「凍てつく街角」ミケール・カッツ・クレフェルト

 北欧デンマーク発の犯罪サスペンス。
 外国物特有の気味悪さはありますが、いったん物語に入り込めば抜け出すことは難しいほど面白い作品です。
 主人公は休職中の刑事。ミステリー小説とも冒険小説とも云えるでしょう。
 デンマーク、スウェーデンというあまり馴染みのない国が舞台なので、それらの風俗も興味そそられますね。
 マイナス10度というのだけは、あんまり伝わらなかったけど。
 ちなみに、1デンマーククローネは約17円で、1スウェーデンクローネは約13円です。
 読む前に覚えておくと、便利かと思います。

 さて、あらすじ。
 主人公は、デンマークの警察官で、1年間休職中であるトマス・ラウンスホルト。
 彼は優秀な刑事でしたが、9年間連れ添った最愛の奥さんが自宅で強盗に殺害され、アル中の廃人寸前になっています。この事件は遺留品もなければ目撃者も見つからず、いまだ未解決事件のままです。
 トマスはふたりで暮らしたアパートメントにいるのは辛く、港に係留したオンボロヨットで犬のメルフェと暮らしていました。
 もうそろそろ貯金も尽きる、かといって復職する気はない、ヨットを売らざるをえないかという時、友人でパブを経営しているジョンソンからある頼み事をされます。店の掃除をしてくれているリトアニア移民のおばさんがとてもいい人なのだが、彼女のたったひとりの娘が2年半も前から行方不明だというのです。
 気が乗らないまでも、以前の職場まで出かけて情報を聞いたトマスでしたが、この娘マーシャの手がかりはありませんでした。これで手を引こうとしたトマスですが、母親とジョンソンの懸命の慰留で独自捜査を続行することになります。
 すると、マーシャは実は売春まがいのことをしており、ロシア人のボーイフレンドの借金の肩代わりとして、北欧ギャングのボスのひとりであるスラヴロスに売られ、デンマークから連れ出されてスウェーデンのストックホルムで売春をさせられているらしいということが明らかになりました。
 このとき、ストックホルムでは6人の売春婦が殺害され、死体が剥製にされて町外れのくず鉄置き場に“展示”されるといいう、身の毛のよだつ凄惨な未解決事件が発生していました。殺された売春婦たちは、生きたまま太ももの血管からホルマリンと塩酸と亜鉛を注入されて防腐処理されるという残忍な方法で殺害されていました。
 マーシャの救出は間に合うのか!? そもそも彼女は生きているのか?
 スウェーデンというアウェーで何の権力も武器も持たないトマスの行き当たりばったりな捜査が始まるのですが・・・

 巻末の訳者(長谷川圭さん)あとがきによると、本作はトマスを主人公としたシリーズ物の第一作らしいです。
 続編は今のところ本国では刊行されているようですが、日本ではまだのようですね。
 面白かったので、ぜひとも出してほしいですな。ハヤカワさんお願い(人∀・)タノム
 トマスの殺された奥さんエヴァの事件の真相も気になりますし。
 まあしかし、主人公は弱っちかったね。とてもハードボイルドではない。やられてばっかり。ただのオッサン。
 トマスの齢は正確にわかりませんが、40代後半から50代なかばくらいですかねえ。
 主人公がムチムチ鉄壁というのも、あまり昨今は流行らないか。こういうほうがいいのかも。
 それはともかく、作品全体を暗く覆う北欧の犯罪事情はどうだろう。怖いね。
 やっぱり東欧系の方々が移民としてやってきているのはいいとしても、様々な問題が生じているのでしょうか。
 そこらへん、極東の住民として想像もしていなかった事実が明らかになるというのも社会小説のようで良かったです。
 移民問題というとイギリスやフランスに目が行きがちですが、超福祉国家というイメージしかないデンマークやスウェーデンでも、大規模にブラックマーケットがあると思うと(あとホームレスの記述の多さにびっくり)、生半可なイメージを持つのは無責任だなあと思うわけですね。


 
 
 
 
 
スポンサーサイト

「スキン・コレクター」ジェフリー・ディーヴァー

 皮膚。
 皮膚は細菌の侵入を防ぎ、過剰な熱や冷たさをいち早く警告すると同時に、それらから持ち主を守る。
 伝染病や外敵もはねのける。生命の維持に不可欠な物質、水を保持している。
 生きるのに必要な光を吸収し、ビタミンDを生成することまでやってのける。
 見上げた働き者ではないか。
 そして、それはビリーのキャンパスでもある。ビリーはその皮膚に魅了されている。
 ビリーは誰かの皮膚に自らの作品を刻む。


 えー、車椅子の天才科学捜査官リンカーン・ライムシリーズ第11作目ですね。
 スキン・コレクター。いかにも、おどろおどろしい。どうせ被害者は皮膚を剥がされたり・・・(´-﹏-`;)
 とかするのかなあ、と思いきや、タトゥーを彫られるのです。
 ただし、タトゥーマシンのインクの代わりに毒物を体に刻み込まれるという・・・
 しかもその毒物はシクトキシンや濃縮ニコチンなど致死性の猛毒ばかり。
 そして、リンカーン・ライムシリーズの第一作は「ボーン・コレクター」という作品でしたが、本作の真犯人ですね、ここでは「未詳」という言い方をされていますが、彼はひょっとしたら10年前にニューヨークを震撼させた猟奇殺人鬼ボーン・コレクターに心酔しているかもしれないという設定。
 なぜそんなことがわかったかというと、どうやら未詳はボーン・コレクター事件を書いたルポタージュを熟読していたようなのです。つまり、リンカーン・ライムの科学捜査の手法を研究しており、ほとんど現場に証拠を残しません。
 誠に厄介な強敵。
 なぜ、この「未詳」は他人に毒物入りのタトゥーを彫って死に至らしめるのか?
 実は彼は、そのタトゥーにメッセージを残していました。
 そこから浮かび上がる、彼の真の目的とは・・・
 「改造計画」(モディフィケーション)によって、ニューヨーク壊滅!?

 表向きはこんなところですが、実は裏、裏、裏とあって、終盤のどんでん返しもただ裏返るだけでなく七転八倒ですから、もう、あらすじなんていう生易しいものは語っておれません。
 「ああ、これで解決かあ」と思いきや、左手に残された残ページのボリュームが半端なく、予断を許さないという。
 あとの数十ページで何が起きるのか? 乞うご期待ですよ。
 まあ、だいぶこの作家のやり方にも慣れつつあるので、このまま終わらんだろとは予想がつき、ビリーの正体も疑わしい人物の範疇内であったにせよ、とっておきをだしてきましたから、それがね、想定外。
 とっておきの想定外。そう、リンカーン・ライムの生涯の敵「ウォッチメイカー」ですよ。
 ウォッチメイカーことリチャード・ローガンは死にました。
 本書の冒頭で触れられていますが、収監されている刑務所内で心臓発作を起こし、あっけなく亡くなりました。
 ライムは謎を残したまま逝ったウォッチメイカーの背後関係を追うため、葬式にプラスキーを潜入捜査官として派遣します。
 当初、本筋であるスキンコレクターの話とは、別枠で進んでいくかと思われたこの「おとり捜査」ですが、違いました。
 さらにはロン・セリットーが捜査していたメトロポリタン美術館潜入事件や、「ボーン・コレクター」事件の背後関係までが、一気に絡んでくるのです。
 パム・ウィロビーも19歳の女子学生となって、久々に登場。大危機に陥ります。
 しかしまあ、ということはアメリア・サックスは、もう30代後半なのかな?
 前作「ゴースト・スナイパー」のラストで、苦しんでいた関節痛の手術を終えたアメリアは動き軽快で、頼もしいです。
 
 面白かったですが、期待しすぎたからでしょうか、思ったより中途半端な物語でした。
 どちらかというと、楽しかったのは「アクション」でしたね。
 タトゥーの謎解きとか、ミステリー部分の出来は平凡であったように思います。
 チャールズ・ヴェスパシアン・ヘイルを脱獄させたことだけしか、意味がなかったような気がしました。
 展開の仕方も、マンネリしつつあります。


 
 
 
 

 
 
 
 

「ゴースト・スナイパー」ジェフリー・ディーヴァー

 「スキンコレクター」が評判がよかったので読もうと思ったんですが、一作飛んでいることに気づきました。
 それほど、私にとってリンカーン・ライムシリーズ、ジェフリー・ディーヴァーは久しぶりだったということです。
 もうひとつの西海岸のほう、誰だっけキャサリン・ダンスだっけ? あっちも一作か二作飛んでいます。
 それでも西海岸のほうは登場人物がほぼ記憶から去っていますが、ライムのほうはほとんど覚えています。
 それだけ、身にしみているといいますか、脳に刻まれるほど作品の衝撃が大きいということです。
 まあ、だいぶマンネリだとは思うし、展開も慣れてきたんですけどね。
 それでも面白い。ですから「スキンコレクター」はやく読みたかったのですが、その前に、ライムシリーズ第十作である本作「ゴースト・スナイパー」を読まねばなりませんでした。
 シリーズを飛ばすわけにはいかないでしょ、やはり。
 しかし、半ば義務のように読み始めた本作ですが、期待が薄かったぶん、逆に面白かったように思います。
 テーマもタイムリーといいますか、時事的でしたし、思いつかないアイディアが下敷きにありましたね。
 最近の殺人は、現場に人がいなくてもできるんですからね。
 もちろん人にやらすのではありません、直接己の意志で銃弾を撃ち込むのです。
 今回のサブジェクトはそれです。

 簡単にあらすじ。
 ニューヨーク市警やFBIの捜査コンサルタントをしている四肢麻痺の科学捜査官リンカーン・ライム。
 今回は彼のもとに“極秘”でふたりの人物が訪れた。
 ひとりはニューヨーク市警特捜部部長のビル・マイヤーズ、もうひとりはニューヨーク州地方検事補の女性検事であるナンス・ローレル。
 ライムの協力を仰ぐべくふたりが持ち込んだ事件は、中米バハマの高級リゾートホテルでアメリカ市民が射殺された事件だった。被害者のアメリカン人男性は反米活動家で、バハマ警察は麻薬カルテルの仕業と見解を発表している。
 しかし、ナンス・ローレルはまったく違った見方をしていた。
 この反米活動家は、9・11同時多発テロのあとに主に標的殺害を目的として設立されたNIOS(国家諜報運用局)に暗殺されたというのだ。しかも、反米活動家の行動は平和的なものでテロなどに関与していたはずがなく、何らかの情報の齟齬あるいは恣意的な殺人であり、NIOSの勇み足である可能性が高い。NIOS長官のシュリーヴ・メツガーはたびたび癇癪を起こす問題のある人物だ。ローレルは、この事件をテロ抑止という国家保安活動ではなく、連邦政府高官による殺人事件とみて捜査を始めたのだ。
 実は、ローレルはNIOSの内部告発者がリークした特殊任務命令書(殺人許可書)を持っていた。
 漏れれば確実に潰される、だから、極秘に彼女はライムのラボ兼自宅にやってきたのだ。
 2千メートルの距離の銃撃を成功させた凄腕のスナイパー。
 殺人の他にも誘拐や贈賄など過激な作戦活動を行うNIOSの実態を明らかにした告発者。
 闇に潜む彼らの正体とは?
 そして、捜査の前には、様々な障害と妨害が現れる。
 事件に関与する証人が次々に殺され、やがてはサックスやローレル自身も命を狙われる・・・
 シリーズ初の海外出張となったリンカーン・ライムは、複雑で危険な事件の真相を暴くことができるのか。

 現場がバハマ(フロリダとキューバとの間にある島国)ですから、現場鑑識ができません。
 しかも、王立バハマ警察はろくに仕事しない。
 どうするのかと思って読んでたら、ライムが車椅子に乗って直にバハマに行ってしまいました(笑)
 まあ、死にかけるんですけどね。
 プラスキーが、もうルーキーなんて呼ばせないという活躍を作品通して見せていました。
 彼はいつのまにか、このシリーズに欠かせない存在になりましたね。
 「スキンコレクター」の前座のつもりで読みましたが、なかなか。
 少なくとも前作の「バーニング・ワイヤー」よりは面白かったと思います。
 考えてみれば、高度な無人偵察機でなくとも、ドローンで殺人ができるんですからね。
 アリバイが有耶無耶になる社会が到来しているのです。
 ドローンで遠隔操作しながら銃撃したら、どうやって捕まえるのでしょうか。恐ろしいです。


 
 
 

「世界の終わりの七日間」ベン・H・ウィンタース

 なるほど、こうなるか。
 100%小惑星が地球に衝突することが確定した世界で、事件を捜査する男を描いた「最後の刑事」シリーズ第三弾。
 最終作です。
 なんとも味のある締め方。これ以上はないだろうな。
 読みにくいし、具体的な事件もあまり興味惹かれず、それほど面白くはなかったと思うこのシリーズなのですが、どうして最後まで読んだかというと、「結局、地球はどうなるのか、隕石は衝突するのか」という最大の謎に引っ張られてきたわけです。
 ですから、この終わり方に肩透かしを食らったように感じても不思議ではないのですが、余韻に浸ってよく考えてみると、これ以外ではしっくりこないということがわかります。ほんの少しですが、ヒントも書かれているように思いますしね。
 よかったんじゃないかな。シリーズ全体の雰囲気が最後の最後まで統一されています。
 最後良ければすべてよし、ですよ。
 もちろん、ヘンリーにとっては何もかも最悪となったわけですが・・・
 最愛のものを失い、これだけ怪我をしてボロボロになり、彼にいったい何が残っているというのですか。
 静かに、燃え尽きさせてあげたいと思いました。

 あらすじ。
 一作目の「地上最後の刑事」が小惑星衝突まで約半年前、二作目の「カウントダウン・シティ」が約2ヶ月前、そして本作では、タイトル通り1週間前となっています。
 直径6・5キロの小惑星2011GV通称マイアは、1週間後の10月3日に、インドネシア付近に落ちます。
 このショックを生き抜いても、かつての恐竜が絶滅したように、いずれ気候の激変によって人類も滅亡すると云われています。
 あらゆるインフラはストップしました。インターネットも電話も機能していません。
 無秩序に崩壊して無法地帯と化した街。地下に潜る政府。
 人々は「死ぬまでにやりたいことリスト」に従って出ていき、自殺し、誰もこれまでと同じ人間ではいられなくなっています。
 そんな中、事件に対する警察の捜査は行われていません。意味がないからです。
 しかし、どんなときでも事件は起きます。それを生真面目に捜査してきたのが、元刑事の我らがヘンリー・パレス。
 前作のラストで、「警察のいえ」と呼ばれる気の合う警官仲間が集まったマサチューセッツにある隠れ家に避難したヘンリー。しかし、本作の冒頭では、彼はその楽園から出て、1360キロに渡る過酷な自転車旅行をしています。
 犬のフーディーニと、元泥棒のコルテスと一緒に。
 なぜか? それは唯一の肉親である妹のニコを探すためでした。
 ニコは、マイアの地球衝突を回避するという奇想天外な計画をする過激な地下活動グループの一員でした。
 ヘンリーは、彼女の仲間だった女性からニコの潜伏している場所を聞き出すことに成功します。
 そして・・・マコネルの制止も聞かず、はるばる5週間旅をしてオハイオ州までやってきたのです。
 その場所、オハイオ州の小さな警察署には、地下に何らかの施設を作った跡がありました。
 ニコはそこに潜伏しているのか、はたして兄妹は再会できるのでしょうか・・・
 ヘンリーの最後の闘い、そして冒険、推理がスタートするのです。

 はい。
 前作、ヘンリーを救いにニコがヘリコプターで来た理由(なぜヘリが動員できたのか)も明らかになります。
 彼らの活動の真相が、すべてわかりますね。悲しいことですが・・・
 それにしても、本作にまでナオミ・エデスの名前が出てきたことに驚きます。
 それほどまでに、一夜だけしか共にしていない女性のことを、ヘンリーは愛していたのですね。
 もちろん、暴走する妹も。
 しかし、思わぬ結果になりました。
 最後に、どうして彼がアーミッシュの一族のもとに戻ったのか。
 もちろん、工作機械を返却することも、フーディーニがいたことも理由にはなるでしょう。
 しかし一番の理由、それは、マイア衝突という確定した未来を、彼らが知らなかったためではないでしょうか。
 何もかもが変わってしまったアメリカで、それまでの世界とまったく変わらない生活を続けていたアーミッシュ。
 そんな彼らのもとで、最後を過ごしたかったのではないでしょうかね。
 続編はないでしょうが、ひとつ、個人的な想像を言わせてもらえれば、ラストのところ、「空中で光った」みたいに書かれていますよね。インドネシアに落ちる隕石がアメリカから見えるのでしょうか。
 比喩じゃなければ、ひょっとすると、人類は何かを撃ったのかもしれません。
 
 地球が滅亡すると決まったら、私だったら、どうするだろうねえ。
 生きる努力をすると思います。とにかく、酒と本の確保が大事かな・・・



 
 
 
 

「カウントダウン・シティ」ベン・H・ウィンタース

 前作「地上最後の刑事」の続編で、三部作の二作目になります。
 前作もそうでしたが、本作も“異常な背景”のもとに、捜査的なミステリーが展開することが特徴となっています。
 異常な背景とは、あと数ヶ月で小惑星が地球に衝突し、人類が滅亡することです。
 ほんと、反則みたいな小説でしてね(笑)
 どうせ死ぬことが決まっているのに、殺人や失踪人の捜査が必要なのかという。
 いや、実はそこに、この小説を読ませる力みたいなものがあるのです。
 あくまでも個人的な印象ですが、はっきり言って、前作は眠たかった。
 アメリカで有名な賞をとったといっても、面白いか面白くないかに関係ないからねえ。
 ですから、これが「普通の状態」の小説ならば、続編は読んでいなかったと思います。
 じゃあ、なぜ読んだのか?
 本当に地球に小惑星が衝突するのか、終末が近づくにつれ世界はどうなるのか、それが無性に気になったからです。
 まったく見当がつきません。
 なんだか、すごく感動するような気もしますし。
 ですから、この小説はSF的な背景をとりながらもれっきとしたミステリー小説だと思っていますが、私が惹かれたのは、あくまでも本筋と違うSF的な部分ということになります。
 まあ、どっちが本筋であったのかは、次の最終作で明らかになりますね。

 前作からの引き継ぎと、本作のあらすじ。
 前作の保険会社経理士殺人事件の捜査後、「もはや捜査部門がいらない」と警察を解雇されたヘンリー・パレス。
 そりゃ、そうだわな。
 本作のスタートは7月18日ですが、小惑星マイアが地球に衝突するのが10月3日ですから、80日を切っています。
 人類がおそらく滅亡するのに、事件の捜査など意味がないのは当然でしょう。
 警察は警備部門だけになり、いまやそれさえ、終末を迎えた世の中の社会にはまったく無力に成り果てています。
 大勢の人々が、死ぬまでにやりたいことリストのために出かけていきます。
 通貨に価値はなく、ガソリンも食料品も簡単には手に入らず、麻薬が蔓延し、新種の狂気として新興宗教が爆発的に流行しています。小惑星が落下するとされるアジアからは大勢のボートピープル難民が押し寄せ、ヘンリーの妹のニコのように、反小惑星陰謀運動という、怪しげなコミュニュティの活動に生きがいを求める若者もいるのです。そんな中・・・
 両親を失くしたヘンリーとニコの面倒を見てくれた古い知り合いであるマーサ・ミラノから、ヘンリーは頼まれごとをされました。
 失踪した夫を捜索してほしい、というのです。
 現在の状況では、様々な障害があって行方不明者の捜索など著しく困難であることは当然です。
 なんせ警察が機能していませんからね。
 しかし妻のマーサを置いて出て行ったブレットという元警察官の「失踪の目的」に多少なりとも興味を持ったヘンリーは、できるだけのことはすると、マーサに約束しました。
 本当に変わってるなあ、ヘンリーは。ナオミが死んでしまった心の空白を埋めるためというのもあるのでしょうが・・・
 ヘンリーの懸命の捜索が始まります。
 それはティーンエイジャーが大学を乗っ取ってユートピア共同体を作り上げたニューハンプシャー自由共和国への潜入など、危険な冒険となりましたが、ブレットの所在をつかむことに成功するのです。しかし、単純な失踪者捜索事件は、やがて足元で崩れ、まったく別の方向へと形を失っていくのです。

 ピンときたこと。
 ヘンリーはスーツ姿です。ジャージでもいいよね。あるいは危険だからコンバットスーツとか。
 ネクタイを締めたスーツ姿。これこそ彼の有り様の暗示でしょうね。
 地球の滅亡如何に関係なく、俺の人生は俺の人生だという。
 もっとも、そのネクタイが彼の命を救ったわけですが・・・
 かわいいメンバー追加。
 ビションフリーゼのフーディーニ。とってもかわいいワンちゃん。大活躍しましたし、重苦しい展開の中にあって閑話休題的なオアシスとなりました。
 次作の最終作は、どうやら衝突まであと数日の時点で始まるようです。
 マコネルに助けられて“警察のいえ”という隠れ家的な共同体に逃げ込んだヘンリー。
 ハッピーエンドなのかバッドエンドなのか、あるいは他になにかあるのか、まったく想像がつきません。
 たぶん、最後はニコかなあ。


 
 
 
NEXT≫
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (16)
スポーツ小説・ミステリー (11)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (28)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (24)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (31)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (154)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (26)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示