「百年文庫 空」北原武夫/ジョージ・ムーア/藤枝静男

 百年文庫ナンバー55のテーマは「空」。
 地球のあらゆる場所はどこでも空でつながっているということですわ。
 あるいは逆説的に、空でつながっているのにまったく違う世界である、物理的に閉ざされているとか。
 同じ空の下なのに人それぞれ感情が違うとか、感じ方も違います。
 地球の表面である土も同じくどこともつながっているのですけども、「空」を使えば何か雄大に感じられる。
 ロマンチックですよね。
 なぜでしょうか。いつも靴の裏で踏んでる土よりも手の届かない空に憧れがあるのでしょうかね。
 なんとも人間らしいな(笑)
 圧倒的な空の下でアリンコのような人間が紡ぐ物語が3篇。
 空にとっては些少でもアリンコにとってはそれがすべて。

「聖家族」北原武夫(1907~1973)
 不思議な物語です。結末は何であったのか、人それぞれ思うところは異なるでしょう。
 昭和12年春、瀬戸内海の小さな島で小学校の教員をしていた26歳の生駒いくのは、景色を見ているうちにどうしても教員をやめなくてはと思いたち、その足で校長先生に辞職を願い出て、年老いた母と弟を置いて東京に向かいました。
 彼女は画家を志しており、大胆にも有名な洋画家である有馬邦彦画伯の邸宅に押しかけて住み込んでしまいます。
 そのうち人間はどうしても貧乏をして生きていかねばならないという思想を持ったいくのは、画伯の邸宅を出、納豆の行商をしながら路端で肖像画を描く生活を始めましたが、客の紹介で不幸のどん底にいるような男・赤井啓介と結婚、息子の太郎をもうけました。いくのは託児所「光の家」を開業し、束の間の充実した生活を送りますが、夫の赤井が女をつくって駆け落ち。
 戦火が押し寄せ、有馬画伯の鎌倉の別荘で太郎と一緒に住み込んでいるとき、貧乏画家の田島順吾と再婚。
 働きすぎを田島にたしなめられたいくの、太郎と田島の3人は自給自足の極めて原始的な生活を送ります。
 そして巻末の何やら暗喩めいた3人の出発、その日は昭和20年8月15日終戦の日だったというわけです・・・
 うーん、最後の解釈に尽きるのではないですかね。私は不思議に感動したというか、印象に残る作品でした。
 この物語の根底のテーマが宗教的なものであったとするなら、人生における最期、死と再生まで描かれていたと見るべきでしょうが・・・


「懐郷」ジョージ・ムーア(1852~1933)
 アイルランド移民のジェイムズ・ブライデンは貧民街の酒場勤めで体を壊し、14ねんぶりに故郷であるアイルランドの村に帰郷します。そこではヒーローでした。若いうちにアメリカへ行かなかったのがみんなの悔いの種である貧しい故郷では、場末の貧民街で生活を余儀なくされていたブライデンでさえ、金持ちであったのです。彼のアメリカでの実生活も知らずみんなが羨むなか、ついには婚約者まで現れますが・・・一方でどうしてもブライデンはアメリカに帰りたくなってしまいます。
 最期に思い出したのがマーガレットだったというオチが、理解できないようで理解できる気がしませんか。
 彼にとって故郷とは田舎ならではの無垢な良心だったのかもしれないですね。
 いや、誰にとってもそういうものかもしれません。故郷とは土地ではなく人、なのかな。自分を待ってくれている人がいなくなれば、そこはもうあなたの帰る土地ではないのかもしれません。


「悲しいだけ」藤枝静男(1908~1993)
 小説というより随筆ではないですかね。名随筆だと思う。
 3ヶ月前、妻を亡くした私。結婚生活39年の間、妻が健康だったのは最初の4年間だけでした。妻は戦争末期に結核を宣告されて以来、35年間で8回の長期入院と5回の手術を強いられました。その末、亡くなったのです。妻が楽になったという思いと悲しさでせめぎ合う私の心。しかし目的もなしに奈良へ一人旅などをしているうちに、悲しいという感覚が塊となって、物質のように実際に存在していることを悟るのです。
 作者は医者ですから、またちょっと死に対する感覚が違うかと思いますが、ここで語られているのは語り口調こそ医者で作家のものでありながら(冷静)、長年の連れ添いとしてどうしようもない爆発するような悲しみが内在されているようでなんとも言えないです。


 


 
スポンサーサイト

「百年文庫 巡」ノヴァーリス/ベッケル/ゴーチエ

 ポプラ社百年文庫ナンバー54のテーマは、「巡」。
 3篇の物語に共通していることは、輪廻とでも云いますか、盛者必衰とでもいいますか、世の中の移り変わりですね。
 およそ地上の生命に永遠に不変のものなどありません。
 ましてや、その生命が作った社会などは簡単に崩壊してしまうものです。
 しかし、もしも何事も死滅するものではなく、すべては常に存在していると考えたらどうでしょうか。
 ひとたび存在したものを、無に帰することはできないとしたら?
 昨日の私は、今の私と同じように、時間と空間を超越した場所に、存在していると考えることはできませんか。
 そんな話がありました。3番目に。
 なんと1852年に発表された作品なんですね。日本では江戸時代ですよ。
 まったく哲学的なものの進歩のレベルが違うのですね。
 今回の百年文庫は、少々当たりでした。珍しいことです。

「アトランティス物語」ノヴァーリス(1772~1801)
 この話は表面上別に面白くもなんともありません。読み流しました。
 年老いた国王が治める、とても華やかで住民が幸せな国がありました。住民の心配事はただひとつ、王女の結婚だけ。王妃は早くに亡くなり、国王の親類は王女だけで、王女はとても慈しんで育てられましたが、大事にされすぎて、逆に結婚の相手が見つかりません。国王の老い先を考えると・・・ そんなとき、王女は偶然立ち寄った郊外の鄙びた家屋敷の青年と恋に落ち、1年間も行方不明になってしまいます。
 表面上はなんてことない童話。しかし、ラストでぼそっとアトランティス滅亡と淡々と書かれているところがブラック。

「枯葉」ベッケル(1836~1870)
 これは意味深。ほんとのところはどういうことなんだろね。
 一人の人物(?)が、ボーッとしているときに、飛んできた枯葉たちが喋っているのが聞こえるのです。
 その枯葉同士の会話の内容に、どうやら自殺したらしい少女の話が出るのですが、それが不気味。
 枯葉が喋るという擬人法はこの時代は珍しいのかどうかわかりませんが、他にも意味があるような気がする話です。
 この枯葉の話を聞いている人は亡くなった少女の恋人だったのかと考えましたが、どうも違う。
 だとすると、かの少女のように命を断つことを考えている自殺志願者だったのでしょうか?

「ポンペイ夜話」ゴーチエ(1811~1872)
 本書の見どころはこれでしょうね。色々と調べると似たような話もあるようですが、これが時代の古さからいってオリジナルじゃないでしょうか。1852年にこんなのが書けるなんて、いったいどういう文化してんですかね、フランスは。すごいよ。
 現代でも通用するファンタジーです。
 今からおよそ2千年前の紀元79年8月24日、ヴェスヴィオ山の噴火によって一瞬で死の都と化したポンペイ。
 ナポリ近郊にあったその街の遺構を見学に、3人のフランス人の学生が旅行にやってきました。
 3人のうちのひとりオクタヴィヤンは、博物館であるものに強く興味を引かれます。それは、溶岩に包まれることによって乳房の輪郭などが艶めかしく浮き出た女性の押し型でした。この女性はどんな人だったのだろうと想像すると胸が高鳴ったのです。その日の夜。突然不思議な感覚に襲われたオクタヴィヤンは、2千年前の壊滅する前のポンペイにタイムスリップします。
 そしてあの押し型の女性と出会うのです。彼女の名はアッリア・マルチェッラ。時の皇帝ティトゥス帝から解放された奴隷ディオメデスの娘でした。理解しようとせずにこの不思議に身を委ねる決心をしたオクタヴィヤンと彼女は、一夜をともにしようとするのですが・・・
 素晴らしい。時間と空間を超越したファンタジーの原典というだけでなく、存在の無と有に対する意識がすごい。
 同じ時代に日本の江戸時代の物書きが考えつくようなレベルではまったくありません。


「信仰は神をつくり、愛は女をつくり、誰からも愛されなくなったとき、はじめて人はほんとうに死ぬのです」


 
 
 
 
 

「百年文庫 街」谷譲次・子母澤寛・富士正晴

 ポプラ社百年文庫ナンバー53のテーマは『街』。
 毎度いつも感じていることですが、今回ほど収録作品とテーマの繋がりがわからないのは初めてです。
 おそらく、“街”というのは市井、暮らしという感じほどの意味で捉えているのでしょうが、あんまりだと思います。
 これではテーマの意味がないような気がするなあ。
 作品自体も、味わいはあるのですが面白いと思えるものはありません。
 唯一収穫と言えるのは、富士正晴という人物の存在を知ったことでしょうか。
 この方、徳島県の山奥の出身なのですが、三島由紀夫の才能を見出したり、嫌々兵隊にとられたり、大阪の竹林で数十年間も隠者のような生活を営んだりと、なかなか面白い人物のようです。
 あくせく働かなくとも人生はそれなりに面白い、という考えも煮詰まったこの現代に合っていると思います。
 機会があれば、作品を蒐集してみたいと思います。
 まあ、ポプラ社の選抜が杜撰なせいで完璧にスベって世間の評価が低いこの百年文庫シリーズですけれども、まったく知らなかった作家との出会いはやはり楽しいものです。どんどん広がっていきますしね。

「感傷の靴」谷譲次(1900~1935)
 作者は渡米経験があるみたいで、20世紀初頭の在米邦人の雰囲気がよくわかる点がいいかもしれません。
 メリケン・ジャップなる言葉があったのですね。何気なくさらりと書かれていますが、物語のラストを読むと、実は作者はこの言葉にけっこう傷ついていたんじゃないかと思います。サムライ、とまで言っていますからね。やはり、人種差別は当時は激しかったんだろうなあ。この小説の根底にはそんな僻みがあるような気がします。
 物語は、倶楽部で給仕人をしている語り手(作者)が主人公で、彼がいつもバカにされていた通りの靴屋の鼻をあかすために新しい高価な靴を買ったところ、それを見ていたヘンリィ河田なる年中盛大に貧乏している新大陸浪人の男が、明日の独立戦争記念式典に出るのだが履いていく靴がないのでそれを貸してくれとやってくるのです。
 で、当日の式典を観に行ってみると・・・

「チコのはなし」子母澤寛(1892~1968)
 ある雨の日、女中のおときさんが、濡れそぼった子犬を拾ってきた。
 子犬はチコと名付けられ、おときさんに大切に飼われていた。
 チコは左目が開かなかった。兵隊にとられて死んだおときさんの倅も、左目がすが目だった。
 やがておときさんが肺病で入院し、語り手はじめ家内や他の女中が世話してもチコは餌を受け付けない。
 結局、おときさんは病院で亡くなるのだが、チコもそのまま餌を食べずに殉死のような形で死んでいるのが発見される。
 うーん、この話はどうなんだ。
 作者が子母沢寛というのが曲者で、ひょっとしたら限りなく実話に近いと見せかけたまったくの大ぼらかもしれない。


「一夜の宿・恋の傍杖」富士正晴(1913~1987)
 戦後まもなくの頃。ハアちゃんという、六尺近くある今で言うモデル並みの美人作家が同棲相手と痴話喧嘩を起こし、それに一夜巻き込まれた小男の編集者の話。
 徳島県三好郡出身の富士正晴という作家の存在を知れたことは大変な収穫でしたが、この話自体は面白いようでいて、時代がかっているせいかイマイチのめり込めません。当時に読めばドタバタ劇で楽しめたかもしれない。
 今では蚤の夫婦なんて別に珍しくありませんしね。
 

 
 

「百年文庫 婚」久米正雄/ジョイス/ラードナー

 ポプラ社百年文庫ナンバー52のテーマは『婚』。
 ズバリ結婚、ですな。
 婚は恋でも愛でもありません、あくまでも“婚”です。
 さぞかし趣のある作品が選ばれたかと思いきや、なんだこりゃばかり。
 しかも、このテーマで夏目漱石の娘さんに失恋したことが有名な久米正雄を選ぶとは何たる皮肉、選考者の性格の悪さが偲ばれます。絶対、わざと選んでるからね。
 もうシリーズ百作のうち折り返し地点を過ぎたわけですが、今回が一番底が浅かった。
 いつもはね、首をかしげるくらい深い場合があるのですけどね、今回の三作は表面だけだね。
 もちろん、それだけ結婚というのは表と違う裏の顔があるのだよ、と言われればそうなんですけども。

「求婚者の話」久米正雄(1891~1952)
 頃は明治。法科大学生の鈴木八太郎は、如何にして空拳でもってこの人生で功をなすべきか大陸に渡ろうかと下宿で考えている時、ふと窓の下を見ると、洋傘(パラソル)をさした見目麗しい娘が歩いているのを見た。とたんに八太郎恋に落ちて、「これは愚図々々しとれん、早くあのひとを嫁にもらわなければ」と、今で言うストーカーまがいにお嬢さんのあとを追いかけた。
 お嬢さんは立派な屋敷に帰り着き、たちまち八太郎は決心をし、邸宅に乗り込み、父上と談判した。
 必ず功を立てて還ってくるので、そのときは娘さんをください、と。
 父上は仰天したが、八太郎を気に入った風で、娘(時子)も反対をしなかったので、この申し出は受け入れられた。
 八太郎は大陸にわたって鉱脈を探検していたが、やがてこの地に金属商の少ないことを見抜き、日本の鉱山会社の支店を上海に開業、波に乗った。そして約束通り、ひと目で見初めた時子を迎えに上がったのである。

「下宿屋」ジョイス(1882~1941)
 舞台はアイルランドの首都ダブリン。
 肉屋の娘だったムーニー夫人は、店の大番頭の男と結婚したが、父が亡くなってから夫は堕落し、子供を連れて別居した。そして肉屋の儲けで下宿屋を開いた。
 娘のポリーが19歳になったとき、下宿している30代半ばの男と深い仲になったことがわかった。
 ムーニー夫人は、娘の失った体面を取り戻すには、“結婚”こそがただひとつの償いであると考えるが・・・

「アリバイ・アイク」ラードナー(1885~1933)
 作者は全米に名を馳せたスポーツ記者だったらしい。
 大リーグを舞台にしたコメディ。筋に関係ないですが、チーム名は残念ながらわかりません。
 今ではリーグが異なるボストンやシンシナティに遠征に行っているということは、時代が古いせいでしょう。
 主人公は、フランク・X・ファレル。あだ名は「アリバイ(言い訳・アイク」。野球選手になって3年目。
 オープン戦で活躍し、大リーグ定着へのチャンスを掴みかけている。
 この男、何かをたずねられると何か言い訳せずにはいられないタチで、それはホームランを打ってもエラーをしても同じことで、野球だけには限らない。メシを食ってもギャンブルをしても必ず何かの言い訳をして、意味のない嘘をつく。
 こんなアイクだが、監督の奥さんの妹が好きになってしまう。
 しかし、言い訳をしながらチームメイトに気持ちを明かさないために、なかなかうまくいかない。
 はたして恋の行方は・・・?

 今ふと思ったんですが、久米正雄の「求婚者の話」のオチはなんだろうね。
 ひょっとしたらこの話は、婚がテーマというよりも、人の功はその人次第という訓話なのかな。
 最後断るところが、後味が良くない気がします。


 

「百年文庫 星」アンデルセン/ビョルンソン/ラーゲルレーヴ

 ようやく折り返しです。
 ナンバー51のテーマは「星」。象徴的な意味合いの星。涙、福音、ともしび。
 できればひとつでも、ティンクルスターのほうも入れてほしかったですけども。
 そして、おそらくわざとでしょうが、3篇の物語の作者はいずれも北欧人。デンマーク、ノルウェー、スウェーデン。
 なんで「星」と北欧が関係あるのかはわかりません。
 なんでだろうね。
 こういう意味のないことしてるから、売れなかったんだろうね、この企画。
 まあ、いい。
 それぞれに読みやすい、寓話的なお話ですが、私のイチオシは2作目の「父親」。
 短い作品ですが、えも言われぬ味わいがありました。
 
「ひとり者のナイトキャップ」アンデルセン(1805~1875)
 童話で有名なアンデルセンの作品です。
 知らなかったのですが、アンデルセンて、失恋を繰り返してずっと独り身だったそうです。
 旅が好きでね。まるで寅さんのよう。
 このお話なんて、ほぼ実体験というか、実は彼の身の上そのものだったかもしれません。
 ドイツ商人の部下で、コペンハーゲンで番頭をしているアントンさんが主人公。
 寒くて寂しい夜、毛糸のナイトキャップを目深にかぶって寝間に入った彼は、幼馴染で初恋の相手だったモリーとのことを思い出し、その恋がよくある悲恋に終わった後、実家の商売が傾いて苦しかった身の上などが走馬灯のように脳裏をかけめぐり、寝苦しい夜を過ごすのですが・・・
 失恋を繰り返す人というのは、惚れっぽいのですね、つまり基本的に人がいいのだと思います。
 それはそれでいいのではないですかね。失恋をするということは、するたびに優しくなっていくということです。
 振られるたびに性格が曲がっていくのならば、それは本当の恋ではありませんねえ。

「父親」ビョルンソン(1832~1910)
 教区で一番の地主で有力者である男に息子ができた。彼は洗礼、堅信礼、そして婚約と、そのたびに教会を訪れて少なからぬ寄進をした。一人息子のためである。そして結婚を目前にして、ふたりでボートに乗っているとき、息子は海に落ちたまま死んでしまった。その日から一年、男は教会を訪れた。屋敷を売った金で、貧乏な人のためになる基金を、死んだ息子の名前を冠して作りたいというのである。牧師は言った。「お前の息子は、おまえの祝福になったのだな」、と。
 なんとも味わいのある話でね。想像を絶する悲劇でも、いつしか福音に生まれ変わる可能性があるんですね。
 この1年の父親の心の動きように思いを馳せてみることです。きっといい息子さんだったのでしょう。
 悲しみは悲しみのままにしていてはいけないのです。昇華しなくては。

「ともしび」ラーゲルレーヴ(1858~1940)
 女性初のノーベル文学賞受賞者の作品。
 昔のフィレンツェを舞台にした話で、なかなか読みでがある物語です。
 主人公はラニエロ。この男、三国志の張飛みたいな奴で、ひとかどの剛の者なのですが、いかんせん脳が足りない。
 せっかく愛してくれた妻のフランチェスカを幾度も傷つけ、彼女は実家に帰ってしまいます。
 ラニエロ、どうしていいかわからない。とりあえず、彼はフィレンツェを出、傭兵になってたくさんの武功を挙げました。
 それによってフランチェスカが戻ってきてくれないか、と思っていたのです。
 彼はフィレンツェの聖堂に、戦いのたびに戦利品を献上していました。
 しかし、それでもフランチェスカからは、音沙汰がありません。
 ついに皇帝の騎士にまで登りつめた彼は、エルサレムへの十字軍遠征でまたしても抜群の功績を挙げました。
 そのために、聖墳墓教会のキリストの聖火を一番にあずかるという栄誉を受けました。
 ことの成り行きから、彼はこの聖火を灯したまま、フィレンツェに直接届けるという無理難題を背負ってしまいます。
 盗賊の襲撃をかわし、ロウソクを何本も継ぎ足し、幾度も火が消えてしまう危難から脱し、彼はなんとかフィレンツェの聖堂にたどり着くのですが、そこで待っていたものとは・・・


 
 
 
NEXT≫
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (16)
スポーツ小説・ミステリー (11)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (28)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (24)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (31)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (154)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (26)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示