「春山入り」青山文平

 「約定」(2014年8月刊行)の文庫本化にあたって改題されたものが本書「春山入り」。
 江戸時代中後期の武士の暮らしを題材にした人情味豊かな短編が、6篇。
 別の著作にも収録されている「半席」がそのまま入っており、不思議でしたが、作者あとがきによると、後に連作小説集となった「半席」の一作目が「約定」に元から入っていたためであるそうです。
 そういう作品が生まれた由縁を読者に知っておいてもらいたいということですね。
 ひとつの短編を作るのに、素材集め1ヶ月、構想1ヶ月、執筆1ヶ月の計3ヶ月も費やすそうで、それだからこんなに懇切丁寧というか、思いのこもった物語が生まれるのですね。
 短編ながらとても内容が濃く、それぞれに色合いも違うため、相当目先の変わる面白い作品集になっています。

「三筋界隈」
 三筋界隈とは、浅草阿部川町と書院番組屋敷、隣り合う大番組組屋敷と元鳥越町の一帯の俗称であり、水の都江戸のなかでもっとも水害の多い土地だったそうです。大雨が続けばすぐに床下浸水のような。そんな家賃の安い三筋界隈で剣術道場を開いてる主人公。44歳、田舎の藩の郡奉行を解任され江戸に出てきて5年。独断で洪水被害を受けた農民の年貢を免除したことを避難され、召し放ちになったのです。道場といっても、弟子はひとりも来ません。天明の飢饉で暴騰したコメを原因とする商家打ち壊しの日雇い用心棒くらいしか糊口をしのぐ手段はありません。ある大雨の日、急いで主人公が道場に帰る道すがら、ひとりの年老いた武士が行き倒れになっていました。自家製の薬湯で老武士を看病したのですが・・・

「春山入り」
 春山入りとは、冬の寒さ厳しい北国の藩民が、春の訪れを喜び里山の草花を愛でて遊ぶ風習のことだそうです。
 刀が腰の飾りとなりかけている天明の世。島守藩6万石で150石を食み剣の腕で鳴らす藩士・原田大輔は、馴染みの刀商をおとなうことを愉しみとしていました。ある日、主人に誘われるまま店に入った原田の目に止まったのは、業物の津田助広よりも長柄刀という、普通の刀より柄を二寸伸ばした実戦用の“卑しい”刀でした。後日、幼馴染で今や藩政を差配する若手重臣の川村直次郎から、新たに藩で雇用することになった儒者の警護を頼まれた原田は、実戦向きの長柄刀のことを思い出します。

「乳房」
 私的にはこれが一番好きです。
 百姓の次男坊で、陸奥国中川原村の幕府御領地の手代から一躍江戸に呼ばれて御家人となった立志伝中の人物が、那珂の養父・島村清蔵でした。今で言えば現地採用から実力で東京本社に栄転みたいなものでしょうか。
 しかし、一人息子を病で失くし、姪の那珂を養女として迎えた清蔵は、彼女に婿を取るのではなく、那珂を旗本に嫁がせることを選びました。西崎弘道という32歳の、200俵取り大番組番士が那珂の嫁ぎ先でした。いざ嫁いでみると、御家人とはいえ余録の大きい役職に就いていた島村家での生活と、旗本とはいえ爪に火を灯すような西村家での生活にとまどうことばかり。身分の差を突き崩そうとした清蔵と、ひたすら身分を守ろうとする弘道のふたりの男の差も感じていました。だから、弘道が大阪在番の役目が回ってきて1年間の単身赴任が決まったときは、これで明かりが贅沢に使えて好きな漢詩が読めると喜んでさえいたのです。しかし、夫の留守中に、中間にしては美丈夫すぎる辰三という男が屋敷に入るようになって・・・

「約定」
 これについては、色々と考えてみました。どうして間違ったのだろうと。どこかに真相のヒントは落ちていないかと。3年後と清志郎に勘違いさせたものの正体は何だったのかと。でも、真一郎と清志郎の言うことがどちらも本当ならば、清志郎の記憶違いということに落ち着くしかないのですね。ですから、作者の言わんとしていることは約定の行き違いうんぬんではなくて、約定が違ったときのそれぞれの武士としての生き方の違いなんだろうと思います。サムライとして自死を選んだ清志郎と藩政を預かる重臣として責任をおっていた真一郎の価値観の違いです。江戸中後期の財政破綻は、元々ひとつの生き方だった武家を、武士道と経世道に分かつ分岐点となったのです。

「夏の日」
 この作家は、飛び地といいますか、幕府御領地や知行地の話が好きですね。
 この話も、上野国西原郡久松村という700石の旗本西島平右衛門の知行地を舞台にした話です。
 久松村の名主である落合久兵衛は、飢饉の折に蔵を開いて無償で村民に食糧を分け与え、名主の鑑と言われていました。このことが幕府に懸賞され、同時に落合家は元はと言えば小田原北条家の家臣であることを由緒としているため、苗字帯刀が許されることになりました。平右衛門の子息であり書院番を務める西島雅之は家人とともに、このことを伝達するため久松村を訪れます。そこで殺人事件が起きるのです。被害者は、落合家の門屋(百姓に帰農した武士の家臣)筋で、田畑仕事ばかりでなく商いもしていた利助という男でした。
 この話は、「励み場」という作品のベースとなっているとみて間違いなさそうです。設定やミステリー調など似ています。
 今思えば、この作家が飛び地や遠隔知行地を舞台にしたがるのも、それがもつ閉鎖性や神秘性を好んでいるのかもしれません。


 
スポンサーサイト

「あとは泣くだけ」加藤千恵

 さすがの切り口を魅せる歌人・かとちえさんの、短編恋愛小説集。7篇。
 過去の終わった恋愛を、偶然見つけた“モノ”をきっかけに、回想するのが共通したテーマになっています。
 まあ、私なんかが云うのもなんだけど、恋愛は終わってから5,6年経ってやっといい思い出になりますよね。
 最中のときじゃあ、そんな余裕というか詩的なものにはなりませんな、生だから。
 唐突にドブの底みたいに猛烈に臭い屁をかがされたり、偶然熱心に鼻をほじっているところを目撃してしまったり、そういったその時の生臭いことをね、忘れたあたりから過去の恋愛は光り輝いてくるのですよ。
 そういうもんでしょ。屁の臭いを覚えているうちはいい思い出になんてなるわけないじゃん。
 心が自然に思い出しているうちはダメってことですよ。
 この小説みたいに、押入れとかのふとした場所から元恋人に関するモノが出てきて、フッと時間が止まったような感覚に陥り、遠くなった甘く切ない記憶を探る、みたいな感じが一番美しい。
 嫌なことがある程度、フォーマットされているからね。
 絶対忘れないだろうと思っていた元恋人の誕生日や、携帯番号とかも瞬く間に忘れています。
 テレビに出てるのを観るたびにドキッとしていた同じ名前の女優も、いつしかまったく気にならなくなります。
 偉大ですよ、時間というのは。
 まあ、色んなシチュエーションの別れ話も良かったと思います。全部が全部いいわけではありませんけど。
 個人的に好きだったのは、4番目の「あの頃の天使」ですかね。
 部屋を片付けていたら、彼女が残していったたまごっちが出てくるという。急いでコンビニにボタン電池を買いに走るその気持はよくわかる。男はロマンティックだからねえ。
 ちょっと、かとちえさん見直しました。
 西加奈子とのオールナイトニッポンRはレギュラーにはならなかったのな、残念。
 始めから朝井リョウとではなくて、女性ふたりでやっていればもっと面白かったと思う。女性ふたりのラジオは久保ミツロウと能町もそうだけど、面白いわ。

「触れられない光」
 父が早死してから、私(阿弓)に執着してばかりの子離れのできない母。2年付き合った彼氏から婚約指輪とともにプロポーズされたときは、ついに母の元を離れる決心がついたが、祖母が倒れて「阿弓はいなくなったりしないわよね」という言葉に、やはり私は縛られてしまう。
「おぼえていることもある」
 この話はけっこう謎なんですよ。かとちえさんがまだラジオやってればリスナーとしてメール送りたかったくらい。
 主人公のそうくんは、イケメンで彼女が途切れたことのないヒモ男なんですが、偶然知り合った地味で垢抜けない女性に、強烈に惹かれてしまうのです。彼女の名は山下紗江子。しばらくは彼女のボロアパートで同棲するのですが、紗江子から「好きな人ができた」と追い出されるはめに。そのとき「わたしはあなたを好きだったことはない」と言われて諦めました。彼女からもらったウィリアム・バロウズの本「おぼえていることもある」が思い出の品です。この本にどんな意味があったのだろうと不思議な話です。
「被害者たち」
 主人公の女性は、賞味期限の切れたワタリガニの缶詰を発見し、6年前に付き合っていた5歳年上の彼氏のことを思い出します。細目でクールな彼氏は、蓋を開けてみると大変嫉妬深く、暴力をふるわれたこともありました。
 絶対に付き合ってはいけないのが、嫉妬深くて暴力をふるう人間。だいたいこの二つはセットで現れます。
「あの頃の天使」
 大学受験を控えて忙しい主人公は、気分転換に部屋の掃除をしたところ、4年前に初めて付き合った女の子からもらった、たまごっちを発見。起動させるべく夜中にもかかわらずコンビニにボタン電池を買いに走ります。中1の切ない恋が今、よみがえる。
 爽やかで切ない物語。ありがちな話でも、作者のアレンジが冴えています。
「呪文みたいな」
 女子高で、ひとり浮いていた一匹狼のリミ。次第に彼女のことが気になりだした主人公は、友達に隠れてリミと会うようになります。卒業とともに連絡が取れなくなった彼女との思い出は、手づくりの天然石のブレスレット。それは7年前。
 どうして卒業したとたん、リミの携帯の番号が変わったのか、それを考えるだけでも酒が五合は飲めますね。
 もらったストーンは、ソーダライト、フローライト、ラリマー。それぞれの石がどのようなパワーを持っているかを読んでみたら、リミの気持ちがわかるかもしれないですね。
「恐れるもの」
 結婚披露宴に出席した夫のベストのポケットから出てきたゴールドのアンクレット。それは、5年前にパート先のスーパーで知り合った浮気相手からもらったものだった。流産して以来、私の身体に触れようとしなくなった夫。当時38歳だった私は、夫の目を盗んで6歳年下の男と肉体関係を持つようになったのだが・・・
「先生、」
 教育実習を直前に控えて、偶然に再会した高校の日本史の先生。相談に乗ってもらうつもりが、いつのまにか好きになってしまった。喫茶店での会話はいつしか居酒屋になり、酔ったふたりはキスをしてしまう。妻子ある52歳の男と大学生の女の恋の行方は・・・結論は先生と生徒。最強の関係!?

 すべて読んでも、タイトルの「あとは泣くだけ」という意味がわかりません。
 切ないのもあるけれど、恋の当事者である主人公たちは過去の恋愛を割り切っているように見え、泣くところは見当たりません。
 逆に、だからか?


 
 
 

「闇を照らす なぜ子どもが子どもを殺したのか」長崎新聞報道部

 長崎では近年、悲痛極まる重大な少年事件が三たび起きました。
 2003年7月の、中学1年生の男子生徒が4歳の男児を殺害した長崎市男児誘拐殺人事件。
 2004年6月の、小学6年生の女児が同級生を教室で殺害した佐世保小6女児同級生殺害事件。
 そして記憶に新しい2014年7月の、15歳の少女が同級生を殺害した佐世保市高1女子同級生殺害事件。
 なぜ、長崎でこのような衝撃的な事件が発生したのか。
 本書は事件の舞台となった長崎県の主たる報道機関である長崎新聞が、各事件の経過と背景、加害少年の更生への道筋、被害者や遺族の置かれた状況などを多面的に検証し、事件の深層に迫ろうと試みた長期連載「闇を照らす」を中心に、刊行にあたって長崎市男児誘拐事件の検証会議の報告書などを付録して再構成されたものです。
 内容はハードですが、私だってあなただって明日にでも事件に巻き込まれる可能性はゼロではありません。
 同じ人間として、大人として、一読の価値があります。

 長崎、事件が多いなとは思った記憶があります。
 佐世保市高1女子同級生殺害事件のときでしょうか。確か加害者の父親は弁護士で自殺したと思います。
 しかし事件の記憶はとかく風化しがちであり、特に自分の住んでいる場所から離れた場所であると、どこか他人事になってしまいます。テレビ観て「こええな」と話し合ってそれで終わり。
 ですが、本書を読めば、とても他人事とは思えないほど身につまされるというか、この深い闇の病弊は長崎にとどまるものではなく、日本の社会全体の問題であるということがわかりました。身近な問題であるのです。
 佐世保小6女児同級生殺害事件については詳細に説明されてないのでわかりませんが、長崎市男児誘拐殺人事件と佐世保市高1女子同級生殺害事件の加害者少年は、発達障害を抱えていました。
 基本的には脳の神経ネットワーク機能の障害とされる発達障害という病気が、即非行につながるものではありません。現に程度の差こそあれ発達障害の子どもはクラスに1名以上いる計算になり、彼らのすべてを犯罪者予備軍と見なすことはとんでもない魔女狩りであり、彼らのほとんどは逆にイジメられる側の人間なのです。身体の障害と違って、精神の障害は見てもわかるものではありませんから、周囲からケアされにくいのです。
 では、何が違うのか。
 たとえば素人の私がこれを読んでいても、長崎市男児誘拐殺人事件と佐世保市高1女子同級生殺害事件の加害者少年を、同じ発達障害という病でひとくくりにすることは無理があると思います。なるほどアスペルガー症候群と自閉症スペクトラム障害というように病名は違うのですが、でもそれは結局、結果論でしょ。病気が犯罪を犯すわけではないと思うのですね。
 事件を起こした子どもが、たまたま発達障害という病気を持っていたと考えるべきではないでしょうか。
 佐世保市高1女子同級生殺害事件の加害少年などはとても発達障害ですむような生易しいものではありません。
 語弊があるかもしれませんが、逆に発達障害に失礼ではないかとも思う。
 猫を殺して解体し、給食異物混入事件を起こし、寝ている父親の頭を金属バットで殴りつけて殺そうとし、本人も人が殺したくてしょうがなかったという人間は、どうみても異常中の異常ではないですか。
 それはそもそも「病気」で片付けていいのでしょうか?
 精神科医が「この少女は人を殺す」とその危険性を問題視して、佐世保児童相談所に通報したのはよほどのことですよ。なのに、佐世保児童相談所は、それを無視したのです。放置しました。それから事件が起きました。
 もちろん、児相が対応できたとしても、異常少女の暴走を完璧に止められた補償はありません。
 しかし、無視するということは可能性をまったくなくすということですからね。
 万死に値数するんじゃないですか、佐世保の児相は。具体的には悪いのは課長ですけどね。
 佐世保の児相には、大変問題のある人間が幹部をしており、以前からパワハラが存在したのです。
 もちろん、長崎県庁の監督問題でもある。そのことは長崎新聞の調査によって本書に詳報されています。
 精神科医の通報を無視した課長にも言い訳はあります。ですが、それは所詮、組織的利害(セクショナル・インタレスト)です。県民の利益を第一に考慮すべき長崎県の県職員が、己の差配する佐世保児童相談所の利益立場を優先しました。
 これ、前川ポコチン喜平元文科省事務次官も同じです。
 国益よりも省益、というね、官僚の鏡とでもいうべき国賊です。
 本書では01年の少年法改正にまつわる(08年の裁判傍聴解禁ふくむ)被害者側の状況も詳しく書かれていますが、それは大事だけれど結局、事件が起こってしまって後のことですからね。
 起こる前が問題なんですよ。起こらなければ被害者遺族もいないわけだから。そして、起こらないということは言い換えれば目立たないことでもあります。
 でも、それこそが行政の本来の仕事なのではないですか。
 組織的利害(セクショナル・インタレスト)を廃した、児童相談所、学校、教育委員会、医師(校医)、県庁市町村役所などの速やかな連携こそが、本来ならば何も起こらない地味で無風な“健全な子ども行政”でしょうね。
 子どもが子どもを殺す社会は、世も末だよ。


 
 
 

「そして謎は残った 伝説の登山家マロリー発見記」ヨッヘン・ヘムレブほか

 探険史、登山史に最も長く残る謎、そして解けない謎と言われているのが、1924年6月6日にイギリスの伝説的な登山家ジョージ・マロリーが人類初のエヴェレスト初登頂を成し遂げたのかどうかということです。
 成功していたならば、1953年のエドモンド・ヒラリー卿の公式初登頂から一気に約30年も遡ることになります。
 謎の鍵を握るのは、山頂に向かってアタックしている姿を見られたのを最後に行方を絶ったマロリーと、バディのアンドルー・アーヴィンの遺体です。カメラを持っていましたから、ひょっとしたら登頂の証拠が残っているかもしれません。
 それはエヴェレスト頂上近くのどこかで、1924年からひっそりと眠っているはずでした。
 1975年の中国遠征隊のメンバーである王洪宝は、8100メートル付近で西洋人の遺体を発見しました。その遺体はアーヴィンではないかと言われましたが、王はその話を公にして間もなく雪崩で死にましたから、はっきりとした場所がわからなくなってしまいました。
 そして、1999年5月1日。ついに、ジョージ・マロリーの遺体が、75年ぶりに発見されたのです。
 遺体は高所の乾燥した気候のために、驚くほど自然な状態で残されていました。
 本書は1999年の遠征調査隊による遺体発見までの道筋が、1924年のマロリーとアーヴィンの登攀の経過と重なるようにして語られているばかりか、所持品や遺体の損傷の調査などから一番可能性が高いと思われる6月6日の事故の顛末も詳細に推理されています。

 本書の基点も、私がこの前読んだ「エヴェレスト初登頂の謎」トム・ホルツェルらしいですから、というのは山岳史家でマロリー遺体発見の第一の功労者である本書著者のひとりヨッヘン・ヘムレブも、それでマロリーの謎に興味を持ったらしいのです。本書を読む前に目を通しておく価値はあると思います。すると本書で端折られている部分が理解しやすくなります。イギリス登山隊の3度に渡る挑戦が詳細に記されていますからね。
 また、トム・ホルツェルが本を書いたのは遺体がまだ発見されておらず、彼自身も遺体発見の調査に失敗しているので、本書を読むことによってある程度謎が解かれるカタルシスが生まれることでしょう。

 結論から言えば、遺体が発見されてなお、マロリーが登頂に成功したかどうかは不明のままです。
 彼の遺体には、成功すれば山頂に残してくることになっていた妻の写真がありませんでした。
 このことは登頂したことを裏付けているのではないかと思われますが、一方で発見された酸素ボンベや登攀を目撃された時間から類推されるに登頂成功の可能性は低いともされています。
 私が一番感動したのは、今の山岳装備とはまったくレベルの違う粗末な衣服類を彼が身にまとっていたことです。
 信じられない薄着。我々が真冬に街を歩いているのよりもまだ防寒レベルが低いであろう衣服、そして鋲靴。
 昔の人は頑健だというけれど、これでよくもまあ、8千メートルを超えたものだと驚愕しました。
 やはり彼の名は伝説に相応しいですね。成功していようとしてなかろうと、マロリーは超人です。
 個人的には、成功していたのだろうと思いますけど。
 本書も若干、そっちよりに推測されていると思う。夢抜きでね。
 たとえ帰りが真っ暗になろうと、あそこまで行っていればチャレンジしたのではないですか。
 滑落した場所は、第6キャンプに帰る途中でした。夜中に落ちたのだったら登頂成功を暗示しているんじゃないですか。
 いずれにせよ、中国の王が仮に埋葬したとされるアーヴィンの遺体が見つかれば、かなりはっきりするはずです。
 なんで見つからないんですかね。
 本書の捜索隊も、当初はある程度場所が絞れるアーヴィンの遺体を発見するつもりでした。
 ところが、あろうことか捜索開始初日の、わずか数時間で、マロリーの遺体を発見してしまったのです。
 発見した隊員たちが遺体のネーム入りのシャツを調べて、「なんでアーヴィンがマロリーのシャツを着ているんだ?」と思ったほど、意外な発見でした。
 近い将来、マロリーの名誉のためにも、謎が解かれることを願ってやみません。


 
 
 

「陰陽師」夢枕獏

 夏だし、何か長い伝奇系のシリーズを読もうと思いましてね。選んだのがこれ。
 映画にもなりましたし、陰陽師・安倍晴明という名前をメジャーにしたロングセラーです。
 現在もまだ進行形でしたっけ、、長いシリーズはハマれば楽しさ倍増ですからね。
 ひょっとしたら第一巻である本作だけは、昔に読んだかもしれませんけど。
 うっすら、記憶がだぶっているような箇所がありましたから。
 まあ、第一巻ということで、作者も手さぐり状態なのがわかりました、今読んでみれば。
 それほど面白いわけではありません。
 陰陽師の説明を兼ねて、連作の短編が6篇。
 文字数は極めて少ないです。サッと読める。反面、奥行きが浅い。
 会話も現代語だから読みやすいです。反面、1千年前の時代を感じる雰囲気が壊れています。
 伝奇小説の醍醐味である不可思議さ、怖さはどうでしょうか。
 前5篇はそうでもないと思いますけど、主人公の安倍晴明と対峙する物の怪の正体には意外なモノもありました。
 そして最終作の「白比丘尼」は、気色悪さにおいて申し分ない伝奇短編小説の傑作であると思います。
 また、伝奇系にありがちなトッピング「怪奇エロ」は、少なめながらも、爺さんの目の前で孫娘がカワウソの化け物と毎夜痴態を繰り広げるという強烈なのがトッピングされていました。

 では、登場人物の説明と各篇の簡単な概略。
 時は闇が闇として残っていた、平安時代。
 主人公・安倍晴明は、陰陽師です。陰陽師とは朝廷の役職であり、星の相を観、人の相を観、方位を観、占いもし、呪術によって人を呪い殺すこともでき、幻術を使ったりします。鬼や物の怪などのあやかしを支配する力を持っています。
 安倍晴明の師匠の賀茂忠行は、惜しげもなく己のすべての技を晴明に引き継ぎました。
 若いときから、晴明には陰陽師としての天賦の才能があり、数百年いや数千年にひとりの天才だったそうです。
 晴明の家屋敷は、内裏の中心にある紫禁殿から見て北東、すなわち鬼門に配されていました。
 安倍晴明は、目に見えないあやかしや怪異から都を護る、霊的な守護者だったのです。
 そしてもうひとり、重要なキャラクターが源博雅。
 彼は30歳代後半の武士で、晴明の友人です。ということは、晴明も同じくらいの年頃であると思われます。
 シャーロック・ホームズが晴明とするなら、博雅はワトソンくん。
 博雅が清明の屋敷を訪れて、最近の都で起こっている怪異譚を話すことから大体の物語は始まります。
 その前に、晴明の屋敷を訪れた博雅が、清明の使う式神(普通は目に見えない精霊)に驚いたり、身構えたりすることがお約束になっています。ネズミや猫が喋ったり。これは今度はどんな仕掛けがと、読んでいる方もなかなか楽しいものです。

「玄像といふ琵琶鬼のために盗らるること」
 醍醐天皇の秘蔵の舶来品である琵琶「玄像」が、盗まれた。以来、毎夜羅城門の上から、異国の旋律と思われる哀切極まりない調べが聴かれるようになった。その恐るべき正体とは・・・
「梔子の女」
 くちなし、と読みます。妙安寺に、毎夜あやかしの女が現れるという。その女には口がない。
 奇妙奇天烈な女の正体を清明が解明する。
「黒川主」
 鴨川の鵜匠の前に現れた、謎の黒狩衣の男。やがて彼は黒い尻尾を生やしたまま、鵜匠の屋敷に入り込んで孫娘を犯すようになり、孫娘は妊娠する。人の因果と獣の因果の間に生まれた子の行方は・・・
「蟇」
 ひき。ひきがえるのことです。応天門に、あやかしが出たという。それは100年前、いたずらで子供が蟇を殺めてしまったことに端を発していた。呪われた一家。悲劇の行方は・・・
「鬼のみちゆき」
 夜の都路で、牛がいないのに道を進む牛車が目撃された。中には鬼が乗っており、行く手を阻む者を食い殺すという。牛車はどうやら帝に用事があり、内裏を目指しているようだ。清明と博雅はこの怪異を食い止めようとするが・・・
「白比丘尼」
 珍しく、清明のほうから博雅に連絡があった。人を殺したことのある太刀を持って屋敷まで来てくれという。
 博雅は父が盗賊を退治したときの太刀をもって、清明の元へ急ぐ。
 そこでは、ひとりの見目麗しい比丘尼が庭に端座していた。これから、30年に一度の、禍蛇追いの法をやるという。
 比丘尼の体内から出てきたおぞましき異物の正体とは・・・


 
 


 
 
 
NEXT≫
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (15)
スポーツ小説・ミステリー (10)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (27)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (23)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (30)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (153)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (25)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示