「変幻」今野敏

 同期シリーズ(全三作)の完結編。
 警視庁捜査一課の中堅刑事宇田川亮太を主人公に人情味あふれる刑事たちが登場、今野敏にしてはミステリー色の濃い殺人事件の捜査を舞台として、刑事と公安、本部と所轄の確執など一筋縄ではいかない警察組織内部の暗闇を描き出したひと味違う傑作の警察サスペンス。

 今回のあらすじ。
 キャラは前とほぼ同じです。宇田川とコンビを組むベテラン刑事植松義彦や頼りになる名波係長など警視庁捜査一課殺人犯捜査第5係の面々、そして彼らをアウトレンジからサポートする特命捜査対策室の土岐達朗、宇田川と同期で表向きは警察を懲戒免職された公安の秘密捜査官蘇我和彦、同じく宇田川と同期で誘拐事件などを扱うSIT(特殊班捜査係)に配属されている女性警察官の大石陽子が、今回も活躍します。
 特に今回は導入から、大石陽子が行方不明になります。
 珍しく自分から宇田川や植松、土岐を招いて飲み会を開いた後、庁舎からその姿が消えます。
 宇田川らは、大石の職務柄、おそらく極秘で何らかのオペレーションを行っていると推測しましたが・・・
 一方、港区の埋立地の運河で、殺人事件が発生。
 第5係は出動し、そのまま臨海署に設けられた捜査本部に配属されました。
 宇田川とコンビを組んだのは、臨海署強行犯係の51歳のベテラン刑事荒川巡査部長。
 臨海署の刑事たちは閉鎖的といっていいくらい団結力が強く、本部への対抗意識もあって捜査本部内に摩擦が生まれますが、そこは根は同じ刑事たち、どうやら薬物の売人だったらしい被害者の身元が割れると、アメリカの麻薬マフィアとつながりが噂される暴力団のフロント企業に狙いを定め、事件の核心に迫ります。
 しかしとんでもない事態が・・・
 犯行現場近くの防犯カメラに映っていた被害者を運んだらしい車、その車を運転していたのはなんと大石陽子だったのです!
 庁舎から突然姿を消した大石がなぜ、間をおかずに犯罪に関わる車を運転していたのか?
 宇田川は混乱してしまうのです。

 シリーズ通して同じだったのは、事件の真犯人を追う刑事たちの捜査本部の裏で暗躍するもうひとつの警察がいること。今回は、警察など歯牙にもかけない麻取(厚労省麻薬取締部)まで登場してきました。
 それに対してクビになったらなったでいいと開き直っている宇田川が啖呵を切って正義を貫くのがこのシリーズの醍醐味なわけですけどね、いつも似たような展開にならざるをえないので完結になったのかなあ、と。
 この作家は、あまり人を殺しませんから、シリーズ作品の展開も進みようがありませんし。
 そのかわりに、あんがいミステリー色が濃いのが特徴で、これがけっこう楽しめます。
 今回もタネを明かせば単純なんですが、事件の構図が最後までわかりませんでしたから。
 ちょっとこれが最終作というのが惜しい気もします。
 本部と所轄の関係とかリアルっぽくて興味深かったですしね。
 小説だとあまりにも本部捜査一課S1Sの赤バッジと所轄のくたびれた中年刑事の差が大きいものですが、現実は本作のように所轄のベテラン刑事に本部の若手刑事が教えられることも多いのではないでしょうか。
 刑事と公安の関係はわかりませんけどね。
 けど今回考えさせられたのは、公安のほうの国の利益のために目をつむるところは目をつむるのもアリだろうな、ということです。まあ、殺人を見逃すのはよっぽどでしょうけども、アメリカの麻薬マフィアが日本を取り込もうとしている土壇場で半グレやヤクザのひとりふたり殺されてもその事件の捜査でカウンターインテリジェンスが阻害されるようなことがあっては、国民の利益に反するのではないですか。きっと目に見えない戦いは続いていると思うんですよね。
 宇田川を主人公とするこのシリーズは終わってしまうわけですけど、明かされることのなかった蘇我和彦の経歴にスポットを当てた蘇我メインの公安警察による裏シリーズを始めてほしいなあ。無理だろうけども。


 

 
スポンサーサイト

「欠落」今野敏

 「同期」シリーズ(全3作)の2作目。「同期」の続編になります。
 警視庁捜査一課の中堅刑事・宇田川亮太を主人公として前作のメンバーも引き継がれ、作品のテーマも警察小説永遠のテーマとも云える刑事警察と公安警察の複雑な葛藤を主軸とした前作を背景としています。
 宇田川の同期で、偽装の懲戒免職を受けて公安の潜入捜査官になっている蘇我和彦。
 名波係長、植松義彦といった警視庁殺人犯捜査第5係の宇田川の頼りになる上司たち。
 そして前作で宇田川と特捜本部でコンビを組んだ下谷署のベテラン土岐達朗が、50歳を超えて警視庁に引っ張られ、未解決事件の継続捜査を担当する特命捜査対策室に配属されました。
 さらには、今作からのメンバーとして、宇田川と初任科の同期である女性警察官の大石陽子。彼女は、誘拐事件や人質立てこもり事件を扱う特殊班捜査第1係(SIT)に新たに配属されました。
 そして、前作での土岐と同様、今作の捜査本部で宇田川とコンビを組む所轄のベテラン刑事として佐倉友道。彼は調布署の刑事課で55歳、階級こそ宇田川と同じ巡査部長ですが、すっぽんの佐倉と呼ばれる名物刑事です。
 今回はもまた、宇田川は彼から何かを学んで刑事として成長していくのです。
 
 適当にあらすじ。
 世田谷で人質立てこもり事件が発生。
 今春から本部SITに配属された宇田川と同期の女性警察官・大石陽子が、人質だった主婦の身代わりとなったまま、拉致された。立てこもり事件対処のプロであるSITの裏をかき、犯人は奪った車で逃走したのだ。
 その事実を知り、大石の身を案じる宇田川は居ても立っても居られないが、どうすることもできない。
 一方、多摩川の河川敷で身元不明の女性の遺体が発見され、宇田川ら第5係は急行する。
 調布署に捜査本部が立てられ、いずれも殺されたのが若い女性で殺害状況が類似していることから、数ヶ月前の沖縄と三鷹で起きた事件と関係性があるとして、連続殺人死体遺棄事件として捜査することになった。
 身元不明の女性の遺体が3つ。3つの事件とも複数犯による計画的な殺人と見られる。
 しかし捜査は難航する。どの女性の遺体にも歯科治療の記録が残っていなかったのだ。
 宇田川らが導き出した答えは・・・被害者は外国人?
 そのとき、捜査本部になぜか畑違いの警察庁警備局警備企画課のキャリア官僚柳井芳郎警視正が臨場する。
 公安の元締めとでもういうべき警備企画課が介入していた理由はなにか?
 公安のオペレーション、カムフラージュの捜査。
 大石が連れ去られた事件との関連性は? 俄然絡みうあうふたつの事件。
 蘇我和彦が宇田川に連絡してきたわけは・・・

 意外にミステリー色が濃かったように思います。
 先が気になりましたね。
 こんなことが本当にあるとは思えないんですが、警視庁公安部が中国国家安全部などの工作員を探している、マークしていることは間違いないですし、公にはされていませんが潜入捜査官というのもいるのでしょうね。
 日本を代表するというか、日本唯一のインテリジェンスだそうですし。
 ひょっとしたら、最近たまにきく中国で捕まったという現地当局発表の日本のスパイってもしや?
 なわけないか。防諜はあっても現地スパイはないわなあ。
 いずれにしても蘇我じゃありませんが、警視庁の刑事ですら想像もつかない水面下の闘争が国家間では繰り広げられていることは間違いないのでしょうねえ。
 くわばら、くわばら・・・


 
 

「同期」今野敏

 刑事vs公安・組対(っ ` -´ c)

 もはや警察小説のトップランナーと云えるのではないかと思う今野敏の人気シリーズ(全三作)の第一弾。
 私は「隠蔽捜査」シリーズは熱心に読んでいますが、それ以外は数冊しか読んだことがありませんでした。
 単発よりもシリーズ物が多い方なので、一度ハマるとずっと面白いですから、この「同期シリーズ」が最近完結したと聞いたので、ちょうどいいと思ってチャレンジしてみることにしました。
 結果、正解ヾ(⌒▽⌒)ゞ
 期待をはるかに上回る面白さでした。ほとんど一気読みですね。
 若干気になる点(蘇我の意図がわかりにくい)もありましたが、警察小説伝統の刑事対公安という構図に外れはありません。
 そして今回は、新たに組織犯罪対策部(組対)が構図に仲間入り。
 かつては刑事部で捜査課と融通の効いた組対(マル暴)ですが、独立した今はむしろ「対組織」という点で公安に近い性質を持っているそうです。
 事件の実像、真犯人を追う刑事と、事件事案よりも組織の把握、壊滅を担う公安と組対。
 しかも、周知されている通り日本一の捜査能力を誇るのが警視庁捜査一課ですが、日本の諜報機関のなかで最も実績と行動力のあるのも実は警視庁公安部なのです。警察庁の警備局などは情報を集約しているに過ぎません。東京都の警視庁公安部こそ戦前の特別高等警察の流れを汲む日本のCIAなのです。
 この両者が同じ特捜本部に入った日には、同床異夢も仕方ありませんわ。

 簡単にあらすじ。
 主人公は宇田川亮太・32歳の巡査部長。念願だった警視庁刑事部捜査一課に配属されて1年。
 新入りなので「ボン」と呼ばれ、教育係である51歳の警部補・植松義彦に怒鳴られたり雑用をさせられたり目の回る忙しさの中、宇田川の属する5係(名波孝三警部=班長)は、指定暴力団同士の抗争と思われる事件を端緒とした組事務所へのウチコミ(家宅捜索)の助っ人に召集されました、当然ながら主導するのは組対課です。
 このウチコミの途中、突然事務所から逃げ出した組員を追いかけた宇田川は、あろうことか白昼に銃撃されてしまいます。
 この危機を身をていして救ってくれたのが、偶然通りかかったという同期の公安警察官・蘇我和彦でした。
 蘇我が体当たりしてくれたおかげで、発砲者は逃走しましたが、宇田川は間一髪助かったのでした。
 お互いに所轄時代、宇田川は蘇我とたまに飲みに行く仲でしたが、万事にやる気の無かった蘇我がなぜか本庁の公安部に引っ張られて以来、宇田川が本庁勤務になっても滅多に会う機会はなかったのです。
 それがこの奇跡。しかし刑事は偶然という言葉を嫌います。なぜ蘇我はあの場面にいたのか?
 さらにこの事件の3日後、突然蘇我は懲戒免職になり、まったく行方知れずになってしまいました。
 そして捜査の合間を縫って蘇我の行方を追っていた宇田川に、なぜか公安の横槍が入ったのです。
 ひょっとしたら、異例のことではあるが蘇我は潜入捜査をしているのではないか?
 しかも籍を警察から抜いてまで・・・重大で危険な国家の安泰に関わる公安事案。
 真偽を確かめるすべも無いまま、宇田川に発砲した組員が殺害されたことにより特別捜査本部が立ち上がり、5係も招集されることになりました。そしてそこは、公安出身の組対課長が牛耳る、刑事はただの小間使いにされる帳場でした。あくまでも事件を暴力団同士の抗争事件の範疇におさめようとする組対。抗争はともかく殺人の真犯人は組員とは限らないという立場で一から捜査したい刑事。相容れぬまま両者が火花を散らす中、なぜかこの事件の中心に蘇我和彦が重要参考人として浮かび上がったのです・・・

 続編が楽しみ。
 すでに全三作でシリーズは完結しているのですが、もったいない、もっと長くて良かった。
 安保マフィアなんて初めて聞く言葉だったし、蘇我の潜入事案などちょっとややこしいところはあったのですが、水戸黄門的なわかりやすさと、若い刑事の分を超えた活躍のカタルシスは気持ちよかったです。
 この作者の格好をつけないところもいい。けっしてハードボイルドではありませんからね。
 等身大の青年が失敗しながら活躍するというのが、いいんだよ。
 宇田川を囲む面々も渋い。植松の同期で下谷署のベテラン部長刑事土岐達朗がいい味だしてた。
 警視庁のお偉方もだいぶ顔出したし、次はどんな展開が待っているのか、まったく新しい事案が始まるのか、今から読むことが待ち遠しい思いです。


 
 
 
 

 
 


「黒警」月村了衛

 先日間違って読んだ「黒涙」の前作。
 黒社会の中国人と義兄弟の契りをかわしたうだつの上がらぬ警視庁の刑事が、外国犯罪組織と癒着した警察幹部を罠にはめるエンタメサスペンス。読み味は軽め。

 「黒涙」が面白かったので、読んでみました。順番は逆ですが。
 やっぱりあれだね、順番は間違っちゃいけないなあ。
 結局、「黒涙」には本作のちょっとしたネタバレといいますか、時系列的に過去が含まれているわけで、まあ「未来からきました」と言ってるのと同じで、知らないはずのことを知ったうえで読んでますから、面白み半減ですな。
 だいたい読み味が軽いですしね、この作家。
 淡麗グリーンラベルとかのどごしスーパーライトとかそのへんのグイッといく発泡酒みたいなもんで、エビスとかラガーのような本格的なビールの苦味や重みはありませんから、いったんダメだとなったら最後までダルいね、読み切るのが。
 いきなりこれを読んだら、だいぶ違ったとは思いますが。
 沢渡と沈の義兄弟の行く末も知っているだけにねえ。
 血の杯を交わした割には、お互いの利益優先というか、義兄弟というにはあまりにも重みがない関係だと思う。
 そのへんを深く書き込んでいく作家ではありませんから、まあ、仕方ないのか。
 流れとノリで考えるスキを与えず、いかにスパッと読み切らせるかが、この作家の勝負だと思います。
 ゲーム好きの警察庁幹部というのもどうかと思いますが、人物描写は軽さが逆に読みやすさと相まっているので、それはいいかも。沢渡の髭は気になるなあ。「黒涙」のときから気になっていたのですが、本作読んでも意味はわかりませんでしたねえ。

 簡単にあらすじ。
 警視庁組織犯罪対策部の捜査官である沢渡。36歳。警部補。
 妻に逃げられ、仕事もやる気がなく、うだつが上がらない。典型的なダメ警官である。
 今回も、その他大勢で生活安全部との合同捜査となる偽ブランド品摘発捜査本部に回された。
 実質的に本部を率いるのは、未来の警察庁長官との噂もある超エリートキャリアの高遠警察庁生安局長。
 一兵卒といえど、失敗は許されない。
 沢渡には過去の因縁から、腐れ縁をもつことになった波多野という武闘派だが人情味に篤いヤクザがいた。
 波多野経由で偽ブランド販売の情報を探った結果、義水盟という謎の組織にぶち当たる。
 まったく正体は不明、幹部の名前は沈という中国人。
 沢渡と波多野は沈の行方を追うがまったく五里霧中のまま、沈のほうから二人の前に姿を現した。
 二人に心を許した沈が打ち明けたのは、思いもよらぬ上海系の巨大犯罪組織天老会と警察幹部の癒着だった。
 しかし、義侠心に燃える波多野は天老会に殺されてしまう。
 ショックを受けた沢渡だったが、沈と義兄弟の契りを交わし、警察のなかの“黒色分子”となって、波多野の仇を討つべく悪に染まった警察幹部を罠にはめるべく、策謀を練る。狙いは高遠生安局長・・・


 
 
 
 

「黒涙」月村了衛

 またやった、続編だと知らずに読んでしまいました。
 もっとちゃんとamazon、書いておいてくれないかなあ、シリーズだって。
 もちろん、調べなかった私が悪いんですけど。
 しかし、前作があるとわかった時点で「やめようかな」と一瞬、思ったんですが、我慢して正解。
 そんなこと眼中になくなるくらい、面白くなってきました。
 警察組織にまで浸透し、日本の政財界を牛耳る中国の闇社会の恐怖を描いた、諜報バイオレンスです。

 実は今年、タイトルも思い出さないくらいの駄作を読んで(学校の部活のキャンプが襲われるような話)、もう月村了衛を読むのはやめようと思っていたんですが、本作はちょっと違いました。
 深みはまったくないですし、ツッコミどころもあるのですが、面白かったです。
 なんせ、我々の社会に中国がこっそりと浸透しているという、現実的な恐怖に妄想が駆り立てられました。
 これ実際、ここまでいかなくても似たようなことあるんですよね、きっと。
 順番が逆になりましたが、前作も読んでみなくちゃなりませんね。

 あらすじ。
 日中秘密協議の席上で、中国商務部の幹部が機密漏洩をほのめかせる発言をした。
 内閣周辺しか知らないはずの、大臣の健康状態を問うてきたのである。
 すぐさま、外務省と警察庁が協力してカウンターインテリジェンスの措置が取られた。
 中国の諜報活動による国家機密漏洩の阻止が至上命題である。
 それにはすべての元凶を根絶やしにしなければならない。
 暗躍する中国スパイ、政治家に利益供与をし政策決定に影響を与える在日華僑、そしてすっかり中国に金で飼いならされた日本の政治家や高級官僚を、これを契機に一網打尽にするのだ。
 警視庁には、公安部だけではなく各部署から特に選抜されたメンバーで、極秘の特別チームが結成された。
 警視庁組織犯罪対策第二課に属する沢渡警部補(36)も、突然上司に呼ばれ、公安部への異動を告げられた。
 腑に落ちぬまま出向してみると、そこは中野のビルの3階にある極秘の公安別室だった。
 顔を知っている捜査一課や二課の精鋭たち、そして見たこともない公安部の刑事たちら総勢40名。
 チームの指揮を執るのは、“一人Gメン75”の異名をとる、苦みばしった公安部外事二課長の滝口警視正。
 中国共産党の独裁政権と果てしない権力闘争が生み出した欲望の怪物を叩き潰すべく、いずれも名だたるメンツが揃ったこの秘密基地に、なぜ自分のようなうだつの上がらないマル暴刑事が呼ばれたのか、沢渡は不思議に思った。
 まさか、バレているのか!?
 自分が黒社会「義水盟」の大幹部である沈と義兄弟の契りをかわしながら、警察組織の中に誰にも知られず身を隠している“黒色分子”であることが・・・

 前作「黒警」を読んでいないのでわからないのですが、そこで沢渡と沈が兄弟分になるような出来事があったようですね。
 そして今回は、ふたりが対立する中国の巨大犯罪組織「天老会」が噛んでいると見られる中国のロビー活動に対して、陰で警察に協力し、中国と日本の悪党たちを一網打尽にしようと目論みます。
 いわば、沢渡は黒色分子といえど、善玉なわけです。
 ところが正体はわからないけど、警察内部に捜査情報を中国側に流している悪玉がいる。
 この正体を見破れるかどうかなのですが、読者はとっくに気づいているのに、沢渡はわかりません。馬鹿じゃないの。
 まあ、それはいいとして、本作の読みどころはインドネシアの青年実業家ラウタンと、中国のファム・ファタールことシンシア・ユンの、恋と裏切りの行方。
 ラウタンはショッキングでしたが、シンシア・ユンの挙動というか真の顔ですね、唖然とさせられました。
 さすがチャイニーズ・ビューティー・・・男は裏切っても期待を裏切らない。
 ラウタンを拉致したクルマでのシンシア。あそこが本作一番の読みどころだったと思います。


 
 
 
 
 

 
 
NEXT≫
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (16)
スポーツ小説・ミステリー (11)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (28)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (24)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (31)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (154)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (26)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示