馬史観と言うのかな言わないのかな、新政府側に肩入れした本や逆に時代のあだ花となった新撰組の本などに影響を受けてきたので、本書を読んで新鮮だと感じましたし、目を開く思いがしました。
 もちろん、小説として書かれた坂本龍馬や西郷隆盛などの活躍をそのまま信じ切っていたわけではないのですが、本書でいうところの「戊辰戦争に勝った薩長新政府が自分たちに都合のよい幕末維新史を書いて学校で教えた」と言われてみると、ああそういう観点もありかもな、私もまた洗脳されていたのかなと思う次第です。
 もっとも、100年以上昔のことを己の好きなように解釈して飲み屋で大ボラを吹くのは私も同じなのですが、著者の述べるところはすべて事実を土台にしており、妄想ではありませんから説得力があります。
 実際に、知らなかったことがたくさんありましたね。
 けっこうたくさんの幕末に関する本を読んできたのに、これだけ知らないことがあったのかと驚きました。
 わざと事実を省かれた、隠された本を読んできたのかと疑うくらいです。
 たとえば京都で発生していた攘夷派によるテロですね、こんな凄惨でむごたらしいものとは思いませんでした。
 とても国家のために高い理想を掲げている人物のすることではありません。
 朝廷の裏話も多く披露されています。
 咸臨丸がアメリカに渡ったときの模様がこれだけ詳しく紹介されている本も初めて読みましたし、日米外交史はもとよりイギリスやロシア、フランス、オランダなどとの国家存亡のかかった幕末外交もわかりやすく説かれています。
 イギリス公使パークス、通訳士アーネスト・サトウ、死の商人グラバーがこれだけ内政に干渉していたとは驚きました。
 アーネスト・サトウにおいてはお前スパイじゃないのかとまで思いましたし、維新の回天には大英帝国の陰謀は色濃く反映されているのは間違いないと思います。
 その上で、著者は坂本龍馬を「薩摩藩や長州藩や土佐藩を合力させて幕府と戦わせ、南北戦争で使用された最新鋭小銃を密輸入して売り込み、日本人同士を殺し合わせて高利潤を貪ろうとした」と断罪しています。
 武力倒幕派の首領たる西郷隆盛がいかに横暴であったかというのが本書のテーマでもあるのですが、本書に書かれたとおり赤報隊の相楽総三を使い捨てに殺した西郷ならば、坂本龍馬暗殺の黒幕くらいにはなったでしょうね。
 もっとも本書には、「坂本龍馬ごとき」の暗殺の顛末など一顧だにされていませんが・・・
 確かに坂本龍馬については、司馬遼太郎によって幕末のスーパースターに祭り上げられた可能性も否定できませんから。
 
 一方、もうひとつのテーマといいますか本書の骨子でもある徳川慶喜についてはどうでしょうか。
 確かに、最大の政治決断である大政奉還をした意義は歴史上とてつもなく大きいことです。
 その決断こそが明治維新を成就させた功績であることは、彼が明治41年に明治天皇から勲一等旭日大綬章を授与されたことからも明らかです。日本の歴史を変えましたから。
 ただし、それで本当によかったのですかね?
 彼が大政奉還によって目指していたものは、上下二院制のイギリス型議会制度です。
 当時の日本が、天皇制や公家、武家制度など古からのしがらみを遺しながら近代化を図るには、イギリスを手本として天皇を国家元首とし、大君を政治上の指導者とし、一万石以上の大名を世襲の上院議員にすれば、イギリス型公議政体へ移行できると考えたのですね。これが後進国であった日本が世界の列強に食い物のされずに未来へ生き残る道であると。
 徳川慶喜が英邁であったということに異議はありません。その通りの傑物でしょう。
 しかし結果的には、長州の陸軍といわれるバカを生んで太平洋戦争で国家滅亡の危機に瀕することになりました。
 どこで彼が失敗したかというと、どうしても鳥羽伏見のときに大阪から脱出して江戸に逃げたことを見逃すわけにはいきません。本書では、側近の神保修理の絶対的尊王論に組み伏せられ錦の御旗に抗うことを避けたと書かれていますが、本書で唯一解せないのはそこです。理由としては弱いと思います。大阪城に篭って彼自身が作り上げた精強たるフランス式陸軍の指揮をとると意気込んでいた慶喜がなぜ逃げたのか? その点についてだけは本書の解釈では弱すぎると思いますね。
 そこだけ残念。
 それ以外は十分楽しめました。特に序盤は最高だったと思います。


 
 

「さらさら流る」柚木麻子

  自分はそんなにも愚かだったのだろうか。
 あの男を信じたことは、こんな罰がふさわしいほどの過ちなのだろうか。
 そして、彼は菫のことをそんなにも憎んでいるのだろうか。
 どうしても信じたくなかった。真相は別にあるはずだ。それを確かめたい、と思う。


 恋人に撮られたヌード写真が流出し、社会的にも精神的にも追い詰められた女性の再生を描く問題小説。

 あらすじ。
 大手コーヒーチェーンの広報部宣伝課の花形社員である28歳の井出菫は、ネットで調べ物をしていたとき、偶然に自分のヌード写真がいかがわしいサイトに投稿されているのを見つけた。
 その写真は、22歳のとき、当時付き合っていた彼氏に強制されて撮影されたものだった。
 直後に菫は泣いて懇願し、写真を削除してもらったはずだった。
 それなのに、どうしてこんなところにあの時の写真が貼られているのか。
 掲示板には、被写体である菫の体を面白半分に揶揄するコメントも多数書き込まれ、菫は茫然自失した。
 6年前に意を決して別れた彼氏の名前は、垂井光晴。
 同じ大学の同級生で、東京名所探求会というサークル仲間だった。
 世田谷の実家から通い、女子校育ち、推薦入学、二次会には参加しない、家族の予定を優先する、天然で恵まれた容姿の割にどこか異性から遠巻きに見られていた菫を、飲み会の帰りに東京の暗渠をたどりながら数時間かけて家まで送り届けてくれたことがきっかけで、ふたりは付き合うようになった。
 「暗渠」とは、蓋をしたり埋設した川や水路のことで、1964年の東京オリンピックの前に街の景観を整えるためにたくさんの川が暗渠にされたのだ。
 恵まれた環境で育った菫に対して、実の母親を失い義理の母に冷遇されて育った光晴。
 環境のせいばかりではない、しかしそれをが埋めることのできない溝となって4年付き合った後に二人は別れた。
 今にして思えば、付き合っている最中、いや付き合い始める前、もっと前、暗渠を辿って我が家に足を踏み入れた最初の瞬間から、家族と友達に守られ、ぬくぬくと暮らしている菫を妬み、嫌悪し、いつしか陥れてやろうと機会をうかがっていたのではないか。
 しかしそれならば、なぜ別れて6年も経った今頃になって、こんな復讐を思い立ったのだろうか・・・

 はい。
 ヌード写真のネット流失ねえ。
 それが周辺の内輪で広まったものでなければ、現実的に考えれば、自分を知っている人の目に触れる可能性はかなり低いと思われます。素人が撮ったものであれば画像の質も悪いですし、絶対に本人であると言い切ることもできません。
 いかがわしいサイトなんて、そんなにみんながみんな覗いているわけではありませんから。
 動画ではなくて写真ならばなおさらでしょう。
 だから、いうほど気にしなくていいと思うのですが、貼られた本人はそう冷静には考えられないでしょう。
 むしろ、誰がどういう目的で貼ったのかが気色悪い点だと思います。精神を病みますね。
 本作の場合は、リベンジポルノとは違う過程だったわけですけども、写真を消したと言いながらずっと保存していたわけですから、男の側の責任というか、形を変えたリベンジポルノであると云えるかと思います。
 撮らせた女のほうも悪い、とは私は思わないなあ。
 そのときの流れがあるわけですからね、隠し撮りもできますし、レイプに近い状況だってあるわけですから。
 それがネットに流失し、拡散してしまう状況を持っていたほうが悪いと私は考えます。
 結果的には、1億総AV俳優時代と言われているくらいですから、誰かに見つかったらどうしようとびくびくしながら暮らすよりも、しかるべきところに相談して対処してもらい、人権の修復をはかったうえで、正々堂々と生きればいいと思いますよ。
 予防としては、写真を撮らすなというより、バカとは付き合うなということですね。


 
 

「変幻」今野敏

 同期シリーズ(全三作)の完結編。
 警視庁捜査一課の中堅刑事宇田川亮太を主人公に人情味あふれる刑事たちが登場、今野敏にしてはミステリー色の濃い殺人事件の捜査を舞台として、刑事と公安、本部と所轄の確執など一筋縄ではいかない警察組織内部の暗闇を描き出したひと味違う傑作の警察サスペンス。

 今回のあらすじ。
 キャラは前とほぼ同じです。宇田川とコンビを組むベテラン刑事植松義彦や頼りになる名波係長など警視庁捜査一課殺人犯捜査第5係の面々、そして彼らをアウトレンジからサポートする特命捜査対策室の土岐達朗、宇田川と同期で表向きは警察を懲戒免職された公安の秘密捜査官蘇我和彦、同じく宇田川と同期で誘拐事件などを扱うSIT(特殊班捜査係)に配属されている女性警察官の大石陽子が、今回も活躍します。
 特に今回は導入から、大石陽子が行方不明になります。
 珍しく自分から宇田川や植松、土岐を招いて飲み会を開いた後、庁舎からその姿が消えます。
 宇田川らは、大石の職務柄、おそらく極秘で何らかのオペレーションを行っていると推測しましたが・・・
 一方、港区の埋立地の運河で、殺人事件が発生。
 第5係は出動し、そのまま臨海署に設けられた捜査本部に配属されました。
 宇田川とコンビを組んだのは、臨海署強行犯係の51歳のベテラン刑事荒川巡査部長。
 臨海署の刑事たちは閉鎖的といっていいくらい団結力が強く、本部への対抗意識もあって捜査本部内に摩擦が生まれますが、そこは根は同じ刑事たち、どうやら薬物の売人だったらしい被害者の身元が割れると、アメリカの麻薬マフィアとつながりが噂される暴力団のフロント企業に狙いを定め、事件の核心に迫ります。
 しかしとんでもない事態が・・・
 犯行現場近くの防犯カメラに映っていた被害者を運んだらしい車、その車を運転していたのはなんと大石陽子だったのです!
 庁舎から突然姿を消した大石がなぜ、間をおかずに犯罪に関わる車を運転していたのか?
 宇田川は混乱してしまうのです。

 シリーズ通して同じだったのは、事件の真犯人を追う刑事たちの捜査本部の裏で暗躍するもうひとつの警察がいること。今回は、警察など歯牙にもかけない麻取(厚労省麻薬取締部)まで登場してきました。
 それに対してクビになったらなったでいいと開き直っている宇田川が啖呵を切って正義を貫くのがこのシリーズの醍醐味なわけですけどね、いつも似たような展開にならざるをえないので完結になったのかなあ、と。
 この作家は、あまり人を殺しませんから、シリーズ作品の展開も進みようがありませんし。
 そのかわりに、あんがいミステリー色が濃いのが特徴で、これがけっこう楽しめます。
 今回もタネを明かせば単純なんですが、事件の構図が最後までわかりませんでしたから。
 ちょっとこれが最終作というのが惜しい気もします。
 本部と所轄の関係とかリアルっぽくて興味深かったですしね。
 小説だとあまりにも本部捜査一課S1Sの赤バッジと所轄のくたびれた中年刑事の差が大きいものですが、現実は本作のように所轄のベテラン刑事に本部の若手刑事が教えられることも多いのではないでしょうか。
 刑事と公安の関係はわかりませんけどね。
 けど今回考えさせられたのは、公安のほうの国の利益のために目をつむるところは目をつむるのもアリだろうな、ということです。まあ、殺人を見逃すのはよっぽどでしょうけども、アメリカの麻薬マフィアが日本を取り込もうとしている土壇場で半グレやヤクザのひとりふたり殺されてもその事件の捜査でカウンターインテリジェンスが阻害されるようなことがあっては、国民の利益に反するのではないですか。きっと目に見えない戦いは続いていると思うんですよね。
 宇田川を主人公とするこのシリーズは終わってしまうわけですけど、明かされることのなかった蘇我和彦の経歴にスポットを当てた蘇我メインの公安警察による裏シリーズを始めてほしいなあ。無理だろうけども。


 

 

「ペンギン・ハイウェイ」森見登美彦

 私も、私の思い出も、みんな作りものだったなんて・・・

 第31回(2010年度)日本SF大賞受賞作です。
 普通の住宅街に南極圏にしか生息しないペンギンが現れたことを導入とし、続けざまに発生する摩訶不思議な事態に天才小学4年生のアオヤマ君を中心とするメンバーが謎を解決しようとするストーリー。
 一見ちょっとフワフワした感じのファンタジー小説なんですが、さすがは理系の作者だけあって最新物理学のエッセンスが加えられているところは見逃せません。
 しかも本作は2007年くらいの発表なんですが、女性物理学者リサ・ランドールが「ワープする宇宙」という多次元宇宙の存在を証明しようとしたベストセラー本が日本で刊行されたのも2007年ですから、まさに当時最新の理論を導入していたことになるかと思います。たとえばアオヤマ君のお父さんのセリフに「世界の果ては折りたたまれて、世界の内側にもぐりこんでいる」という言葉がありましたが、これなんてランドールの本を読んでいればヮ(゚д゚)ォ!とするはずですね。
 現実に宇宙には我々の住んでいる3次元世界より多次元の世界が存在して、それは小さく折りたたまれているので見えないということが推測されていますから。世界の果てというものが折りたたまれているという考えは作者のオリジナルでしょうがね、そういう発想ができるということ自体で本作は値打ちがあると思います。ただのファンタジーではありません。

 簡単にあらすじ。
 舞台は新興住宅街で、主人公は小学4年生のアオヤマ君。
 アオヤマ君は、幼くして大人に一目置かれる学者の卵。常にノートを持参して実験、研究を怠りません。
 どうやら社会的に地位の高そうな父親との知的なやりとりも、彼の生活に非常に影響を与えています。
 何かにつけ理論的に考えるアオヤマ君ですが、彼もまたひとりの男の子であり、興味のある女性はいます。
 それは通っている歯科医院で働いているおっぱいの大きなお姉さん。
 好きという理屈を超えた感情を制御できないまま、カフェでチェスを教えてもらったり彼はお姉さんと出会う一時を楽しんでいました。そんなとき、とんでもない事件が起きました。
 ただでさえ海のないこの街に、南極にしかいないペンギンの群れが現れたのです。
 ただちにこの怪現象を「ペンギン・ハイウェイ」(ペンギンが陸地から海を目指す道)と名付けて調査研究を開始したアオヤマ君。ところが、ペンギンの出処は、他ならぬ歯科医院のお姉さんであったことが判明し、彼は混乱します。
 一緒にいるときに、お姉さんはコーラの缶をペンギンに変えてしまったのです。
 さらには街の外れにある草原に、直径5メートルくらいの水で出来たような球体が空中で静止しているのを、クラスメイトの女子ハマモトさんが発見しました。「海」と名付けたこの謎の球体と、ペンギンを産み続けるお姉さんとの関係はいったい・・・!?
 少年科学者アオヤマ君の謎を解く冒険が始まります。

 思ったより切ないラストでした。
 物理的エッセンスといい、本当に懐の深い作家です。
 後にいくほど面白くなってきましたが、結局どういうことだったのでしょう。
 この物語で一番大きなイレギュラーは歯科医院のお姉さんでした。
 草原に浮かんでいた「海」が時空の穴であったとするならば、彼女はこの世の人ではありません。
 一瞬、これはすべてアオヤマ君の脳内ではないかと思っていたのですが、そうではなかったようです。
 第三者である彼のお父さんがお姉さんの存在を肯定していましたからね、事件のあとでも。
 もうひとつ小さなイレギュラーは、小学4年生になるまでアオヤマ君が海に行ったことないという事実。
 これはずっと謎で、この街も実は普通の3次元世界ではないのかも勘ぐりましたが、どうだったんでしょうねえ。
 ひょっとしたら、アオヤマ君は何らかの病気であった可能性もあります。旅行できないような。
 いやでも学校休んだときに、ずっと元気だったように書かれていたか・・・うーん。
 どうやら世界には解決しないほうがいい問題もあるようですね。
 同じように彼の小さな恋の行方もけっして解決されることはなく、記憶で塗りつぶされるべき問題なのです。
 何が悲しいって、それが一番悲しいよね。


 
 
 

「里山奇談」COCO・日高トモキチ・玉川数

 舞台は深山の対義としての里山。
 人の暮らす地と、今なお不思議が色濃く残る山との境界である。
 動植物が多様な顔を見せてくれる里山ならではの景観同様、怪異多様性とでもいうべき物語が集まった。


 人の暮らす土地と人の暮らせない土地との境界で発生する怪異を収集した奇談集。
 ですから里山だけではなく浜辺の話もあります。
 街の暗渠の中とか、廃病院とかもある。
 そう聞けばさも気色悪いといいますかもろ怪談じゃねえかと思われるでしょうが、怪談ではありません。
 超怖いという話はありません。もちろんほのぼのできるような話でもないですけど。
 怖がりな方でも、夜に読んでてひとりでトイレに行けるレベルのお話です。
 ですから、秋の夜長にちょっと軽く本読みでもというときにいい本じゃないですかね。
 40篇の物語はいずれも気楽に目を通せる長さですから。

 ではまあ、私なりに印象に残った話を数珠つなぎ風に。
 湿地管理の防犯カメラに映った謎の白い影「白い人」、浜辺に打ち上げられた正体不明の生物の遺骸「浜辺にて」、草深い野道を歩いているといつも自分を呼び止めるおばさんがいる「誰向」、ダムに沈んだ集落に存在した禁断の温泉「カンヌケサマ」、それは草刈りの途中に藪の中を近づいてきた「笑うものが来る」、人里離れた古寺、秘仏のもとに住まう謎の古代生物「鉤虫」、子供時代、冒険した地下の暗渠にいたモノ「暗渠の中」、交通事故の多い危険な崖下から鳴る携帯電話の着信音「山間に鳴る音は」、六本指の村人たちが住まう集落に宿泊した夜「指」、ついてきていたはずの弟はいつのまにか何かに変わっていた「廃病院にて」、誰そ彼(たそがれ)どきに向こうからやってきたひとの正体「黄昏れ」、など。

 個人的には「黄昏れ」が好き。
 というのも、私毎夜に河原をジョギングしているのですが、つい最近、上の堤防の道でだれか人間がこちらを見下ろしているのを見ましてね。そうだな30メートルくらい離れてたんですかね。その人間の背後に月があるので、私からはその人間は真っ暗にしか見えないんですよ。逆に私の背後に月があればその人間のディティールは見えたと思うのですが、まったくこちらが月明かりに照らされて、その黒い人間が動かずじっとこちらを見下ろしているみたいな感じが続きましてね。私もじっとそちらを凝視しているんだけど向こうは動かない。すごい不気味でした。おそらくタバコでも吸いながら酔狂にジョギングしている奴を物珍しく見てたんだろうけど、見下されているのも動物感覚的に嫌だったし、怖気を振るいましたよ。いやタバコは吸ってなかったな、手が動かなかったから。まあ、そんなことがあって「黄昏れ」を読んで似たような感覚だと思ったんですね。誰そ彼(たそがれ)ですよまさに。
 あとは・・・滝山さんの「笑うものが来る」。これはそれ自体じゃなくておまけでついたツチノコのエピソードが妙にリアルっぽくてね。私は確実にツチノコは存在した(している)と思っているので。一番怖かったのは、「暗渠の中」か「廃病院にて」かな。どっちもありそうな怪談話ですけどね、他で読むのとはちょっと本書のは雰囲気が違った気がします。病原性アメーバ・ネグレリア・フォーレリに原因を求めた「カンヌケサマ」は衝撃的でインパクトがありました。

 タイトルは「里山奇談」となっていますが、里山とはこの世とあの世の境界線というメタファー的な意味で使われたと思っています。あの世というのは必ずしも霊的な意味だけではなくて人間の計り知れない異世界全般を含んでいます。たとえば未確認動物とかもそうだし、奇妙な風習とかもそうですね。昨今、どんどん里山が消えていっているせいで異世界も消えているかのように見えますが、境界にまばらな人さえいなくなったことで目撃談が減っただけではないかと思います。里山が復活すればまたそれを目撃するひとが現れるでしょうから。それは消えたわけではありません。ずっとそこに存在しているはずです。境界のちょっと向こうのほうに。


 
 
≪PREVNEXT≫
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (16)
スポーツ小説・ミステリー (11)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (28)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (24)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (31)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (154)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (26)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示