「勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧幻の三連覇」中村計

雪国の野球を変えた名将・香田誉士史の栄光と挫折

 夏の甲子園で3年連続決勝に進出し、現代高校野球では前代未聞の三連覇に王手をかけた駒大苫小牧高校。
 北海道のみならず全国的にフィーバーを巻き起こした一方、相次いだ不祥事。
 その舞台裏では何が起こっていたのか。
 雪国野球に革命を起こした香田誉士史監督の熱闘の軌跡とその功罪を振り返る傑作スポーツノンフィクション。

 面白かった。
 高校野球ファンのみならず、色んな方が読んで勉強になる本だと思います。
 内容を端的に言うと、香田監督が大学を卒業して駒大苫小牧高校に赴任するときにお母さんが言ったという、
 「なんで、おまえに先生ができるか!」
 と、常総学院の木内監督が言ったという、
 「甲子園は3年に1度出ればいいの! そうでないと、ねたまれっから!」
 というふたつの言葉に集約されると思います。
 非常に難しい世界です、高校野球は。

 かくいう私も、2004年夏に駒苫が春夏合わせ161回目優勝がなかった北海道勢初めての優勝を成し遂げ、ナインを乗せた凱旋の飛行機内でCAが「深紅の優勝旗がいま初めて津軽海峡を渡ります」とアナウンスしたというニュースを観たときは、非常に微笑ましいものを感じましたし、その夏の大会の日大三高、横浜、済美といった強豪校を奇跡的に撃破していった駒苫の戦いぶりには非常に感動したクチです。
 ですが、次の年ですね、駒苫が連覇したときの2005年夏のベスト8で私の地元の高校が終盤5点差をひっくり返されて負けたときから苦々しいものを感じていました。
 2006年に57年ぶりとなる夏の大会三連覇をかけた決勝で、駒苫はハンカチ王子擁する早稲田実業に引き分け再試合の末破れますが、そのときにはすっとしたように思います。妬んでいたのです。あまりのわけのわからぬ強さに。
 生半可なことで、甲子園で3年連続決勝には行けません。そら運もあったでしょう。
 香田監督自身が「なぜ勝てたんですか?」と聞かれたら、わかりませんが結論と言ったように、駒大苫小牧の勝負強さは異常でした。ずば抜けて試合に強いチームでした。本書を読んで、その謎の一端が理解できたように思います。
 技術もさることながら、チーム内のシンクロといいますか、応援の吹奏楽部を合わせて、それこそ文字通りの一丸となった野球をやっていたわけで、そこには猛練習によって裏付けられた走塁や守備のスキのなさという土台がありました。目に見えにくいんですけど、走塁や守備の連携がここ一番で効いたわけです。もちろん、香田監督の真骨頂である意表をついた選手起用や田中将大という絶対的なエースの存在があったことは言うまでもありませんが、それは案外オマケかもしれません。
 
 駒沢大を卒業した香田監督が恩師の紹介で駒苫の野球部監督に就任したのは、1994年のこと。
 ちなみに彼は佐賀商業出身でそのときに3回甲子園に行っています。
 当時、雪国といいますか気温の低い地域の野球は相当なハンディキャップを背負っていました。
 冬場のグラウンド練習ができないのです。有力校は冬場は室内練習場を使用していました。
 その常識を壊して積雪で寒風吹きすさぶ外のグラウンドで練習をしたのが、香田監督でした。
 これには、2010年に春夏連覇し、現在している夏の甲子園(2017)にも出場していた沖縄興南の我喜屋優監督の助言があったようです。我喜屋監督は、当時社会人野球で北海道にいたのです。
 ひょっとしたら我喜屋をさんがいなければ、香田誉士史という名監督は誕生していなかったかもしれません。
 雪上の練習が逆に選手のバランスとフィジカルを鍛えました。ハンディをアドバンテージに変えたのです。
 もちろん、町おこしに必要な三者、体力があり動ける若者、常識を打ち破れるバカ者、土地の価値観に染まってないよそ者の三者を香田監督が持っていたからこそ、常識を打ち破るチャレンジが可能であったのでしょう。

 この本を読んだおかげで、香田誉士史という人間が好きになりました。
 読んでいなければ、私の人生で彼は「駒苫のデブでうざい監督」という印象しか残らなかったと思います。
 偉業を達成した後、彼は度重なる部内の不祥事で精神を病み、2008年3月に駒大苫小牧高校職員を辞職しました。
 現在はすっかり健康になり、九州の実業団チームでコーチをされているようです。
 いつの日かまた、甲子園に戻ってこられることを切に願っています。再び「香田ウザ」と思わせてください。


 
 

 
スポンサーサイト

「イップス スポーツ選手を悩ます謎の症状に挑む」石原心

 イップス。
 聞いたことのある方もおられるかと思います。
 何を隠そう私もイップスに悩まされたひとりです。
 といいますか、恥ずかしながら本書を読んで初めて自分がイップスだったことを確信しました。
 ゴルフ、野球、テニス、卓球などボールを扱う競技の選手に多い謎の症状。
 イップスとは、何も考えずに当たり前にできていたスポーツ中の動作、たとえば野球のピッチャーが一塁に牽制球を投げる動作、ゴルフのグリーン上でパターを打つ動作、テニスや卓球のサーブ、これらが突然できなくなってしまう症状のことです。
 全力を使った運動ではなく、細かい筋を使うコントロールの必要な動作に伴って出現します。
 もちろん、身体の機能に異常や不調はありません。
 レントゲンやエコーにも何もうつりません。
 研究者の間で未だ疑問点が多く、原因や治療法も進んでいません。
 外国の論文によれば、ゴルファーの28%がイップス経験者だという説もあります。
 ずっと「メンタルが弱いから」と精神面のせいにされてきた、この謎の症状を、自らもイップスだったという著者ができるだけ解明し、治療法まで紹介したのが、本書です。まさに、画期的だと思います。

 高校球児で投手だった著者は、微妙な距離への送球ができなくなりました。
 捕手への投球は普通にできるのです。一塁線のバント処理をしたとき、投げることができないため、自ら一塁へ走りファーストに下手投げでトスしたそうです。大事にアウトを取りに行ったと解説されたそうですが、実は本人は投げることができなったのです。このような経験があり、早稲田大学のスポーツ科学部第一期生となった著者は、イップスを研究することになりました。
 イップスという言葉の由来は、「小刻みな震えや硬直の症状が起こり、その症状が、まるで仔犬の鳴き声(YIPS)のようだ」と名付けられたのが始まりといわれています。
 よくある例では
 野球・わずかな距離の送球なのに、ボールを地面に叩きつけて投げてしまう。
     急に動きがぎこちなくなり、簡単な打球処理なのにエラーしてしまう。
 ゴルフ・身体が縮こまって、いつもとおりのスイングができなくなってしまう。
      非常に簡単なパターなのに、極端に強く、あるいは弱くうってしまう。
 などがあり、使用するボールが小さいほど、発生確率が増えます。
 野球のほうがソフトボールよりも多く、ハンドボールでは例がありません。
 イップスは突然起こります。しかし、それにはきっかけがあります。
 目の前の状況を、「絶対に失敗してはいけない」と認識することで起きることが多いのです。
 一度起これば、脳の経験則に組み込まれるために、また起こります。不安が不安を生んでしまうのです。
 イップスは、不安症の一種です。
 経験あるスポーツ選手が当たり前にできていた一連の動作、パッケージ化(自動化)されて無意識のうちにできていた動作が、緊張などの不安を感じすぎたことにより、脳が過剰に運動調節をしてしまうことがイップスの正体です。
 無意識でできていたのに、緊張のために意識的な運動調節が入ることで脳がパニックになってしまうのです。
 例えるならば、いきなり動画をブツブツ切ってコマ送りにしたような状態とでもいえますか。
 思い当たる方も多いのではないでしょうか。
 逆に経験したことない方は、何のことなのかさっぱりわからないでしょうね。
 人前で字を書くときに震えが止まらなくなる「書痙」という症状も、イップスと関連づけることができるそうです。

 さて、治療法。
 脳を起因とする不安症なので、脳を安心させてやる、脳の意識を他にやることでイップスを発生させないようにします。
 ネタバレなので詳述できませんが、声を出す、口角を上げる、重いボールを使うなど方法があります。
 興味ある方は読んでみてください。



 
 
 
 

「聖の青春」大崎善生

 わずか29歳で他界した稀有な天才棋士・村山聖(さとし)の青春の物語。
 難病の腎ネフローゼを患い普通の子供時代が送れなかった幼い頃から、9歳でアマチュア三段になるほどのめり込んだ将棋との出会い、師匠である森信雄4段(当時)との運命的な邂逅、同時代のライバルである天才羽生善治とのしのぎを削る攻防、死の病床にありながら最後まで痛み止めを拒否して将棋の研究に尽くした脅威の精神力。生涯を病と闘いながら、手を伸ばせば名人が届く場所まで上りつめた村山聖の短くて太すぎる人生を、彼と生前親しい関係にあった著者が渾身の力で書き起こした傑作ノンフィクション。

 すごい、の一言。
 将棋をまったくわからない方でも、読めば必ず感動すると思います。
 人生で打ち込むべきことを見つけることと、毎日を無駄にしないことの大切さを痛感しました。
 健康に生きているということが、どれほど奇跡であるのか、改めて思い起こさせてくれる好著です。
 読んだきっかけは、本書を原作とした映画「聖の青春」の公開を知ったからです。
 それに関連したドキュメンタリー番組をNHKで観ました。
 羽生善治役で映画に出演した東出昌大が案内役で、村山聖の短い人生を追いながら、ゆかりのある場所や人々をレポートしていました。本書を読んだあとに、録画しておけばよかったと思いましたね。
 大阪で修行中に村山が借りていた木造2階建ての前田アパート、本書でも度々登場しましたが、聖地になっていますね。どれだけ将棋で稼ぐようになっても、村山はあの風呂便所共同の四畳半を離れようとしませんでした。
 そういうところが、格別に彼の魅力であったと思います。
 バンカラなオタク、とでもいいましょうか。
 風呂嫌い、髪も髭も爪も伸び放題、歯もたまにしか磨かない。
 だから同じように放埒な森信雄が師匠であったことは、運命的に運が良かったと思いますね、彼の人生上。
 森が師匠でなければ僕はここまでこれなかったと言ったそうですが、その通りだと思う。
 VTRでは、すっかり白髪になった森信雄も出ていました。
 弟子のパンツを洗う師匠。もっとも村山という人間を愛し影響を与えていた人物のひとりだと思います。
 少年時代から常に身近に死を意識してきた村山が、将棋という深い世界にのめり込んだのは才能の他につらい現実から逃れるという本能もあったかと思いますが、それだけでは名人に手が届くまでの棋力はつくはずもないし、また、将棋だけで幸せにもなれないと思います。彼が束の間楽しく人生を過ごすことができたのは、師匠である森信雄が村山の世界観を広げたからだと思います。村山聖という人物の人生に彩りを与えたのは彼のおかげではないでしょうか。
 著者の大崎善生も出ていました。
 将棋雑誌の編集者であった大崎もまた、村山と非常に仲が良かったひとりです。
 昨日あった出来事のように、最後に村山の姿を見かけた神社の話をしていました。
 普通の小説も書ける大崎がいなければ、このような読み物は絶対になかったと思いますから、感謝ですね。
 おかげで映画も出来るわけですし。
 そういえば、映画のメイキングで、村山と羽生の最後の闘いを再現した場面でカットした瞬間、東出さん泣いてたな。
 村山役は松山ケンイチですが、こちらは放心したようにドタ~と横にひっくり返ってました。
 棋譜を全部覚えて撮影に臨んだそうですからね。感極まったのでしょうねえ。
 映画、観たいな早く。

 村山聖は、昭和44年広島県安芸郡府中町出身。
 9歳でアマチュア三段。中学生のとき、真剣師・小池重明に勝つ。
 17歳で四段、奨励会をわずか2年11ヶ月で駆け抜けた驚異的なスピード昇級昇段。
 東の天才羽生、西の怪童村山と称される。
 羽生や森内といった秀才タイプとは異なる個性派の棋士。
 25歳で最高峰A級八段。平成5年、初めてのタイトル戦である谷川浩司王将に挑む。
 平成10年8月8日、進行性ガンの再発により、A級に在籍したまま他界。享年29歳。


 
 
 
 
 
 

「もうひとつのプロ野球」石原豊一

 「NPBに行けるんだったら、とうの昔に行ってますよ。学校を卒業するときに、実力があればドラフトにかかってプロに行くんだけど、それが叶わない。でも、あきらめがつかないからノンプロへ。それでもダメだった選手がここにいる」

 2005年に開幕した四国アイランドリーグ、2007年の北信越BCリーグ、2009年の関西独立リーグと、まるで雨後の筍のように乱立した日本国内の野球“独立”リーグ。人呼んで、もうひとつのプロ野球。
 考えてみればNPBという単語も、これら独立リーグが出来たからこそ、メジャーになった言葉じゃないでしょうか。
 それまでは、ただ「プロ野球」だったもんね。
 しかし、これら「もうひとつのプロ野球」は、NPBというプロ野球形態とは雲泥の差があります。
 賃金、プレーの質、それを取り巻く環境など。
 現実には、著者が5年間にわたって取材研究したカンドク(関西独立リーグ)などは、発足当初こそ、史上初の高校生女子プロ野球選手となった吉田えりさんが所属した効果もあって、開幕11572人の観客を集め、メディアにも注目されましたが、早くも翌月には各球団の資金繰りが悪化、その翌月には運営会社が撤退し、リーグ代表が行方知れずになるという事態が発生、閑散としたスタンドと相次ぐトラブルの末、2013年度シーズン終了後には消滅してしまいました。
 いったい、なんだったんだろうというようなハチャメチャぶりでした。
 月額15万円を約束された給料は数ヶ月だけで、後は無給であったそうです。
 それでも、彼らは“プロ野球”の看板を下ろさなかった。
 そして、吸い寄せられるように野球をやりたいという選手がどんどん集まってきた。どんな劣悪な環境だとしても・・・
 この現象は何なのか?
 さらには、独立リーグの本場ともいえるアメリカにまではるばる渡って、野球を続ける青年がたくさんいるという事実。
 驚くべきことには、彼ら夢追い人に、海外の野球チームをセッティングするエージェント会社まで出来ているのです。
 そこまでしてもメジャーどころかNPBにもまったく実力が及ばない、彼らが人生を大きく脱線してまで目指すところは何なのか。
 スポーツ社会学の専門家である著者が、現代社会の世相、そして終身雇用制度の崩壊など社会の変容を追求する視点から、この“さまよえる野球難民”の謎に迫ります。

 まあ、好きにやらせてあげればいいんじゃないですか。野球でもサッカーでも一緒ですよ。
 サッカーもセカンドチームを持つJリーグチームあって、同じような感覚の選手が集まっていました。
 ちょっと違うところは、サッカーのほうがフィジカルがきついので、あきらめが早いことでしょうか。
 ただし、本書で著者が言いたいのは、本来ならばNPBという見込みの薄い夢への最後の挑戦であり、同時に夢を諦める場所であるはずの独立リーグが、そうではなくなっているという問題です。問題なのかどうかは知らないけれど。
 つまり、どう見てもNPBには届かない選手がいつまでもやってるのはなぜか、ということなのですね。
 はたからみても、おそらく自分自身でも永久にNPBの選手になれるという実力ではないのに、違う社会人としての道を歩まず、諦め悪く生活に四苦八苦しながら低賃金労働である独立リーグの野球にしがみついているのはなぜかということ。
 これを、著者は現代日本社会の価値観の変容ではないかという。
 あるいは、若者が行き場を失った社会なのではないかと。
 独立リーグで諦め悪くプレーする選手たちにとって、そこは「俺は夢を諦めない」という己の現実から目をそらす社会逃避のツールであり、居場所、アイデンティティになっているのではないかと。
 そうかもしれませんね。ひきこもりならぬ、「そとこもり」という言葉もあるらしい。
 さすが、スポーツ社会学の先生は偉いわ。バックパッカーと絡めた分析はさすがに私も瞠目しました。
 まあ確かに、独立リーグの選手は所属した野球部の体質になじめず退部さらには退学したパターンが多いそうですし、変わり者で一癖あった一昔前のバックパッカーとは通じる“弱さ、柔らかさ”があったかもしれませんね。
 ですが、一言。ほっといてやれ(笑)
 
 私、独立リーグの開幕戦を観に行ったことがあります。
 西武から中日にいった13勝12敗くらいの髭の選手が監督していました。
 監督やコーチはともかく、素人目の私から見てもプレーは下手だったと思う。
 カネを取れるようなレベルではなかったかもしれない。
 でもね、NPBで高いカネ払って現地観戦するか、スカパーでテレビ観戦するかという選択肢の他に、500円か1000円払って下手くそな地元の独立リーグを観るという選択もありなんじゃないかと思います。
 する方だけではない、観るほうだって今は多様化しているのです、色んなチャンネルがありますから。
 そこの視点が若干欠けてるかな、この先生は。
 上手いのだけ観るのが、ファンじゃないからねえ。
 NPBの選手だって老後は約束されていないし、いつ死ぬかわからない。
 価値観というか、社会の多様化はいいと思いますよ。
 ほっといてやれば、収まるとこに収まりますから。
 むしろ、清原とかのほうが問題じゃないですかね。


 
 
 

「通訳日記」矢野大輔

 前サッカー日本男子代表ザックジャパンの代表チーム通訳を務めた著者による、激闘の記録。
 副題は「ザックジャパン1397日の記録」とあるように、およそ4年間で著者は大学ノート19冊分の日記を書いていました。
 本書は、その中からの抜粋ですね。それでもだいぶ分厚い本になっています。
 内容は、プライベートにはあまり触れられていません。サッカーの中身中心。
 ザッケローニはワサビが好きになったように、それまで知らなかったこの極東の日本という国の文化をものすごく愛するようになり、いろんなエピソードが語られてきましたが、それらに触れられていないのは少し残念かな。
 でも、チームやスタッフミーティングの細かい内容であるとか、本田やキャプテンだった長谷部、香川真司らとの個別会談の詳細、親善試合含めザックジャパン全56戦の裏側、そして2014年5月12日W杯メンバー発表の真相など、興味深い事実が網羅されており、ページをめくる手が止まりません。
 今だからこそ言えるみたいな感じで。といってもまだそれほど時間は経っていないんですけどね。
 時間が経っていないからこそ、読みながらあの時々の光景がフラッシュバックしました。
 アジアカップでPKまでもつれ込んだ韓国との激闘。スタッフが下を向いて祈ってる中、ザックはまっすぐGKの川島を見ていました。覚えていますよ、私は。スーツのポケットに手を突っ込んでいたことまで覚えています。
 あるいは、W杯予選での北朝鮮アウェイのあの異様な雰囲気であるとか。
 この代表チームの活動中には、東日本大震災もありましたし。そしてブラジルでの涙の解散・・・
 結果は伴いませんでしたが、改めて本書を読んでみて思い返すと、いいチームだったと思います。
 今になって、「ザッケローニありがとう」と心から思うことができました。
 それは通訳という監督ともっとも密接な関係を持った著者の言葉によって、いかにザックが懸命に日本代表チームに心血を注いできたかということがわかったからです。

 著者の矢野大輔さんは、15歳でイタリアにサッカー留学。選手としては挫折したようですが、そのままイタリアに住み続け、名門トリノで大黒将志の通訳を務めていました。そのときの監督がザッケローニでした。
 その縁で、代表チームの通訳にザック自らからスカウトされたようです。2010年9月6日のことでした。
 監督がイタリア人に決まって、通訳どうするんだろ? というような話がテレビで言われていたことを私も覚えています。
 冗談ですが、中田英寿や、名前忘れましたがイタリア人のタレントなんかの声も上がっていましたね。

 ザックジャパンの成績は、4年間で全56戦31勝12分13敗でした。
 最大の目標であったW杯は1分2敗で予選敗退しましたが、アジアカップ優勝は誇っていいと思います。
 アギーレやらでドタバタした今回はベスト4にすら進めませんでしたからね。
 親善試合ですが、敵地でフランスとベルギーに勝ったことも痛快でした。
 しかし、W杯で失敗すれば、それまでの健闘も水の泡。それが今のサッカー男子代表の世界ですな。
 本書を読んだ限りにおいて、どうしてザックジャパンが結果を得られなかったということを推測すれば、一番の原因はザッケローニがクラブチームの監督歴しかなく、国の代表チームを率いた経験がなかったことにあるのではないでしょうか。
 クラブチームなら時間と情熱をかけて選手個別に指導できても、たまに招集される代表にはその時間はないのです。
 これを読んではじめてこの当たり前の事実を理解できたんですが、全然違うもんですねクラブと代表とは。
 選手は時間の大半をぞれぞれのクラブチームで過ごしているわけです。給料もそこから出ています。
 日本のJリーグと欧州リーグではスタイルも違えば、やっているシーズンの時期も違う。
 そこから国籍が日本であるという理由で世界中から選手が代表に集まってくるわけですから、疲れている選手もいて当たり前だし、それでもひとつのチームとして皆同じ方向を向いて同じ戦術で戦っていくのは大変ですよ。
 ザックは最後まで、自らの得意システムである3-4-3をやりたかったのです。
 「サッカーは新しいシステムを作ったものが勝ちだ。止め方がわからないからだ」というのがザックの持論だったそうですが、なるほど3-4-3はセンターバック3人を配置することで空中戦に強く、サイドMFは高い位置から攻撃が始められ、3トップがより攻撃に専念できるシステムです。多くのメリットがあります。
 しかし日本代表には馴染みませんでした。親善試合では何回も試していたのに、うまくいきませんでした。
 これは、日本人選手の能力のせいではなく、ザックがシステム戦術をチームに落とし込める時間がなかったからだと思います。
 そして、時間のない中で、クラブチームの監督がするような、多すぎる情報を選手たちに与えてしまった。
 そのことが、選手たちを頭でっかちにして、本来のプレーを制約してしまったのではないかと思います。
 日本はブラジルで予選を勝ち抜く力はありました。もう少し時間があったなら・・・
 Jリーグも大事なので難しいでしょうが、この前の前のチェアマンだっけ? が言っていた開催シーズン移行のような大胆な改革の姿勢が、日本代表に本当に結果を求めるならば必要なのではないでしょうかね。
 もちろん代表よりもおらがクラブチームというのも、真ですからね。
 あるいは、戦術を練る時間がないならば、無駄なポゼッションよりは、代表というのはカウンター一直線という守備的戦術が向いているかもしれませんし。


 
 
 
 

 
 
 
NEXT≫
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (16)
スポーツ小説・ミステリー (11)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (28)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (24)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (31)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (154)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (26)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示