「かがみの孤城」辻村深月

 久しぶりに辻村深月さんらしい物語を読みました。
 面白かったです。
 結婚して東京に出てから駄作を連発していたように思ってましたが、「帰ってきた辻村深月」という感じ。
 昔の傑作群に似ている匂いがする。
 しかも、昔だとどこか文章が「ねっちょり」としてましたが、これはさっぱりと読みやすい。
 まだ若いですし、ある程度コンスタントに作品を出せる方ですが、現時点で代表作と云えるかもしえません。
 「名前探しの放課後」も面白かったですが、あれは他の作品を予習していなければ面白みが半減しますから。
 こちらは、おそらく独立した作品で登場人物の繋がりはないと思いますので手に取りやすいですね。
 ジャンルとしては、FTミステリーでしょうか。
 真相は最後までわからない(ひょっとしたら女子ならば前半で“城”の謎に気付く方もいるかもしれない)ですし、オオカミさまの真相を知ったときには、思わず目から少なからぬ水が出ました。ああ、あの苦しいときにやってたんだと思って。
 ああいうとこ書くのは、この人は昔から巧い。
 かわいそうだけどねえ。
 あれはさすがの恩田陸でも書けません。辻村深月という作家、まあ、直木賞もとったし格として師匠の綾辻行人を若干超えたような気もしますが、この方の存在価値を改めて知らしめる作品になったと思います。

 簡単にネタバレなしのあらすじ。
 南東京市にある雪科第五中学校に入学したばかりの、安西こころが主人公。
 ところが、はやくも4月から彼女は学校に行けなくなりました。
 大きな小学校からやってきた学年の中心人物の女子にイジメを受けたのです。
 近所に引っ越してきて仲が良かった女の子も、手の平を返したようにこころの元から去り、精神的なダメージを受けました。両親は心配し、フリースクールへ通うことを勧めるのですが、今のところこころの心はネガティヴなままで、学校どころか買い物に出ることさえおぼつかないのでした。
 いつものようにこころを残して、共働きの両親が家を出たある日のこと。
 突如、こころの部屋にある大きな姿見の鏡が光ったのです。不思議に思って近づいたこころの鏡に触った手は水のように鏡の向こうに飲み込まれ、そのままこころは身体ごと鏡の中に入ってしまいました。
 びっくりして目を開けたこころが見た世界、そこはなんとおとぎ話に出てくるようなお城の中でした。
 そして、かわいいワンピースを着て狼面をした少女がこころに語りかけてきたのです。
 実は、こころは一度逃げてしまいます。鏡を逆に通って、自分の部屋に戻ってきたのです。
 しかし、彼女は再び鏡のなかのお城に戻ることになります。
 そして、今度はお城には狼面の少女だけではなく、中学生の男女が6人いました。
 見栄えがよく先輩格のアキ、イケメンでハワイにサッカー留学しているリオン、ゲーマーで家からゲーム機を持ってきたマサムネ、ハリーポッターのロンに似ているスバル、食いしん坊で恋愛至上主義のウレシノ、ピアノのうまい地味なフウカ
 彼らは、こころと同じように学校に行くことができない中学生の男女でした。
 こころを含めて全員が揃ったところで、狼面の少女=「オオカミさま」よりこの不思議な世界の説明が始まります。
 「よくぞ来たな、赤ずきんちゃんたち。これからお前らには、この城のなかでゲームをしてもらう。そのゲームとは『願いの叶う鍵探し』。この城のどこかに願いが叶う鍵が隠されている。その鍵を探し出したものは、なんでも自分の願うことをひとつだけ叶えることができる。ただし誰かが鍵を見つけて願いを叶えたならばここにいる全員の記憶は消える。期限は今日から来年の3月30日まで。お前らの部屋と城をつなぐ鏡の開く時間は9時から5時。気分次第で来ても来なくてもかまわない。ただし、5時を超えて城に残っている者はオオカミに食われるから、そのつもりで。わかったか?」
 こうして、こころたち7人の謎に包まれた不思議な11ヶ月間が始まったのでした。

 はい、ここから少しネタバレ満開。
 本当の意味での主人公は、こころではなく、オオカミさまです。
 彼女の世界なのですから、彼女は誰かということ。
 私が一番好きなシーンは、クリスマスにリオンが母の作ったケーキを城に持ってきて、オオカミさまに渡すところ。
 あそこは読み返しましたが、意味深でしたねえ。読み終わってから振り返るべきポイントです。
 「あれ、このときから彼女の正体がリオンにはわかってたのか?」と思って、実はケーキとは別に家から持ってきた包みをリオンはオオカミさまに渡しているのですが、どこを読んでもそれが何だったのかわからないのですよ。読み落としてるのかな、私が。
 城には電気はきていますが、水やガスは通っていません。トイレもありません。
 はじめは謎だったけど、この設定はよかったです。
 作者に子供がいるのか知りませんが、ひょっとしたらそこで思いついたのかもしれません。ならば女の子かな。
 パラレルワールドという空間ではなく時間軸がオチだったというプロットもさすが。ありそうで新鮮でした。
 大変、楽しめました。辻村深月復活。
 ですがこの物語は、辻村さんというよりもあくまでも実生ちゃんが作った物語として読むべきでしたね。
 実生ちゃん、ありがとう。
 

 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

「ラプラスの魔女」東野圭吾

 ピエール・シモン・ラプラス(1749~1827)はフランスの数学者。
 この方は「もし、この世に存在するすべての原子の現在位置と運動量を把握する知性が存在するならば、その存在は、物理学を用いることでこれらの原子の時間的変化を計算できるだろうから、未来の状態がどうなるかを完全に予知できる」
 という仮説を立て、後年、これが『ラプラスの悪魔』と呼ばれるようになりました。

 まあ、アインシュタインや素粒子物理学未明の、原子が物質を構成している最小単位と思われていた時代のことですね。
 実際には電子は波動しているので、どこにあるか観測しなければわかりません。
 東野圭吾はもちろんそんなことは百も承知で、推理小説を楽しく読めることを損なわない程度の“題材”として、この物語にラプラスの悪魔を使用したのでしょう。だから馴染みにくい量子じゃなくて、馴染みのある原子と作中に何度も書いているのだと思います。タイトルは悪魔ではなく、魔女になっていますが、これはネタバレでもなんでもなく物語の流れです。

 もうひとつ、ナビエ・ストークス方程式というのが出てきました。
 初めて聞く単語です。なんでも、流体力学に関する未だ解かれていない難問だそうです。
 これが完璧に解ければ、竜巻やダウンバーストなどの急激に発生する乱流の局地現象が理論的には予測できるらしいです。
 ほんまかいな。
 近年、地震はもとより異常気象が続いていますから、気にはなるところですが、はたして科学の力で災害の予知ができるのかどうか、動物の第六感のほうが確かなのではないかと思ったりもします。
 いやまてよ、科学はともかく、動物ではなくて人間にそれを予知できる力が備わっていたのならば・・・
 この物語の骨子はそれ。五感で得られる現在の状況に関する情報を即座に解析し、次の瞬間には何が起こるのかほぼ完璧に予測できる能力を手に入れてしまったある少年少女の繰りなす、サスペンス系ファンタジックミステリーです。

 簡単にあらすじ。
 まったく異なる場所にあるふたつの温泉地で、硫化水素ガスによる中毒死亡事故が発生した。
 現地で調査した地球化学専門の大学教授である青江修介は、両方の事件で差し障りの無い専門家としての見解を示したが、本当に単なる中毒事故で片付けてよかったのか、という不安が頭から離れない。
 というのも、火山ガスの発生は予測できないが、どう調査しても死亡事故が起こるような硫化水素ガスの濃度ではなかったのだ。となると、自殺か。あるいは・・・いや、どちらもあり得ない。自殺ならば器具や痕跡が遺されていなければならないがそんなものは見つかっていない。他殺の可能性としては、閉鎖された空間ならともかく、ふたりの被害者が事故にあった地点は、山中とはいえ開かれた野外だった。ガスが何者にも乱されず、一本の筋となって移動し、一点で滞留しないかぎりこのような中毒事故は起こり得ない。そしてそのように人為的に気流を調整することは無理である。
 ふたつの事故で共通している点は、どちらも映像関係者が被害にあったということだ。
 映像プロデューサーと役者だった。これは単なる偶然だろうか。
 さらに青江の頭を悩ましているのは、調査に赴いたふたつの温泉地で偶然見かけた、少女の存在だ。
 彼女は、若い男性の写真を手にして、温泉街で聞き込みをしていたという。
 彼女はいったい何者なのか。探している青年はどこの誰なのか。ふたりはこの謎の事件に関係しているのか?

 うーん。久しぶりに東野圭吾さん読んだのですが、昔みたいにガツーンときません。
 どちらかといえば、好きな方のジャンルなのですが、どうもねえ。
 「パラドックス13」以来、面白かったのがありません。これはたぶん、私のほうが変わっているのかしれないです。
 前はもっと、キャラクターに魅力があったし、展開も緻密かつドラマティックだったと思うんだけどなあ。
 ま、次に期待です。


 
 

「消滅」恩田陸

 うーん、どうかなあ。
 いつもの恩田陸かあ。面白いのかつまらないのかイマイチわからないという。
 65点ですかねえ。
 今朝の新聞に偶然にも本作の書評が載っていましたが、評者も苦慮していたことが伺える寸評でした。
 ただし、導入がスムーズで引き込まれるのはこの方の作品のいつものことですが、今回は途中の展開も良かったと思います。ミステリー風味でね、しかも閉鎖空間というクローズド・サークルでしたし、諸刃の剣でしたがSF的なヒューマノイドロボットも登場して、私個人的には興味をそそられました。中だるみのない中間は珍しく良かったと思います。
 ただ残念ながら、最後にかけてはいつもどおりの恩田さん、いやそれ以下か、尻すぼみでなんのこっちゃわからない、カタルシスもなければセンチメンタル性もない、誠に寒々しい締め方。がっかりでしたわ。
 新聞連載小説だったから、ゴール目前で疲れたのかな?
 この方って、綿密にプロットを最後まで組み立ててないような気がします。
 漠然と書き始めて、ラストのオチとか決まってないんじゃないでしょうか。
 だから、最後がつまらない小説が多いんじゃないでしょうかね。導入が面白いという裏ですよ。
 背景の雰囲気は独特な、まさに恩田陸しか描けないような世界を持っているのにもったいない。
 直木賞が獲れないのは、SF的だというジャンルのせいではなく、こうした構成にも問題があるのではないですか。
 デビュー作で代表作でもある「六番目の小夜子」もそういえば、オチはないですね。
 あれが面白かったのは、オチを要求される小説ではなかったからです。私は先生が犯人で間違いないと思いますが。
 しかし本作の場合、クローズド・サークルでたった一人の犯人を当てなければなりませんから、答えをボカしたまま終われません。ミステリー小説なわけですね。だから恩田陸の苦手な部分を出さざるを得なかった、そこにこの物語の不味さがあったなあと。
 難しいですねえ。

 まあ、少しあらすじ。導入。
 9月30日、金曜日。おそらく舞台は極めて近未来の東京国際空港。
 日本列島をすっぽり覆うような超巨大台風が迫りつつあり、国際線の着陸が立て込んでいる。
 そして滑走路が閉鎖され、すべての乗客がイミグレーションに並んだときそれが起こった。
 けたたましく鳴り響くサイレン。
 続いて携帯やタブレットが通じなくなる、大規模な通信障害が発生。
 狼狽する乗客たち、戸惑う入国管理官と警備員。
 やがて空港敷地内で爆発音が発生し、ついに入国業務はストップしてしまう。
 このとき入管には、テロリストがひとり、日本に入国しようとしているという情報が入っていた。
 テロリストの情報は、日本国籍を有し、本日の14時から15時に到着した国際便に乗っている。年齢性別は不明。渡航歴多数、あるいは海外生活が長い。そしてスリーパー(前科がない)であるということ。
 テロのキーワードは“消滅”。このテロリストが空港を出た瞬間、何かが消滅するという。
 入管は入国審査でテロリストと疑われる怪しい人物たちをキャッチし、別室に連行した。
 その数、男性6名、女性4名、子供1名。そして飼い主不明の犬が一匹。
 この中に、真のテロリストが混じっている!?
 正体を暴きだすのは、入管でアシスタントをしているという美人型のヒューマノイドロボット、キャスリン。
 おそらく、彼女は国家最高機密であろうかと思われる人工知能である。
 台風で陸の孤島となった空港で、国家の危機を救うべく犯人探しが始まる・・・

 あとWikiLeaksの名前なんだったっけ、あの人がモデルであるアメリカ政府高官の極秘暴露閲覧サイト・ゴートゥヘルリークスを立ち上げたベンジャミン・リー・スコットなる人物も空港に隔離されます。
 テロリストと疑われて連行された日本人たちは、海外経験の長いサラリーマンやNGO活動をしていた女性医師なんかがいるわけですが、普通の上品な中年女性やか弱い母子連れも混じっています。彼らは誰がテロリストであるのか判明しないかぎり、空港から出られないのです。テロリストは前科のないスリーパーであると言われていますが、厄介なことに本人が自分がテロリストであることを知らない可能性もあります。また、世界で流行しかけている死亡率の高い新型肺炎の問題もあって、真犯人探しは難航するのですね。どこから見ても人間にしか見えないキャスリンの行動や言動が中心ですが、彼女はイミグレーションという体制側の存在であるために、あくまでも推理は乗客たちが行います。
 真犯人はともかく、キャスリンとはいったい何だったのか?
 私は最後に実は人間だったというオチかと思ったのですが、結局なんもないまま・・・
 アラを探せば矛盾だらけの小説だったような気もします。


 
 
 
 

「ブラックオアホワイト」浅田次郎

 1日8時間眠るとすれば、人生の3分の1は寝ていることになる。
 その3分の1を充実させることができれば、なんと人の一生は豊かになることだろうか。
 夢と現(うつつ)を行き来しながら、夢に祟られた人生を送った元商社マンの数奇な人生を振り返る幻想小説。

 面白いのかどうかわかりません。
 相変わらず語りが巧いので、読むことにストレスはありませんが、ちょっと物語にキレがない気がします。
 オチだって、どうしてああなったのか、よくわかりません。
 導入は、級友の通夜で偶然会った都築栄一郎に家に招かれ、滔々と彼の夢の話を聞くことになるというもの。
 おそらく、語り手の都築も聞き手も、ふたりとも60歳代半ばくらいだと思われます。
 都築の家系は名門です。祖父は元満鉄の理事をしていた傑物、戦後は商社員に転身してニューヨークで客死しました。父は祖父の部下であり、都築も同じ総合商社に入社しましたから、三代続けての番頭、ということになります。
 都築は景気の絶頂で家屋敷を売り、会社も辞めて悠々自適の生活を送っていました。
 通夜で会った聞き手は、都築の住む高層マンションに招かれ、彼の夢の話を聞くことになるのです。
 フロイトは夢の正体を抑圧されたエモーションだと考えましたが、はたしてどうでしょう、都築の夢の話は普通ではありませんでした。
 夢の舞台は、30歳半ばのバリバリの商社マンの時のスイス湖畔、パラオ諸島コロール島、デリーの南に位置するジャイプール、天安門事件前夜の北京、そして京都と、都築が仕事や休暇で訪れた地が舞台となるのですが、そこで見る夢が、枕の色に左右されるのです。なぜかホテルの執事や旅館の仲居が、黒と白の枕を持ってきて、どっちがいいかと聞いてくるのです。
 黒か白か。ブラックオアホワイ?
 白い枕は美しい夢を見させ、黒い枕は悪夢になります。
 そして夢の中にはいつも現実にはまるで見覚えがない、恋人が棲んでいます。
 あるときはその恋人とアクション映画さながらの逃走劇を繰り広げたり、あるいは連合軍と日本軍が激闘を繰り広げる南洋の孤島で兵隊になっていたりと、その土地にまつわる奇妙で不可思議な夢を見るのです。
 夢もおかしいですが、都築の商社マン人生も波乱万丈でしてね。
 スイスで買い付けを失敗して以来、インドで手柄を奪われ、北京でスパイに騙され、最後には京都で外国人取引先相手の観光ガイドをするまでに落ちぶれていました。実はそこには理由がありそうなのですが・・・
 そのときそのときの同僚であったり取引先が夢に登場してきますが、都築の深層心理にずっと住んでいるのでしょう、元満鉄理事だった祖父が姿を変えて頻繁に夢の世界に現れます。
 いつのまにか、夢と現(うつつ)の境が曖昧模糊となって、眠たくなってくる・・・
 そんな物語ですね。よくわかりませんが(笑)

 結局、なんだったのかということです。
 都築という人間は病んでいます。それは間違いありません。
 以下推測でしかありませんが、最後の京都の事件ですね。これが発端かと。
 夢に現れる恋人の原形はおそらく、ダーニング夫人。
 その罪の意識が彼をして、睡眠薬を飲ましめ、悪夢を見、級友の命を助けなかったのではないかと。
 スイスやジャイプールで見たという数々の夢は、最近見たものなんじゃないでしょうか。
 あるいは繰り返し見ているのか。
 しかしまあ、改めて考えましたが、人生の約3分の1は寝ているわけですから、本当にもったいないね。
 疲労やストレスを根本的に癒やすのは睡眠しかないそうですけど、少々へんな夢でもいいから、自分であることを感じられる時間が増えてほしいものです。
 ブッラクオアホワイトという言葉の裏には、夢と現、そして真実と虚偽というメタファーもあるのでしょうけど、あんがい、黒と白の境界はにじんでいるのかもしれません。


 
 
 
 
 

 

「さよなら神様」麻耶雄嵩

 前作「神様ゲーム」から10年ぶりの続編ということになりますか。
 といっても、私の場合前作を読み終えたのは昨日ですが(・∀・)
 「神様ゲーム」(カテゴリー・ミステリー参照)
 ちなみに、物語の中でも、前作と本作でさほど時間の間隔はありません。
 せいぜいどれくらいだろ、前が夏休みで今度が二学期だから1ヶ月くらいでしょうか。
 神様こと鈴木太郎が転校したんですね。
 神降市から吾祇市の久遠小学校というところに。ふたつの市はまったく関係がないようですが、吾祇市は人口数万程度ということで、どちらも同じ片田舎だと思われます。
 あとの共通点はどちらの学校も少年探偵団があるということくらい。
 実は、ひょっとすると退屈な神様が転校する条件とは、探偵団の存在かもしれません。
 それ以外、変わっていることといえば、鈴木太郎が4年生から5年生になっていること、そして前作では地味で何の特徴もない外見だったのに、今度は背が高くて男前で、頭も良くスポーツ万能というモテモテキャラに変貌していること。
 いいなあ神様は何でもアリで(笑)
 ようやく、私も鈴木太郎が神様であることを信じました。
 ひょっとしたら、本作で化けの皮が剥がれるんじゃないかと期待していたんですが・・・
 前作ではひとりの少年相手にしか自分が神様であることを伝えなかった鈴木太郎ですが、今回はオープンに奇跡を衆目に見せつけ、クラス中に自分が神様であることをさりげなくアピールしました。
 それでもみんなが信じているわけではなく、半信半疑ながら鈴木太郎には千里眼のような能力がある、ということで現実的に落ち着いています。
 
 さて、物語は桑町淳というキャラクターを中心に展開していきます。
 この俺、俺という一人称の主人公にはある秘密があるのですが、それはまた後の話。
 淳が神様こと鈴木太郎を学校の屋上に呼び出して、発生した殺人事件の真犯人を教えてもらうところから各章がスタートします。「犯人は☆☆だよ」と鈴木が言い、意外な名前に驚愕した淳が、それを市部始をリーダーとする久遠小探偵団に持ち込むことにより、その名前の人物が犯行が可能であるのか実証していくというストーリー。
 担任の先生の彼女が殺されたり、学校でクラスのマドンナが殺されたり、全部で6章。
 動機がまったく不明だったり、鉄壁のアリバイがあったりしますね。
 丸山の母親が真犯人とされた事件などわけがわかりませんでしたが、だんだんと面白くなっていきます。
 1年前、淳が告白されたのを機に勃発した怪事件あたりからでしょうか。
 というかね、本作の謎はそれぞれの個別の事件じゃないですね。
 こんなに人口数万の田舎町で殺人事件が連発するはずがないでしょう。
 おかしいですよ。

 発想の転換といえば大げさですが、視点の変更が必要ですね。
 まず、事件は小さな町で起こっているのではなくて、桑町淳を中心とした世界で起こっていると考えるべきです。
 殺された方か、あるいは殺した方、両方あるいはいずれかが淳の周辺ですから。
 とすると何が考えられるかというと、ふだんは面白くないからと目を閉じている鈴木太郎が薄目を開けて面白いことが起きる地区を探してやってきた可能性と、あるいは彼自身が面白いことを起こした可能性があります。
 神様は好かれているわけではありません。
 この世を創造した一神教の唯一神は、自分以外に神様はなく、一にして無限大、因にして果、永遠の存在でありますが、一神教の神様にとっては、神=善ですから、善悪の基準が人間側にはないのです。
 つまり、すべての事件の原因をつくったのは鈴木太郎である可能性もあります。
 あるいは、ある歯車が回るようにした(淳の破滅と市部始との将来)と云うべきかもしれませんが。
 いやそのほうが可能性が高いでしょう。とすると前作の結論がとても恐ろしいものに変わりますが、見物だけにやってきたとは思えないんですね。
 冒頭からの3作にしても少しおかしくないですか。
 人違いはわからないでもないですが、丸山の母親のアリバイ崩しは強引だし、美旗先生はたとえ二股かけられたとしても人を殺すような人間じゃないと思います。
 仕組まれているんじゃないでしょうか。
 淳と市部始の組み合わせにしても、すでにあんたなんてアウトオブ眼中とばかりに「さよなら神様」なんて言ってますが、本当にハッピーエンドだったのでしょうか?
 小学4年生で恋敵を殺した男なんですよ。
 私は、遮断機が降りた踏切りの向こうで、鈴木太郎は笑っていたような気がします。
 正義もなければ悪魔もない、神様だけはいる。
 それこそこの物語の痛烈なオチというべきでしょう。


 

 
 
NEXT≫
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ミステリー (94)
ミステリー短編集 (17)
歴史ロマン・ミステリー (17)
冒険ロマン・ミステリー (15)
サイコホラー・ミステリー (15)
学園ホラー・ミステリー (14)
民俗ホラー・ミステリー (10)
政経・金融ミステリー (18)
ファンタジックミステリー (22)
近代・昭和ミステリー (14)
オカルティックミステリー (7)
青春・恋愛ミステリー (21)
医療小説・ミステリー (22)
伝奇小説・ミステリー (15)
時代人情小説・ミステリー (18)
時代冒険小説・ミステリー (19)
社会小説・ミステリー (16)
スポーツ小説・ミステリー (11)
アーティスティックミステリー (12)
海外ミステリー (28)
海外冒険小説・スリラー (17)
SF・FT・ホラー (28)
SF・FT・ホラー短編集 (14)
海外SF・FT・ホラー (18)
クライシス・パニックサスペンス (12)
警察・諜報サスペンス (32)
悪漢・犯罪サスペンス (30)
中間小説 (24)
青春・恋愛小説 (33)
家族小説・ヒューマンドラマ (31)
背徳小説・情痴文学 (14)
戦記小説・戦争文学 (19)
政経・金融小説 (14)
歴史・伝記小説 (24)
芥川賞受賞作 (19)
直木賞受賞作 (20)
文学文芸・私小説 (24)
海外小説・文学 (13)
文学アンソロジー (55)
歴史・伝記 (31)
戦史・戦記 (31)
海軍戦史・戦記 (154)
物理・宇宙 (26)
生命・生物 (38)
アンダーグラウンド (47)
事件・事故 (40)
世界情勢・国際関係 (25)
スポーツ・武術 (24)
探検・旅行記 (26)
随筆・エッセイ (30)
月別アーカイブ
プロフィール

焼酎太郎

Author:焼酎太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示