「百年文庫 空」北原武夫/ジョージ・ムーア/藤枝静男

 百年文庫ナンバー55のテーマは「空」。
 地球のあらゆる場所はどこでも空でつながっているということですわ。
 あるいは逆説的に、空でつながっているのにまったく違う世界である、物理的に閉ざされているとか。
 同じ空の下なのに人それぞれ感情が違うとか、感じ方も違います。
 地球の表面である土も同じくどこともつながっているのですけども、「空」を使えば何か雄大に感じられる。
 ロマンチックですよね。
 なぜでしょうか。いつも靴の裏で踏んでる土よりも手の届かない空に憧れがあるのでしょうかね。
 なんとも人間らしいな(笑)
 圧倒的な空の下でアリンコのような人間が紡ぐ物語が3篇。
 空にとっては些少でもアリンコにとってはそれがすべて。

「聖家族」北原武夫(1907~1973)
 不思議な物語です。結末は何であったのか、人それぞれ思うところは異なるでしょう。
 昭和12年春、瀬戸内海の小さな島で小学校の教員をしていた26歳の生駒いくのは、景色を見ているうちにどうしても教員をやめなくてはと思いたち、その足で校長先生に辞職を願い出て、年老いた母と弟を置いて東京に向かいました。
 彼女は画家を志しており、大胆にも有名な洋画家である有馬邦彦画伯の邸宅に押しかけて住み込んでしまいます。
 そのうち人間はどうしても貧乏をして生きていかねばならないという思想を持ったいくのは、画伯の邸宅を出、納豆の行商をしながら路端で肖像画を描く生活を始めましたが、客の紹介で不幸のどん底にいるような男・赤井啓介と結婚、息子の太郎をもうけました。いくのは託児所「光の家」を開業し、束の間の充実した生活を送りますが、夫の赤井が女をつくって駆け落ち。
 戦火が押し寄せ、有馬画伯の鎌倉の別荘で太郎と一緒に住み込んでいるとき、貧乏画家の田島順吾と再婚。
 働きすぎを田島にたしなめられたいくの、太郎と田島の3人は自給自足の極めて原始的な生活を送ります。
 そして巻末の何やら暗喩めいた3人の出発、その日は昭和20年8月15日終戦の日だったというわけです・・・
 うーん、最後の解釈に尽きるのではないですかね。私は不思議に感動したというか、印象に残る作品でした。
 この物語の根底のテーマが宗教的なものであったとするなら、人生における最期、死と再生まで描かれていたと見るべきでしょうが・・・


「懐郷」ジョージ・ムーア(1852~1933)
 アイルランド移民のジェイムズ・ブライデンは貧民街の酒場勤めで体を壊し、14ねんぶりに故郷であるアイルランドの村に帰郷します。そこではヒーローでした。若いうちにアメリカへ行かなかったのがみんなの悔いの種である貧しい故郷では、場末の貧民街で生活を余儀なくされていたブライデンでさえ、金持ちであったのです。彼のアメリカでの実生活も知らずみんなが羨むなか、ついには婚約者まで現れますが・・・一方でどうしてもブライデンはアメリカに帰りたくなってしまいます。
 最期に思い出したのがマーガレットだったというオチが、理解できないようで理解できる気がしませんか。
 彼にとって故郷とは田舎ならではの無垢な良心だったのかもしれないですね。
 いや、誰にとってもそういうものかもしれません。故郷とは土地ではなく人、なのかな。自分を待ってくれている人がいなくなれば、そこはもうあなたの帰る土地ではないのかもしれません。


「悲しいだけ」藤枝静男(1908~1993)
 小説というより随筆ではないですかね。名随筆だと思う。
 3ヶ月前、妻を亡くした私。結婚生活39年の間、妻が健康だったのは最初の4年間だけでした。妻は戦争末期に結核を宣告されて以来、35年間で8回の長期入院と5回の手術を強いられました。その末、亡くなったのです。妻が楽になったという思いと悲しさでせめぎ合う私の心。しかし目的もなしに奈良へ一人旅などをしているうちに、悲しいという感覚が塊となって、物質のように実際に存在していることを悟るのです。
 作者は医者ですから、またちょっと死に対する感覚が違うかと思いますが、ここで語られているのは語り口調こそ医者で作家のものでありながら(冷静)、長年の連れ添いとしてどうしようもない爆発するような悲しみが内在されているようでなんとも言えないです。


 


 
スポンサーサイト

「自殺予定日」秋吉理香子

 今日から一週間。それが私の“自殺予定日”

 昔友達が死にそうになって「あと一日がんばろう」「もう一日辛抱しよう」と言っているうちに、今ではそいつ私の年収の50倍くらい稼いでいるんですよ。もう会うたびに「はよ死ね!」と言ってますけどね(笑)
 先を見すぎて悲観するのは馬鹿な話であって、人の一生なんて一日一日の繰り返しの蓄積だけなんですから、うんこが堆積していくのと同じでね、まったくたいした意味はありませんから、辛くても一日区切りで頑張って生きていくことです。
 頑張れって言われることこそ辛いと聞きますけども、それは頑張りの意味をはき違えているからであって、なにも受験や仕事を頑張れと言っているのではなく、一日過ぎればよく頑張って生きたということになると思うんですよ。遠い先の目標ではありません、とりあえず今日の日が暮れるまで頑張って生きてみようと言ってるんです。それくらいならなんとか頑張れるでしょ? 人間はいつ死ぬのかわからないのですからね。坂本龍馬の手紙じゃないですが、風呂桶にキ☆タマをぶつけて急に死んだ人もおられるのですからね。
 本作にも書かれていましたが、鬱もひどくなると死ぬことさえできないそうですが、ならば逆に自殺される方はパワーがあるのではないでしょうか。そのパワーの切れ端でも使えば一日一日を耐えていくことも不可能じゃないと思うんですよ。

 あらすじ。
 16歳の渡辺瑠璃は、群馬県の山奥にある旅館をひとりで訪れた。
 自殺の名所とされる森で、首を吊って自殺するためである。
 瑠璃が12歳のときに母が急死し、半年前父も亡くなった。瑠璃は天涯孤独だ。友達もボーイフレンドもいない。
 父はレストランを経営するかたわらメディアにも数多く出演するフードプロデューサーで、母は結婚する前はパティシエだった。そんな環境で一人娘として育った瑠璃は、自然と料理に興味を覚えるようになり、独特の才能を育まれてきた。
 母の夢は、オーベルジュ(宿泊施設つきのレストラン)を家族で経営することだった。
 しかし、そんな夢もはかなく散ってしまった。
 血の繋がらない義理の母との、気が詰まる生活。
 母が亡くなって2年後、父は秘書だったれい子さんと結婚した。
 れい子と瑠璃は母娘になれないままに、父が死んでしまった。
 瑠璃は確信している。父はれい子に殺されたのだと――3億円の生命保険のために・・・
 警察に行っても、父のかかりつけの病院に行っても相手にされなかった。
 ならば遺書を残して、抗議の自死を決行するだけだ。天国で母と父の3人で昔のように楽しく過ごしたい。
 そして瑠璃は森の木に縄をかけて首を吊った。そのとき・・・
 ひとりの少年に邪魔をされた。彼の名は椎名裕章。
 一緒に旅館に行ってびっくりしたことに、瑠璃以外の人間には、彼の姿は見えなかった。
 そう、裕章は幽霊だった。2年前の今日、瑠璃も死のうとした森で首を吊って本当に死んだのだという。
 地縛霊となって不自由を強いられている彼は、ひとまず瑠璃に自殺を思いとどまらせ、父の死の謎を解決する手助けをしてくれるという。悩んだ末、瑠璃は1週間という期限を切り、裕章の手助けのもとに継母が父を殺した動かぬ証拠を発見しようとするのだが・・・

 うーん、ラノベみたい。軽すぎる。フワフワ。
 前はもっといい意味で腹が黒いといいますか気色悪い小説を書いていたように思うんですがねえ、秋吉理香子。
 もう冒頭で結果がわかってしまっていましたからね。
 これで書き下ろしというのだから。私はまたマーガレットか花とゆめにでも連載してたのかと思いましたよ。
 裕章の件は確かに想像できませんでしたが、真相を知ってもかなり無理があると思う。
 人間に間違えるからこそ幽霊なのです。人間を幽霊に間違えることができますかね? あれだけ一緒にいて。
 あと2,3冊かな、それがこの作家の見限り予定日だね。


 
 
 
 
 

「生と死のミニャ・コンガ」阿部幹雄

 「なぜ、阿部さんだけが死ななかったのですか」
 ある遺族が質問した。
 質問をされるまで、「なぜ死ななかったのか」などと考えたこともなかったぼくは、質問に答えることができなかった。
 なぜ死ななかったのだろう。
 なぜ、ぼく一人生き残ったのだろう。
 それが、ぼくの運命というものなのか。答えを見いだすことができないぼくは、「運命だと思います」とだけ、答えるのが精一杯だった。


 8人が滑落死亡した北海道山岳連盟ミニャコンガ登山隊の生還者による衝撃の手記。
 ただただ、恐ろしかった。
 著者の目の前を、仲間がザイルで繋がれたまま2千数百メートルも落ちていったのです。
 恐怖に驚愕した彼らの顔、恐怖の目、見たことのない形相。しかも誰も声を上げないまま・・・
 
 ミニャコンガは中国四川省の成都から西へ約400キロ、チベット高原の東端に位置する大雪山脈の主峰。
 標高は7556メートルで、ヒマラヤのジャイアンツたちと比べると低いですが、魔の山として知られています。
 初登頂は1932年のアメリカ隊、第2登は1959年に中国隊(3名死亡)がいずれも北西稜から成功しています。
 しかしその後中国の政治情勢により閉ざされており、ようやく1980年代になって“開放”されました。
 そのタイミングで真っ先に手を上げたのが、日本の北海道山岳連盟の登山隊(23名)でした。
 日中友好のタイミングと政治力もあって、外国勢で初めて彼らに入域登山の許可が下りたのです。
 しかも、目指すのは未だ未踏の北東稜です。応募した隊員たちの胸は湧いたことでしょう。
 後にフォーカスの探検記で名を上げる著者ですが、このときは北海道大学を卒業したばかりで山岳写真家を目指す駆け出しの27歳の貧乏青年でした。著者は1981年の本隊の前に、1980年の偵察隊にも加わっています。
 日本登山史上最悪ともいえる滑落事故が起きたのは、1981年5月10日の頂上アタック当日でした。
 山頂を目指したのは第1次登頂隊の12名。出発時は快晴でしたが後に天気は急変。
 頂上までわずか100メートル少しというところで、先頭を行っていたひとりがいきなり滑落しました。
 山頂に迫っていたグループは登頂を諦め、滑落した隊員を捜索しますが見つかりません。
 仕方なく下山を開始しましたが、誰かが滑って落ちたのに巻き込まれて、ザイルで繋がっていた7人がもろとも滑落していきました。この事故は、体調が悪くて皆に遅れてようやく登っていた著者の目の前で起こりました。確保していた隊員は皆が落ちてザイルが伸び切ったときに吹っ飛んでいきました。その瞬間、彼と目が合ったそうです。
 助かったのは、幸か不幸か体調が悪くて遅れていた著者を含む3人と、それに付き添っていた副隊長の4人。
 しかし、天候が急変したのと積雪で帰りのルートを見失ったために、4人の下山もまさに危機一髪の決死行となり、実際に著者はクレパスに落ちて九分九厘死にかけています。
 ようやく第2次登頂隊のメンバーに救出されたときには、凍傷で足の指が真っ黒になっていたそうです。

 事故の原因はなんだったのか。
 事故報告書では、無理な全員登頂計画を立てた川越昭夫隊長の責任を厳しく問うていたそうですが・・・
 実質的な計画立案者だった氏家英紀副隊長が肺炎のために参加できなくなったときから、何かが芽生えていたのでしょう。
 隊員のなかでただひとり8千メートル級の登山経験者である森美枝子は第2次登頂隊でしたが、現地で登山を拒絶したそうです。第六感みたいなものでものすごい不安感を覚えたからだそうです。
 隊員たちの高所登山への知識不足、登山計画の緻密さの欠如。そして、何よりも失点だったのはミニャコンガを甘く見ていたことです。あの山なら全員でいける、やさしいとみんなが油断していました。だからバラバラに近い形で登り、ザイルの準備も1本しかありませんでした。ことごとく誤った判断を登山隊は下していました。その結果の事故なのです。
 ミニャコンガが魔の山と呼ばれる由縁です。やさしいと思わせておいて、最後の最後で牙をむくのです。
 なんせ、日本人だけで10名を超える方が亡くなっているのですからね・・・

 本書はこの後、著者の知人も亡くなった1994年の日本ヒマラヤ協会ミニャコンガ登山隊の不審な行動、そして彼らが発見した北海道山岳連盟の隊員の遺体の捜索の模様が語られています。
 遺体捜索隊は、著者も副隊長となって参加しました。1995年のことです。
 すでに家庭を持っていた著者にとって、ミニャコンガは地球上で一番行きたくない場所でした。
 ただひとり現場で生き残った自分が死んだ仲間に呼ばれるのではないかという不安があったそうです。
 うん、わかる。よく頑張って行ったと思いますよ。鎮魂ができたね。
 結局このとき遺体は見つかりませんでしたが、氷河で眠る息子たちへ故郷北海道の香りを届けたいと遺族がラベンダーのポプリを撒いたとの記述には、思わず涙が出て止まりませんでした。

 本書の著者である阿部幹雄さんが巻末のあとがきを書いておられたこともあって、私はこの本を「ミニヤコンカ奇跡の生還」で知ったのですが、というか、1981年の事故はそれを読むまで知らなかったのですが、改めて本書で事故の詳しいところを読んでみると感じが全然違いましたね。温度差というか。本読で阿部さんは川越隊長を手厳しく非難しており、生存した隊員や遺族と隊長の縁は事故以来切れているかのように書かれていますが、「ミニヤコンカ奇跡の生還」で著者の松田さんは登攀中に発見した北海道山岳連盟隊のピッケルを、登山の参考に話を聞きに行った川越隊長のお土産にしようと思ったと書いていました。なぜなんでしょうかね。この空気読めていない感はどこからきたのでしょうかね。
 ひょっとしたら松田さんらの挑戦は事故の翌年のことだったし、報告書とかがまだで、事故の本当のところの原因を松田さんは知らないまま、逆にもっとも責任があったと言われている川越隊長に話を聞いただけで行ったんじゃないですかね。
 隊長と他の隊員や遺族との関係が険悪になっていることを何も知らなかったんじゃないでしょうか。
 奈良副隊長か阿部さんに話を聞いていれば、違った結果があり得たかもしれないと思いました。





 
 
 
 
 

「永遠の1/2」佐藤正午

  「月の満ち欠け」で平成29年度上半期の直木賞を受賞した佐藤正午のデビュー作。
 第7回すばる文学賞受賞作です。
 「月の満ち欠け」が一風変わっていたので、他のも読んでみる気になってのですが、ちょっと遡りすぎました。
 1984年に刊行された作品で、物語の時代設定も1980年頃(昭和55年)なのですが、ちょっとその雰囲気についていけませんでした。なんかこう、カッコつけてるといいますか、酒の飲み方とか女性への接し方にまったく共感ができなかった。
 ジェネレーションギャップと言っていいかも。
 そういや、バブル期前の高度成長期だったか。
 ハードボイルドなんて言葉もあったなあ。もう、今の小説だと部屋でウイスキー飲む男なんてあまり見かけないからね。
 確か直木賞の選評で北方謙三が作者と同じ年のデビューであると言っていましたが、「友よ静かに眠れ」も今読めばこんな感じのとんちんかんなんでしょうか。
 これ真面目に書いてるんだよね、笑わそうとしてるんじゃないよねとか真剣に思ったりしてね。
 正直、読み進めるのが苦痛でしたね。
 何が起きるんだろうとドキドキしていたのは中盤までで、結局何も起きないのかよと諦めてからは、酒の肴にもなりませんでした。やたら文字が詰まっていて長ったらしいしよお、つまらねえくせに。
 もっとも、ブレイザーは岡田にどこを守らせるのかとか、長嶋は原を待っているとか、主人公はプロ野球が好きなのでこれら巨人軍前監督原辰徳がまだ入団前という、これほど隔世の感が味わえる小説も少ないかもしれません。その意味では読む価値もあるかもしれない。主人公は競輪狂でもあって、まだ中野浩一が走ってるしね。
 時代背景だけではなく、青春小説の範疇にはいるであろうこの物語の展開にも、いい意味で世代差を痛感します。
 気になる女性に連絡するのに、家に電話をかけて家族を通さなければならないというもどかしさ。
 これは小説的には携帯電話などよりよほどいいのですね、雰囲気的にも、展開に含みを持たす意味でも。
 すぐに連絡を取れないということは、今ならば事故や関係断裂を疑いますが、この頃ならば何かしらの偶然の可能性も濃厚に漂いますから、「連絡がつかない」これだけでひとつのプロットになりますから。
 そういう意味では、本作を読むことによって違う価値観の発見があったかもしません。
 
 あらすじ。
 主人公は田村宏、27歳。高校を卒業して市役所に3年間勤めた後、仕事を転々としています。
 昭和54年の年末、またしても彼は仕事を辞め、結婚を考えていた彼女にフラれました。
 しかしこの瞬間から、彼はツキ始めていたのです。
 年が変わって、趣味を通り超えて習慣である競輪で爆勝。
 おまけに競輪場の売店にヘルプでバイトにきていた足の長い美人とのデートに成功。
 彼女、小島良子は田村の2つ上で29歳、3ヶ月前に離婚し、祖母とふたりで暮らしていました。
 当初、彼女が最近まで人妻であったことすら知らなかった田村ですが、ふたりはアパートで逢瀬を重ねるようになります。
 競輪のほうも相変わらず調子がよく、新しく仕事を探す必要が感じられませんでした。
 すべて順調。ツキは続いている。はずでしたが・・・
 自分にそっくりな人間が、この街いる。
 競輪場で何度も人間違いをされることに、その頻度が尋常ではないことに、田村は気づきました。
 そしてその“そっくりさん”と間違われて暴力をふるわれたことをきっかけとして、彼は自分と瓜二つの人間のことを調べ始めるのです。その結果、そのそっくりさんは野口修治というのが本名で、博多に妻と子供をおいて蒸発、この街にやってきてバーに勤めましたが、店の売上を持ち逃げしたあげくホステスと一緒に雲隠れしていることが明らかになったのです。
 野口修治は、とんでもない女たらしの、破天荒きわまる男でした。
 そして野口の起こすトラブルによって、外見がそっくりである田村もまた巻き込まれていくのですが・・・

 主人公に共感できたことは、一年の締めくくりにその年書いた日記を読み返すこと。
 これだけ。もちろん、私は日記なんて書いたことないけけどね、おもしろそうと思ったから。
 結局、この小説は何だったのかというところを考えているのですが、その時の時代性が色濃く反映された青春小説という表面上の顔の下には実はそれほど深みといいますか裏の顔はないと思います。先に「月の満ち欠け」を読んでいましたから色々期待しすぎただけであって、このときは作者も若者ですからね、30年後と比べちゃ酷でしたわ。
 今気づいたのですが、月とツキは掛かっていたなと思いましたね、偶然ですけど。面白い。

 
 
 
 
 
 
 
 

「中攻 その技術発達と壮烈な戦歴」巖谷二三男

 海軍航空の柱石・中攻隊の栄光と衰退

 img001_convert_20170916151508.jpg

 昭和31年に発刊された原書の再販版(昭和51年)。
 噂にたがわぬ“名著”であり、中攻隊の詳しい戦歴はもとより、海軍航空ひいては太平洋戦争における海軍の隆盛衰退に至るまでの系譜がこれほどずっしりと詰め込まれた本はありません。
 付録として九六式陸攻、一式陸攻の設計に携わった本庄季郎技師(戦後三菱重工技術部次長)の思い出回顧録や、三菱重工業製作飛行機歴史録もついており、11式大型練習機(一式陸攻の初期生産タイプ。編隊で一番被害が出やすい端の小隊の専用機=翼端援護機として重武装が施されたが使い物にならず、生産30機はすべて練習機に回された)などの興味深いデータも載せられています。編隊の端っこはカモ番機といってよく狙われたから、こんな発想をしたんだね。知りませんでした。
 知らなかったことといえば、山本五十六の肝いりで昭和11年3月に九六式陸攻が制式採用されて、昭和12年8月14日に世界史に類のない東シナ海を超えて往復2千キロにおよぶ遠距離渡洋爆撃をが挙行されたわけですが、それからわずか1か月で使用40機の30パーセントにあたる12機を喪失していたという事実も初めて聞きました。惨憺たる被害ですね。にもかかわらず世界の戦争方式を変えた快挙ということで、マスコミが騒ぎ立て、渡洋爆撃に参加した搭乗員はヒーロー扱いされたのでした。
 まあ、このときの世界初の長距離爆撃が、ゆくゆくはB29などの戦略爆撃の走りとなったわけですが・・・
 また昭和12年10月、横須賀航空廠で渡洋爆撃経験者を呼んで開かれた研究会では、はっきりと中攻が被弾すれば燃えやすいことが意見として述べられ、至急に防弾対策を施すべき提言がなされているのです。
 にもかかわらず、できなかったのかしなかったのか、結局終戦に至るまでこの問題は完全に解決しませんでした。
 本書を読んでいれば、なぜ日本が負けたかということがわかります。
 工業力の差、量の差ですね。それを中攻の戦譜がよく顕していると思いました。

 日本海軍の中攻が世界の先駆となったこと、それは遠距離渡洋爆撃と、もうひとつはマレー沖海戦での航空隊だけによる戦艦を含む艦隊の撃滅です。これを忘れちゃいけない。
 昭和12年8月から始まった中攻隊によるシナ事変への出撃、各地への爆撃は昭和16年9月をもって正味中止(この間搭乗員70組喪失)され、それからは次々と開隊された中攻隊はすべて太平洋戦争に注力していくことになりました。
 そして開戦劈頭、仏印サイゴン基地を拠点とする72機の陸攻隊が、イギリスの誇る戦艦プリンスオブウェールズ、高速戦艦レパルスを雷爆撃によって撃沈したのです。英艦隊は戦艦2隻海軍中将以下800名の人員を失い、我が方は陸攻3機搭乗員20名を失っただけという完勝でした。
 これは真珠湾以上に世界に衝撃を与え、海戦方式に一大革命をもたらした快挙となったのです。
 しかし、中攻の栄光はここまで。
 もっとも限られた局面ではその後も中攻隊の活躍は続きましたが、戦線がソロモンに移ってからは激しい消耗戦が繰り広げられ、結局は量の不足、搭乗員技量の低下、防弾装置の欠落、そして忘れてはならないのがアメリカ艦船の対空兵器能力の飛躍的な向上によって、中攻の活躍する場面はなくなっていきました。昼間雷撃などとてもできなくなりました。消耗が戦果を上回ったのです。にもかかわらず司令部は中攻を酷使しましたね。その原因は戦果の見誤りなどの過大報告もあったのでしょうが、その時点の選択として使える兵器が中攻しかなかったのではないかと思います。もっと銀河などの高速爆撃機の開発採用を早める努力をするべきでしたね。緒戦の戦果で中攻の戦力は過大評価され、さらにアメリカ軍のそれに対する適応の早さが司令部の念頭にはなかったのでしょう。
 昭和19年2月、751空がテニアンに撤退するまでの2年1カ月、中攻9航空隊のほとんど全力が入れ替わり立ち替わりラバウル、カビエン、ブカ等を基地として死力を尽くして戦いつつ、力尽きていったのでした。

 中攻隊の創生から終焉まで語りつくされている本書ですが、まさに著者の巖谷二三男氏は最後まで中攻隊と共にあった人でした。略歴を見ていて意外だったのは、神戸高等商船学校の出身だったんですね。兵学校ではありません。昭和9年に予備士官から海軍現役に編入し、昭和10年に第27期飛行学生。おそらく偵察員配置だろうと思います。
 その後、中攻の聖地とでもいうべき木更津空や美幌空、鹿屋空、701空、706空などの幹部を歴任。
 ほぼ戦争の最前線で中攻の活躍を見続けてきた方です。終戦間際には中攻隊最後の作戦となるはずだったサイパンのB29を焼き払う剣作戦の計画実行責任者にもなっています。
 当然、交友を結んだ人物も多く、本書には得猪治郎、三原元一、檜貝譲治などの他書ではあまり見かけない中攻隊の重鎮というべき幹部の業績や言動、そして行く末が語られている点でも本書は貴重でしょう。

 だいぶ前から持っていたのですが、分厚い(500ページ超二段組)のでなかなかその気になりませんでした。
 もっと早く読んでおけばよかったです。


 
 
 
NEXT≫
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (27)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示